第515回 てーきゅうとイボ

さっき、『てーきゅう第9期』の「つづく」カードのラフ(レイアウト)を描いてました!

 あとは社内のスタッフに原画・動画にしてもらいます。最近では社内の若手スタッフが本当に頼りになるんです(感謝)!で、「つづく」について思い出した事をツラツラと。
 もともと、アニメ『てーきゅう』の監督テーマは

たった「2分」で最高のサービスを!!

なんです。作品の内容的なテーマはもちろん「ギャグ」なんですが、監督テーマとは「今回の作品を作るうえでの制作上のコンセプト」みたいなもので、自分は毎作それを決めて現場に上げるようにしてます。言葉は下手な設定100ページより、よっぽどスタッフの意識に残りますから。ちなみにアニメ『ベルセルク』では最初から

美しい未完の物語を演出する!!

と事あるごとに言ってます。「この作品を終わらせられるのは三浦建太郎先生だけ! 勝手にアニメオリジナルラストはあり得ない!」と。つまりこの一言でスタッフ全員が「あ、監督はこのまだ未完の原作を全肯定で作りたいと言ってるんだな」と共通の認識が生まれると思うんです。
 で、『てーきゅう』は「最高のサービス」というわけで、頭アバンから始まって、オープニングは絶対にいる! で本編も原作の内容を削るくらいなら無理してギュウギュウに詰め込み、エンドカードも楽しく次回予告も兼ね、最後の最後まで制作費の許す限りのサービスを尽くそう! と。それさえスタッフが理解していれば結構スムーズに現場が進みます。つまり「原作と少々違っても、プラスに膨らむならOK! 原作よりショボく変わってたらNGなんだな、このシリーズは」と思って描いてもらえれば、作画も美術も役者さんらの芝居や音響効果も元気で楽しいモノが上がってきます。こーなればこっちのもんでしょう? だから監督テーマは大事!
 そして、4人の女の子による「笑い」と「癒し」の2分間サービス『てーきゅう』も第9期まできました。なんとなくで始まり、いつ打ち切られてもおかしくないシリーズも気づけば100本を超え5周年。「制作費が安いから続けられる」とか「尺が短いから短期間で作れる」とか今まで何回も笑い話でしてきましたが、シリーズを重ねるにつれて、冗談ではなく本気で

『てーきゅう』はお金と時間の哲学だ!

と思えてきました。人(スタッフ)と現場を成長させつつ、常にお金(制作費)の問題が背中合わせ。その事がこれだけ分かりやすい現場は他にないのだから。
 でもスピンオフも含む『てーきゅう』全話マラソン(イベント上映会)やったら面白いかも〜とこちらも本気で思ってます(笑)。

そして、近いうちにイボを切りに行かなきゃならないらしい(汗)!


 親知らずを抜き歯の治療が終わりかけてる今、イボの治療。とにかく仕事の合間を見て病院行かなきゃならず、ホントに時間が欲しいです。

アニメスタイル通信[055]「アニメスタイル011」の増刷が決まりました

 「アニメスタイル011」の増刷が決まりました。増刷分が店頭に並ぶのは2017年6月初旬。確実に入手されたい方は、お近くの書店でご注文されるのがよいかもしれません。

 雑誌「アニメスタイル」の増刷は『SHIROBAKO』を特集した「アニメスタイル006」以来の二度目となります。応援してくださっている読者の皆さん、記事づくりに協力してくださった制作スタッフの方々、メーカーの方々のおかげです。ありがとうございます。

 以下はイベントの話題です。6月17日(土)にオールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクションVol. 94 アニメファンなら観ておきたい200本 原恵一監督のアニメーション映画」を開催します。前売り券は5月27日(土)から発売。6月のトークイベントは現在、企画中です。
 
 今回の「アニメスタイル通信」はここでおしまいです。「アニメスタイル通信」は編集長の小黒とアニメスタイル編集部スタッフでお届けしています。

■INFORMATION
 このコーナーでは「アニメスタイルチャンネル」の配信予定、アニメスタイルの出版物、イベント等の情報をお届けします。

[お知らせ]
「アニメスタイル009」乱丁本の交換につきまして
http://animestyle.jp/news/2016/07/22/10321/

「アニメスタイル011」記事についてのお詫びと訂正
http://animestyle.jp/news/2017/05/24/11236/

[新刊情報]
「アニメスタイル011」は5月11日発売! 巻頭特集は『ユーリ!!! on ICE』
http://animestyle.jp/news/2017/04/25/11173/

「吉成曜画集 ラクガキ編[手塚治虫キャラクター]」刊行 短編アニメーションを収録したBlu-ray付き!
http://animestyle.jp/news/2017/03/17/11072/

『ユーリ!!! on ICE』『彼氏彼女の事情』の平松禎史 初の作品集「平松禎史 アニメーション画集」が発売!
http://animestyle.jp/news/2017/02/28/11027/

資料集「フリクリ アーカイブス」が11月22日に発売!!
http://animestyle.jp/news/2016/11/15/10743/

[アニメスタイル・イベント]
2017年5月27日(土)
オールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクションVol. 93 『天元突破グレンラガン』10周年! 今石洋之SPECIAL!!」
http://animestyle.jp/2017/05/11/11199/

2017年6月17日(土)
オールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクションVol. 94 アニメファンなら観ておきたい200本 原恵一監督のアニメーション映画」
http://animestyle.jp/2017/05/22/11231/

[アニメスタイル ONLINE SHOP]
「平松禎史 アニメーション画集」 、「吉成曜画集 ラクガキ編」、「アニメスタイル」バックナンバー、『カードキャプターさくら』資料集、「少女革命ウテナ画集 The hard core of UTENA」等、アニメスタイルの書籍を販売中です。
http://animestyle.jp/shop/

■LINK
WEBマガジン「WEBアニメスタイル」
http://animestyle.jp

配信&メルマガ「アニメスタイルチャンネル」
http://ch.nicovideo.jp/animestyle

通販サイト「アニメスタイル ONLINE SHOP」
http://animestyle.jp/shop/

【情報局】新作アニメピックアップ[TV編]170524
ドキュメンタリー+アニメ『“栄光なき天才たち”からの物語』第2弾

 伊藤智義と森田信吾によるマンガ「栄光なき天才たち」を原作に、不遇の異才を描くアニメパートと、現在を追うドキュメンタリーから、アスリートたちの世界に迫る『“栄光なき天才たち”からの物語』。4月放映の第1弾に続き、第2弾が放映になる。
 今回のタイトルは「陸上100m 世界の壁を突き破れ」。陸上短距離走に焦点を当て、日本人唯一のオリンピック100メートル決勝走者である吉岡隆徳の人生をアニメで描く。監督は福島利規、アニメーション制作はJ.C.STAFF。NHK BS1にて、5月28日午後11時より放映予定。

2017年5月28日(日)

『“栄光なき天才たち”からの物語「陸上」』

午後11時~(NHK BS1)
【公式サイト】http://www6.nhk.or.jp/anime/program/detail.html?i=eikou2

2017年6月23日(金)

『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』

※ガンダムファンクラブにて独占先行配信
【公式サイト】http://g-twilight-axis.net/

2017年7月1日(土)

『ひなろじ~from Luck & Logic~』

午後10時30分~(TOKYO MX)他、順次放映
【公式サイト】http://hinalogic.com/

2017年7月3日(月)

『恋と噓』

【公式サイト】http://koiuso-anime.com/

2017年7月6日(木)

『アクションヒロイン チアフルーツ』

深夜2時28分~(TBS)他、順次放映予定
【公式サイト】http://www.tbs.co.jp/anime/cfru/

2017年7月7日(金)

『RWBY Volume 1-3: The Beginning』

※日本語吹替版を特別編集
深夜1時5分~(TOKYO MX)
【公式サイト】http://rwby.jp/thebeginning/

『将国のアルタイル』

深夜2時25分~(MBS・TBS)他、順次放映
【公式サイト】http://project-altair.com/

『バチカン奇跡調査官』

【公式サイト】http://kisekichosakan.jp/

2017年7月11日(火)

『異世界はスマートフォンとともに。』

午後8時30分~(AT―X)他、順次放映
【公式サイト】http://isesuma-anime.jp/

2017年7月

『DIVE!!』

【公式サイト】http://www.dive-anime.com/

『最遊記 RELOAD BLAST』

【公式サイト】http://saiyuki-rb.jp/

『活劇/刀剣乱舞』

【公式サイト】http://katsugeki-touken.com/

『地獄少女  宵伽[第4期]』

【公式サイト】http://www.jigokushoujo.com/

『はじめてのギャル』

【公式サイト】http://hajimete-no-gal.jp/

『天使の3P!』

【公式サイト】http://www.tenshi-no-3p.com/

『ナナマル サンバツ』

【公式サイト】http://7o3x.com/

『Fate/Apocrypha』

【公式サイト】http://fate-apocrypha.com/

『18if』

【公式サイト】http://18if.jp/

『ゲーマーズ!』

【公式サイト】http://www.gamers-anime.com/

『メイドインアビス』

【公式サイト】http://miabyss.com/

『捏造トラップ』

【公式サイト】http://netsuzoutrap.com/

『THE REFLECTION WAVE ONE』

【公式サイト】http://thereflection-anime.net/

『カイトアンサ』

【公式サイト】http://kaitoansa.com/

『妖怪アパートの幽雅な日常』

【公式サイト】http://youapa-anime.jp/

『ボールルームへようこそ』

【公式サイト】http://www.ballroom-official.jp/

『NEW GAME![第2期]』

【公式サイト】http://newgame-anime.com/

『セントールの悩み』

【公式サイト】http://centaur-anime.com/

『コンビニカレシ』

【公式サイト】http://www.tbs.co.jp/anime/konbini/

『戦姫絶唱シンフォギアAXZ[第4期]』

【公式サイト】http://www.symphogear-axz.com/

『ひとりじめマイヒーロー』

【公式サイト】http://hitorijime-myhero.com/

『ようこそ実力至上主義の教室へ』

【公式サイト】http://you-zitsu.com/

『アホガール』

【公式サイト】http://ahogirl.jp/

『徒然チルドレン』

【公式サイト】http://tsuredure-project.jp/

『バトルガール ハイスクール』

【関連サイト】http://colopl.co.jp/battlegirl-hs/anime/

『潔癖男子!青山くん』

【公式サイト】http://kda-anime.com/

『クリオネの灯り』

【公式サイト】http://clionenoakari.com/

『てーきゅう[第9期]』

【公式サイト】http://te-kyu.com/

『賭ケグルイ』

【公式サイト】http://kakegurui-anime.com/

2017年夏

『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』

【関連サイト】http://www.dlife.jp/news/

『直感×アルゴリズム♪』

【公式サイト】http://project-algorhythm.com/

『魔法陣グルグル』

【公式サイト】http://guruguru-anime.jp/

『終物語』

「まよいヘル」「ひたぎランデブー」「おうぎダーク」※〈物語〉シリーズ
【公式サイト】http://www.monogatari-series.com/owarimonogatari/

『時間の支配者』

【公式サイト】http://chronosruler.jp/

『プリンセス・プリンシパル』

【公式サイト】http://www.pripri-anime.jp/

『ナイツ&マジック』

【公式サイト】http://knights-magic.com/

『ROBOMATERS THE ANIMATED SERIES』

【公式サイト】http://anime.robomasters.com/

『異世界食堂』

【公式サイト】http://isekai-shokudo.com/

『むさしの!』

【公式サイト】https://www.musasi-no.com

『ノラと皇女と野良猫ハート』

【公式サイト】http://nora-anime.net/

2017年10月

『いぬやしき』

【公式サイト】http://www.inuyashiki-project.com/

『結城友奈は勇者である[第2期]』

【公式サイト】http://yuyuyu.tv/

『Infini-T Force』

【公式サイト】http://www.infini-tforce.com/

『魔法使いの嫁』

【公式サイト】http://mahoyome.jp/

『鬼灯の冷徹 第弐期』

【公式サイト】http://www.hozukino-reitetsu.com/

『TSUKIPRO THE ANIMATION』

【公式サイト】http://tsukipro-anime.com/

『3月のライオン[第2シリーズ]』

【公式サイト】http://3lion-anime.com/

『クジラの子らは砂上に歌う』

【公式サイト】http://kujisuna-anime.com/

『UQ HOLDER! 魔法先生ネギま!2』

【公式サイト】http://uqholder.jp/

『イナズマイレブン アレスの天秤』

【関連サイト】http://www.inazuma.jp/ares/

『ポプテピピック』

【公式サイト】http://hoshiiro.jp/

『クラシカロイド[第2シリーズ]』

【公式サイト】http://www.nhk.or.jp/anime/classica/

『Code:Realize ~創世の姫君~』

【公式サイト】http://coderealize-anime.com/

『宝石の国』

【公式サイト】http://land-of-the-lustrous.com/

2017年秋

『Dies irae』

【公式サイト】http://diesirae-anime.com/

『フルメタル・パニック!IV』

【公式サイト】http://www.tdd-1.com/iv/

『ラブライブサンシャイン』

2期
【公式サイト】http://www.lovelive-anime.jp/uranohoshi/

『されど罪人は竜と踊る』

【関連サイト】http://gagagabunko.jp/specal/sareryu/

『戦刻ナイトブラッド』

【関連サイト】http://senbura.jp/

『干物妹!うまるちゃん[第2期]』

【公式サイト】http://umaru-ani.me/

『アニメガタリズ』

【公式サイト】http://animegataris.com/

『妹さえいればいい。』

【公式サイト】http://imoutosae.com/

2017年冬

『Fate/EXTRA Last Encore』

【公式サイト】http://fate-extra-lastencore.com/

2018年1月

『カードキャプターさくら クリアカード編』

【関連サイト】http://ccsakura-official.com/

『恋は雨上がりのように』

【公式サイト】http://www.koiame-anime.com/

『刀剣乱舞 ―花丸―[第2期]』

【公式サイト】http://touken-hanamaru.jp/

『サンリオ男子』

【公式サイト】http://sdan-anime.com/

2018年初春

『DEVILMAN crybaby』

※Netflixにて独占配信
【公式サイト】http://devilman-crybaby.com/

放映予定

『森の妖精 キノコの娘』

【公式サイト】http://kinokomusume.com/kinokonoko/

『神撃のバハムート マナリアフレンズ』

【公式サイト】http://manaria.jp/

『ISLAND』

【関連サイト】http://never-island.com/

『戦姫絶唱シンフォギア[第5期]』

【公式サイト】http://www.symphogear-gx.com/

『七つの大罪』

新作TVシリーズ
【公式サイト】http://www.7-taizai.net/

『ワンパンマン[第2期]』

【公式サイト】http://onepunchman-anime.net/

『明治東亰恋伽』

【関連サイト】http://meikoi-vita.com/

『ハイスクールD×D』

新シリーズ
【関連サイト】http://www.fujimishobo.co.jp/sp/201104highschool/

『大正ちっちゃいさん』

【公式サイト】http://mebius-anime.com/

『バキ』

【関連サイト】http://baki.akitashoten.co.jp/

『血界戦線&BEYOND[第2期]』

【公式サイト】http://kekkaisensen.com/

『Wake Up, Girls! 新章』

【公式サイト】http://wakeupgirls3.jp/

『ドリフェス! 2ndシーズン』

【公式サイト】http://anime.dream-fes.com/

『DAYS』

東院学園戦
【公式サイト】http://days-project.jp/

『LOST SONG』

【公式サイト】http://lost-song.com/

『DYNAMIC CHORD』

【公式サイト】http://www.tbs.co.jp/anime/DC/

『十二大戦』

【公式サイト】http://12taisen.com/

『三ツ星カラーズ』

【公式サイト】http://mitsuboshi-anime.com/

『キノの旅 the Beautiful World』

【関連サイト】http://kinonotabi.com/

『オーバーロード[第2期]』

【公式サイト】http://overlord-anime.com/

『ウマ娘 プリティーダービー』

プロジェクト
【関連サイト】https://umamusume.jp/

『citrus』

【公式サイト】http://citrus-anime.com/

『グラゼニ』

【公式サイト】https://www.bs-sptv.com/gurazeni/

『おそ松さん[第2期]』

【公式サイト】http://osomatsusan.com/

『ラーメン大好き小泉さん』

【関連サイト】http://storia.takeshobo.co.jp/manga/koizumi/

『少女☆歌劇 レヴュー・スタァライト』

【公式サイト】http://revuestarlight.com/

『お酒は夫婦になってから』

【公式サイト】http://www.osakefufu-anime.jp/

「アニメスタイル011」記事についてのお詫びと訂正

 「アニメスタイル011」1刷における『フリップフラッパーズ』のインタビュー記事で、誤りがありました。
 P61の二段目で「60ページに掲載したキービジュアル」とありますが、話題となっているイラストは変身したパピカとココナがサーフボードに乗り、その背後にヤヤカがいるもので、「アニメスタイル011」には掲載されておりません。
 また、「51ページに掲載したキービジュアル」は、正しくは「60ページに掲載したキービジュアル」でした。
 お詫びするとともに訂正いたします。

アニメ本・聞いた・見た・買った(257)
実力派アニメーターの背景原図が1冊に

 アニメの制作過程では、イメージボードや原図、設定などが大量に作られる。そうした資料がまとめられることは、アニメの数に比べればまだまだ限られている。とはいえ、近年では原画集を含め、そうした資料集が市販されることも増えてきた。
 『江口寿志 アニメーション背景原図集』(玄光社)は、中でも背景原図に焦点を当てた1冊。アニメーター・江口寿志がこれまで書いた背景原図を掲載するほか、パースの取り方などのテクニックにも触れている。来週頭頃の刊行だ。玄光社はつい先頃「香川久×馬越嘉彦 バトルヒロイン作画&デザインテクニック」という本も刊行。アニメ関連の書籍を積極的に展開してくれて、嬉しい。
 同じく22日頃発売なのが、「劇場版『BLAME!』弐瓶勉描きおろし設定資料集」(講談社)。明日より公開の劇場作品『BLAME!』制作にあたって、原作者の弐瓶勉が描き起こしたイメージボードや設定を集めたもの。装備の設定や背景美術のための建築物の外観や構造図などが、余すところなく収録されているという。
 公開と言えば、湯浅政明監督の新作『夜明け告げるルーのうた』も本日公開になったばかり。こちらは「夜明け告げるルーのうた アートブック」が一迅社から刊行になる。快作『ルーのうた』を鑑賞したら、ぜひこちらも手にとってほしい。今月末の刊行予定。
 湯浅監督は、東京藝術大学大学院に招かれてトークもしている(その模様は、先月刊行の同大学院の紀要「LOOP 映像メディア学」7号に掲載)。招聘した側である山村浩二の新著が「創作アニメーション入門 基礎知識と作画のヒント」(六耀社)だ。入門書だが、目次を見ると「時間を分割して絵を作る」「アイデアはどこにある?」「アニメーションは誰の視線なの?」など、一筋縄ではいかない章題が並んでいる。25日頃発売。
 ここで紹介した本は刊行ずみのものを除き、タイトル、発売日、価格等すべて予定で、変更の可能性がある。購入にあたっては、その点に留意してほしい。(B)

2017年5月発売の本

NARUTO TVアニメプレミアムブック NARUTO THE ANIMATION CHRONICLE 天

集英社/A4/2500円 ISBN : 9784087925142


[Amazon]

NARUTO TVアニメプレミアムブック NARUTO THE ANIMATION CHRONICLE 地

集英社/A4/2500円 ISBN : 9784087925159


[Amazon]

名探偵コナン 服部平次&遠山和葉 シークレットアーカイブス 劇場版『から紅の恋歌』ガイド

小学館/B5/1800円 ISBN : 9784091990471


[Amazon]

日本アニメ(ーター)見本市資料集Vol.3 カセットガール全記録全集

日本アニメ-ター見本市有限責任事業組合/A4/3500円 ISBN : 9784905033158


[Amazon]

香川久×馬越嘉彦 バトルヒロイン作画&デザインテクニック

玄光社/A4変/2000円 ISBN : 9784768308561


[Amazon]

Wataru Hatano 5th Anniversary Artist Book Grateful

角川書店/B5/3200円 ISBN : 9784041051603


[Amazon]

1983年のロボットアニメ(仮)

双葉社/B5/1500円 ISBN : 9784575465020

5月22日
[Amazon]

江口寿志 アニメーション背景原図集

玄光社/A4変/2700円 ISBN : 9784768308318

5月22日
[Amazon]

劇場版「BLAME!」弐瓶勉描きおろし設定資料集

講談社/B5/2685円 ISBN : 9784063650198

5月23日
[Amazon]

創作アニメーション入門 基礎知識と作画のヒント/山村浩二

六耀社/A5変/1850円 ISBN : 9784897379852

5月25日
[Amazon]

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック3

角川書店/B5/3500円 ISBN : 9784041054505

5月26日
[Amazon]

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ メカニカルワークス

角川書店/A4/2500円 ISBN : 9784041056714

5月26日
[Amazon]

劇場版 黒執事 Book of the Atlantic 原画資料集

スクウェア・エニックス/A4/2666円 ISBN : 9784757553637

5月27日
[Amazon]

夜明け告げるルーのうた アートブック

一迅社/B5変/1600円 ISBN : 9784758015479

5月31日
[Amazon]

幼女戦記 アニメ完全設定資料集

エンターブレイン/B5変/2500円 ISBN : 9784047346406

5月31日
[Amazon]

2017年6月以降発売の本

THE DOCUMENT OF 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 弐

角川書店/B5/3500円 ISBN : 9784041058039

6月9日
[Amazon]

アニメキービジュアルで学ぶ! イラストテクニック

ビー・エヌ・エヌ新社/不明/2500円 ISBN : 9784802510530

6月15日
[Amazon]

身体のリアル/押井守、最上和子

角川書店/不明/1800円 ISBN : 9784047345652

6月16日
[Amazon]

安田朗 ガンダムデザインワークス

一迅社/A4/3300円 ISBN : 9784758015509

6月17日
[Amazon]

ユーリ!!! on ICE 公式ガイドブック ユーリ!!! on Life

扶桑社/A4/1850円 ISBN : 9784594611583

6月19日
[Amazon]

ユーリ!!! on ICE公式ファンブック GO YURI GO!!!

主婦と生活社/A4変/1800円 ISBN : 9784391640397

6月19日
[Amazon]

テレビ番組海外展開60年史 文化交流とコンテンツビジネスの狭間で/大場吾郎

人文書院/四六/3800円 ISBN : 9784409230572

6月20日
[Amazon]

手塚治虫エッセイ集成 映画・アニメ観てある記

リットーミュージック(立東舎文庫)/文庫/900円 ISBN : 9784845630523

6月20日
[Amazon]

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標 原画集

双葉社/A4横/4000円 ISBN : 9784575312713

6月23日
[Amazon]

TVアニメ最遊記RELOAD BLAST オフィシャルプレリュードブック

一迅社/B5/1300円 ISBN : 9784758032827

6月24日
[Amazon]

TVアニメ ひとりじめマイヒーロー プレリュードブック

一迅社/B5/1500円 ISBN : 9784758015608

6月29日
[Amazon]

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック4

角川書店/B5/3500円 ISBN : 9784041054512

6月26日
[Amazon]

湖川友謙 サンライズ作品画集

一迅社/A4/4900円 ISBN : 9784758015547

6月30日
[Amazon]

ジブリの教科書20 思い出のマーニー 

文藝春秋(文春ジブリ文庫)/文庫/1300円 ISBN : 9784168120190

7月6日
[Amazon]

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック5

角川書店/B5/3500円 ISBN : 9784041054529

7月26日
[Amazon]

豊田萌絵1st写真集 moRe

主婦の友社/不明/3200円 ISBN : 9784074216932

7月26日
[Amazon]

ACCA13区監察課 背景美術画集

スタジオPablo/不明/2500円 ISBN : 9784802191746

7月28日
[Amazon]

新海誠監督作品 君の名は。美術画集

一迅社/不明/2800円 ISBN : 9784758015646

7月28日
[Amazon]

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック6

角川書店/B5/3500円 ISBN : 9784041054536

8月26日
[Amazon]

オールナイトで『天元突破グレンラガン』10周年記念Tシャツを発売

 『天元突破グレンラガン』10周年を記念したTシャツの発売が決定した。今石洋之監督が描きおろしたイラストを使用した商品だ。

 このTシャツは、2017年5月27日(土)に開催するオールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクションVol. 93 『天元突破グレンラガン』10周年! 今石洋之SPECIAL!!」で販売する。当日に売れ残った場合は、以降の「新文芸坐×アニメスタイル セレクション」で販売。オールナイト以外での販売は予定していない。

 価格は3000円(税抜き)、サイズはM、L、LLの3サイズだ。

第514回 まだまだ半人前!

会議室にて、タブレットに描いて作画スタッフらに一気に説明する!
コレ、もはやウチ(ミルパンセ)のスタンダードです!

 自分の発案で始めたやり方で「もう、演出・作監の机で、指示書き・修正待ちのカットが何十何百も眠るのは御免だ!」と。一度の修正+説明+実演(?)で、担当の原画マン・演出・作監へ一気に戻す! デジタル作画だからこそできるやり方だと思ったのです。

「やり直し不可」なアナログの頃の作り方そのまんまを、ツール(道具)だけ変えたって、
「やり直し可能」のデジタルを本当の意味で効果的に使ってるとは言えませんから!

 2017年現在でも、「作監・総作監は選ばれし者! ゆえにその方の修正は何が何でもお待ちするべし!」とまるで作家の原稿でも待ってるかのように「アニメーター=作家」論を唱える業界人——俺の皮膚感覚ではだいぶ減ったように思いますが、そろそろ考え直す時期ではないでしょうか?
 ウチではまず「作家である前に職人たれ!」と教えてます。なぜなら、

「職人」からスタートしてもいずれ「作家」にはなれるけど、
「作家」気取りからスタートしてもけして「職人」にはなれない!

と思うからです。若い頃、テレコムで大塚康生さんや先輩たちから「宮さん(宮崎駿監督)は作家である前に職人としても超一流なんだ」と、そのアニメーターとしての宮崎監督の仕事量を聞かされて驚愕した自分。出崎統監督の場合でもそう。全話コンテだけではなく、アニメーター時代は非常に巧い作画マンだったと丸山正雄さんから聞きました——と言うまでもなくコンテがすでに神がかってますよね!

俺が好きなクリエイターは「作家である前に職人として一流」な人!

なんです。と多少話が逸れましたが、要するに言いたいのは、アナログ作画からデジタル作画への移行期たる現在、「昔はよかった」とか「もっと制作費持ってこい!」なんか言ってないで、

まず新しいツールによる新しい作り方、それに伴う「アニメーターという仕事」の見直し。その際、全スタッフの給料がそれぞれの働きに見合った正当なものか? の確認

をするべき時なのではないでしょうか? デジタル時代のアニメ職人をどう育てるか? その後、本当のデジタル時代の「作家」が生まれるべきなのだと。
 俺みたいな「動画3年、原画5年でやっと演出助手」と教えられた世代の人間が、「新しい作り方」というより、アニメ業界が何十年も信じて疑わなかった「動画3年云々」を壊そうと、これまた敵を作るかもしれない事を提唱しているんですが、そーゆー自分もまだまだ職人として半人前です。

早く腕のいい職人になりたい!!

書籍掲載のために磯光雄さんの原画を探しています

 主にアニメーション業界の方へのお願いです。

 アニメスタイル編集部では「磯光雄 ANIMATION WORKS(仮)」の編集作業を進めています。この書籍はアニメーター、デザイナー、監督として活躍する磯光雄さんの仕事を集めた作品集で、アニメーション作品の原画が中心となります。
 
 現在、制作会社などから掲載する原画をお借りしているところです。ですが、原画をはじめとする制作資料の全てが制作会社に残っているわけではありません。磯さんと一緒に仕事をしたスタッフの方が保管していた原画もお借りしています。ある程度の数の資料が揃いつつありますが、もっと多くの資料を掲載したいと思います。
 もしも、この告知をご覧になった方の中に、磯さんが描いた原画をお持ちの方がいらっしゃいましたら、この書籍のために貸し出していただけないでしょうか。原画はコピーでも結構です。

 掲載の許可は、アニメスタイル編集部が各版権元にあたり、取らせていただきます。
 ただ、原画を貸していただいても、原画の状態などの諸条件により、掲載できない場合もあり得ます。あらかじめご了承ください。

 ご協力いただける方は「WEBアニメスタイル」の「CONTACT」からご連絡ください。
 よろしくお願いします。

アニメスタイル編集部

新作アニメピックアップ[劇場編]20170517
『ルーのうた』『BLAME!』注目の2作がついに公開

 今週末には注目の2作が相次いで公開となる。

 まず19日(金)公開が『夜明け告げるルーのうた』。湯浅政明監督が放つ初の劇場用オリジナル作品が、『夜は短し歩けよ乙女』に続き、2ヶ月連続での公開となる。脚本は吉田玲子と湯浅政明。キャラクターデザイン、作画監督は『夜は短し歩けよ乙女』に引き続き伊東伸高が務める。アニメーション制作はサイエンスSARU。中学生・カイは、寂れた漁港町で鬱屈した日々を過ごしていた。そんなある日、クラスメイトに誘われるままついていった離れ小島で、歌の好きな人魚・ルーと出会う。無邪気な彼女と交わることで、彼の毎日は少しずつ変わり始めるのだが。入り江を舞台に監督得意の奔放な水表現が横溢、思春期の鬱屈と解放、人々の猜疑心とつながりといった、普遍的な主題を描ききる。ぜひ観てもらいたい快作だ。

 続いて20日(土)から公開となるのが『BLAME!』。ポリゴンピクチュアズが挑むセルルック3DCG作品。『シドニアの騎士』に続き、弐瓶勉のデビュー作をアニメ化。監督は瀬下寛之、脚本を村井さだゆきが務める。コントロールを失い自己増殖を続ける未来都市で、人類は排除の対象となっていた。食料がつきかけた集落を救うため、危険な探索行に出た少女づるは、霧亥と名乗る謎めいた放浪者と出会う。原作者もコミットしたという都市のビジュアルイメージが圧倒的。無機的に広がる空間の音響設計とともに、ぜひ映画館で味わってもらいたい。2週間限定の公開となる。

 翌週27日には『BIOHAZARD:VENDETTA』が登場。これまで何度も映像化されている人気ゲーム・バイオハザードの最新劇場作品で、フォトリアル3DCGとなる。監督は実写畑の辻本貴則が担当。製作はマーザ・アニメーションプラネット。

 アニメではないが、最後にこの作品にも触れておこう。

 昨年映画祭で披露され、話題を呼んだイタリアの実写「皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ」だ。超常的な力を得たチンピラが、『鋼鉄ジーグ』が好きなヒロインに感化され、正義に目覚めていく。タイトルに偽りなく『ジーグ』が重要なキーとなっているというから驚きだ。20日より公開となる。

公開中

『ブレイブウィッチーズ』

第13話 ペテルブルグ大戦略 ※イベント上映
【公式サイト】http://w-witch.jp/

『映画 かみさまみならい ヒミツのここたま 奇跡をおこせ♪ テップルとドキドキここたま界』
『映画 たまごっち ヒミツのおとどけ大作戦!』

【公式サイト】http://www.eiga-coco-tama.com/

『劇場版 FAIRY TAIL DRAGON CRY』

【公式サイト】http://gaga.ne.jp/FT.DC/

『劇場版 Free!-Timeless Medley- 絆』

【公式サイト】http://tm.iwatobi-sc.com/

『映画 クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』

【公式サイト】http://www.shinchan-movie.com/

『名探偵コナン から紅の恋歌』

【公式サイト】http://www.conan-movie.jp/

『結城友奈は勇者である ―鷲尾須美の章―』

第2章「たましい」 ※全3章
【公式サイト】http://yuyuyu.tv/

『映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち THE GREAT RACE』

【公式サイト】http://movie2017.thomasandfriends.jp/

『夜は短し歩けよ乙女』

【公式サイト】http://kurokaminootome.com/

『おそ松さん 春の全国大センバツ上映祭』

※完全オリジナルショートエピソードを加えた劇場オリジナル編集版。4月6日(木)より6劇場にて先行上映
「おそ松部屋」「カラ松部屋」「チョロ松部屋」「一松部屋」「十四松部屋」「トド松部屋」
【公式サイト】http://osomatsusan.com/senbatsu/

『レゴバットマン ザ・ムービー』

【公式サイト】http://wwws.warnerbros.co.jp/legobatmanmovie/

『モアナと伝説の海』

【公式サイト】http://www.disney.co.jp/movie/moana.html

『映画 プリキュア ドリームスターズ!』

【公式サイト】http://www.precure-dreamstars.com/

『黒子のバスケ THE LAST GAME』

【公式サイト】http://kurobas-lg.com/

『SING』

【公式サイト】http://sing-movie.jp/

『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』

【公式サイト】http://doraeiga.com/2017/

『劇場版 プリパラ み~んなでかがやけ! キラリン☆スターライブ!』

【公式サイト】http://pp-movie.com/

『劇場版 ソードアート・オンライン ―オーディナル・スケール―』

【公式サイト】http://sao-movie.net/

『この世界の片隅に』

【公式サイト】http://www.konosekai.jp/

『君の名は。』

【公式サイト】http://kiminona.com/

2017年5月19日(金)

『夜明け告げるルーのうた』

【公式サイト】http://lunouta.com/

2017年5月20日(土)

『BLAME!』

※2週間限定劇場上映
【公式サイト】http://www.blame.jp/

2017年5月27日(土)

『BIOHAZARD:VENDETTA』

【公式サイト】http://biohazard-vendetta.com/

2017年6月10日(土)

『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』

【公式サイト】http://kinpri.com/

2017年6月17日(土)

『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』

【公式サイト】http://mahouka.jp/

『CHAOS;CHILD SILENT SKY』

※2週間限定イベント上映
【公式サイト】http://chaoschildanime.com/

2017年6月24日(土)

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』

第二章 発進篇(全七章)
【公式サイト】http://yamato2202.net/

2017年7月1日(土)

『えいが それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』

【公式サイト】http://anpan-movie.com

『劇場版Free! -Timeless Medley- 約束』

【公式サイト】http://tm.iwatobi-sc.com/

2017年7月8日(土)

『結城友奈は勇者である ―鷲尾須美の章―』

第3章「やくそく」 ※全3章
【公式サイト】http://yuyuyu.tv/

『メアリと魔女の花』

【公式サイト】http://www.maryflower.jp/

2017年7月15日(土)

『劇場版 ポケットモンスター キミにきめた!』

【公式サイト】http://www.pokemon-movie.jp/

『カーズ クロスロード』

【公式サイト】http://www.disney.co.jp/movie/cars-crossroad.html

『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』

【公式サイト】http://ngnl.jp/

2017年7月21日(金)

『劇場版 生徒会役員共』

【公式サイト】http://king-cr.jp/special/seitokai_G/

『怪盗グルーのミニオン大脱走』

【公式サイト】http://minions.jp/

2017年7月22日(土)

『魔法少女リリカルなのは Reflection』

【公式サイト】http://www.nanoha.com/

2017年8月12日(土)

『フェリシーと夢のトウシューズ』

【公式サイト】http://www.ballerina-movie.jp/

2017年8月18日(金)

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

【公式サイト】http://www.uchiagehanabi.jp/

2017年8月19日(土)

『魔法使いの嫁 星待つひと 後篇』

※2週間限定イベント上映
【公式サイト】http://magus-bride.jp/

2017年8月25日(金)

『映画くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ』
『ふうせんいぬティニー なんだかふしぎな きょうりゅうのくに』

【公式サイト】http://jackie-tinny-movie.com/

2017年8月26日(土)

『劇場版Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い』

【公式サイト】http://anime.prisma-illya.jp/

『美男高校地球防衛部LOVE!LOVE!LOVE!』

※3週間期間限定公開
【公式サイト】http://boueibu.com/

2017年8月

『きみの声をとどけたい』

【公式サイト】http://kimikoe.com/movie/

2017年夏

『ブレンダンとケルズの秘密』

【公式サイト】http://secretofkells.com/

2017年9月2日(土)

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激戦 ルウム会戦』

※4週間限定
【公式サイト】http://www.gundam-the-origin.net/

2017年9月30日(土)

『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』

【公式サイト】http://wwws.warnerbros.co.jp/legoninjagomovie/

2017年10月14日(土)

『劇場版 Fate/stay night[Heaven's Feel]I.presage flower』

※全3章
【公式サイト】http://www.fate-sn.com/hf/

2017年10月

『映画キラキラ☆プリキュアアラモード』

【公式サイト】http://precure-movie.com/

2017年11月11日(土)

『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』

【公式サイト】http://haikarasan.net/

2017年11月

『GODZILLA 怪獣惑星』

第一章 ※全3部作
【公式サイト】http://godzilla-anime.com/

2017年秋

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』

第2シーズン劇場版 ※イベント上映
【公式サイト】http://gundam-tb.net/

『Dance with Devils -Fortuna-』

【公式サイト】http://dwd-movie.com/

『DC Super Heroes vs 鷹の爪団』

【公式サイト】http://dc-taka.com/

『特別版 Free!-Take Your Marks-』

※新作
【公式サイト】http://tym.iwatobi-sc.com/

『劇場版総集編 青葉城西高校戦 ハイキュー!! 才能とセンス』

【公式サイト】http://www.j-haikyu.com/anime/

『劇場版総集編 白鳥沢学園高校戦 ハイキュー!! コンセプトの戦い』

【公式サイト】http://www.j-haikyu.com/anime/

『劇場版 響け!ユーフォニアム2』

【公式サイト】http://anime-eupho.com/

『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』

※3部作
【公式サイト】http://eurekaseven.jp/

2017年12月9日(土)

『ガールズ&パンツァー 最終章』

第1話 ※全6話
【公式サイト】http://girls-und-panzer.jp/

2017年12月23日(土)

『リメンバー・ミー』

【関連サイト】http://www.disney.co.jp/movie/news/20170329_01.html

2017年12月

『映画 妖怪ウォッチ 第4弾(仮)』

【関連サイト】https://www.toho.co.jp/movie/lineup/jibanyann2017.html

2017年冬

『曇天に笑う〈外伝〉』

【公式ツイッター】https://twitter.com/donten_anime

『映画かいけつゾロリ ZZのひみつ』

【関連サイト】http://www.poplar.co.jp/zorori/30th/

2017年

『MINT』

【公式サイト】http://www.negadesignworks.com/mint/

『劇場総集編 コードギアス 反逆のルルーシュ』

第1章 ※全3章
【公式サイト】http://www.geass.jp/lelouch_10th/

『デジモンアドベンチャーtri.』

第5章「共生」
【公式サイト】http://digimon-adventure.net/

『PEACE MAKER 鐵』

前篇
【公式サイト】http://www.peacemakerk.jp/

『Kubo and the Two Strings(原題)』

【関連サイト】http://www.gaga.co.jp/cinemas/summary/comingsoon

公開予定

『劇場版 はいからさんが通る 後編 ~東京大浪漫~』

【公式サイト】http://haikarasan.net/

『CENCOROLL2』

【公式サイト】http://www.cencoroll.com/

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』

【公式サイト】http://www.evangelion.co.jp/

『蒼きウル』

【公式twitter】https://twitter.com/uruinblue

『Force of Will』

【関連サイト】http://www.fow-tcg.com/

『テニスの王子様』

劇場版プロジェクト
【公式twitter】https://twitter.com/shintenianime

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』

【公式サイト】http://www.gundam-the-origin.net/

『劇場版マジンガーZ(仮称)』

【公式サイト】http://www.mazinger-z.jp/

『ビブリア古書堂の事件手帖』

【関連サイト】http://biblia.jp/

『文豪ストレイドッグス』

完全新作劇場版
【公式サイト】http://bungo-stray-dogs.jp/

『アラーニェの虫籠』

【公式サイト】http://www.ara-mushi.com/

『ご注文はうさぎですか?』

新作アニメスペシャルエピソード
【公式サイト】http://www.gochiusa.com/

『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション2』

※3部作
【公式サイト】http://eurekaseven.jp/

『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション3』

※3部作
【公式サイト】http://eurekaseven.jp/

『K SEVEN STORIES』

※7部作
【公式サイト】http://k-project-come-back.jpn.com/

『ユーリ!!! on ICE』

完全新作劇場版
【公式サイト】http://yurionice.com/

第106回 旅に出かけよう 〜ニルスのふしぎな旅〜

 腹巻猫です。5月21日に蒲田でサントラDJイベント、Soundtrack Pub【Mission#31】を開催します。特集は「80年代アニメサントラ群雄割拠時代(ビクター編)&松山祐士追悼」。1980年代のアニメサントラ群雄割拠時代をメーカーごとにふり返る新企画の第1弾・ビクター編です。お時間ありましたらぜひご来場ください!

「Soundtrakc Pub」公式ページ
http://www.soundtrackpub.com/event/2017/05/20170521.html


 今回はSoundtrack Pubのテーマにからめて、80年代ビクター・アニメサントラの第1弾となった作品『ニルスのふしぎな旅』を取り上げよう。
 ビクター——現在はビクターエンタテインメント、当時はビクター音楽産業という会社名だった。2007年よりアニメ部門が独立してフライングドッグという別会社になっているが、便宜上、フライングドッグもビクターの仲間に入れることにする。
 ビクター(フライングドッグ)といえば、『超時空要塞マクロス』(1982)に始まる「マクロス」シリーズや、『天空のエスカフローネ』(1996)、『カウボーイビバップ』(1998)、『創世のアクエリオン』(2005)等の菅野よう子作品、『機動戦士ガンダムSEED』(2002)、『ケロロ軍曹』(2004)など、ヒット作品を多く擁するアニメ音楽界の雄である。フライングドッグはこの3月にランティスなどとともに、ANiUTa(アニュータ)というアニメソング専門の定額聴き放題サービスを立ち上げて話題になった。
 しかし、アニメ音楽ビジネスへの本格参入では、日本コロムビア、キングレコードに次ぐ後発組だった。70年代には『ミュンヘンへの道』(1972)、『まんが世界昔ばなし』(1976)、『バーバパパ』(1977)、『ヤッターマン』(1977)、『ゼンダマン』(1979)等のレコードを発売しているが、まだアニメファンに注目されるメーカーではなかった。ビクターの躍進は、やはり『超時空要塞マクロス』以降だろう。
 しかし、『超時空要塞マクロス』にも前史となった作品がある。そのひとつが『ニルスのふしぎな旅』である。

 『ニルスのふしぎな旅』は1980年1月から1981年3月までNHKで放送されたTVアニメ作品。NHKオリジナルの連続TVアニメとしては『未来少年コナン』(1978)、『キャプテンフューチャー』(1978)に続く3作目(実写とアニメを組み合わせた『マルコ・ポーロの冒険』も数えれば4作目)となる作品である。
 原作はスウェーデンの女性作家セルマ・ラーゲルリョーブの同名児童文学。動物をいじめるいたずら好きの少年ニルスが妖精に罰を与えられて体を小さくされ、ガチョウのモルテン、ハムスターのキャロットとともに旅をしながら精神的に成長していく物語だ。制作は学研(現・学研グループ)。アニメーション制作を創立したばかりのスタジオぴえろ(現・ぴえろ)が担当した。今年(2017年)3月に廉価版のDVD-BOXが発売されている。
 チーフディレクターに鳥海永行、美術監督は中村光毅。タツノコプロ出身のスタッフが作り上げた丁寧な映像が心に残る。日本アニメーション制作の「世界名作劇場」とは異なったテイストの名作アニメとして記憶と歴史に刻まれる作品である。
 音楽は主題歌・挿入歌の作曲をタケカワユキヒデ、劇中音楽をチト河内が担当している。
 チト河内は1944年、福岡県出身。1967年に兄のクニ河内らとともにGSバンド、ザ・ハプニングス・フォーを結成してデビューした。のちにロックバンド、トランザムを結成して活躍。トランザムはTVドラマ「俺たちの勲章」(1975)、「俺たちの旅」(1975)、「俺たちの朝」(1977)、「俺たちの祭」(1977)等の音楽を担当し、70年代TV音楽ファンには「太陽にほえろ!」(1972-1986)の井上堯之バンドや「西遊記」(1978)のゴダイゴとともに記憶に残るグループだ。また、劇場アニメ『宇宙戦艦ヤマト 完結編』挿入歌「明日に架ける虹」の編曲と演奏・ボーカルも担当している。
 チト河内名義でかかわったアニメ作品には、TVアニメ『野生のさけび』(1982)(主題歌作曲)、劇場アニメ『ゆき』(1981)(主題歌とBGM作曲)、TVアニメ『あしたのジョー2』(1981)(後期主題歌の編曲)などがある。
 兄のクニ河内もアニメ作品を手がけていて、TVアニメ『グロイザーX』(1976)、『ドン・ドラキュラ』(1982)、『つるピカハゲ丸くん』(1983)等の主題歌を作曲している。先の『野生のさけび』の主題歌は、チト河内が作曲、クニ河内が編曲、『ゆき』の主題歌はクニ河内が作詞、チト河内が作・編曲という兄弟コラボ作品だ。
 本作の音楽アルバムは、1980年2月「ニルスのふしぎな旅 〜たのしいうたと音楽集〜」のタイトルでビクター音楽産業より発売された。1999年発売の2枚組CD「殿堂TWIN ニルスのふしぎな旅/スプーンおばさん」で全曲CD化されている。
 収録内容は以下のとおり。

  1. ニルスの不思議な旅(歌:加橋かつみ)
  2. ぼくはキャロット(歌:山崎唯)
  3. 鳥にのって(空とぶテーマ)
  4. わたしは歌う(スイリーのテーマ)(歌:松金よね子)
  5. 北をめざして(ガンの隊長アッカのテーマ)
  6. いつまでも友だち(歌:加橋かつみ)
  7. ワンダフル・アドベンチャー(歌:加橋かつみ)
  8. わんぱくニルス(歌:小山茉美)
  9. ねずみの行進
  10. 腹ペコ・レックス(歌:富山敬)
  11. ニルスの不思議な旅(英語)〈The Song to Nils〉(歌:加橋かつみ)
  12. つるの舞踏会

 歌8曲とBGM4曲の12曲入り。
 ジャケットにはキャラクターの絵が大きくデザインされ、インナーにもふんだんに絵が使われている。ニルスが一緒に旅をするガンの群れのメンバーや憎めない敵役レックスらが絵と説明つきで紹介されているのが、番組を見る子どもたちにはうれしいサービスだ。子ども向けを意識した作りだが、歌を担当する歌手と声優の顔写真が掲載されていたり、主題歌の英語版が入っていたりするのは、明らかに中高生のアニメファンを意識したところだろう。
 1曲目はオープニング主題歌。元ザ・タイガースの加橋かつみが歌う、フォークロック調の軽快な曲だ。
 12/8拍子のピアノのアルペジオから始まるイントロが地平線に昇る朝陽のきらめきをイメージさせる。途中から4拍子に転じてリズミカルになる仕掛けが「旅立ち」への期待を表現してすばらしい。短いブリッジが高揚感を高め、歌がスタートする。タケカワユキヒデ作品で「旅」を歌った曲といえば名作「銀河鉄道999(The Garaxy Express 999)」があるが、「999」に甘酸っぱい別れの哀愁があるのに対し、「ニルス」は新しい出逢いへのわくわく感に満ちている。「銀河鉄道999」に劣らぬ名曲である。
 この曲、TVサイズとレコードサイズとでずいぶん印象が違う。TVサイズはシンプルなバンドスタイルのアレンジと演奏。レコードサイズは音数が増えてテンポがやや遅くなっている。おそらくはTVサイズを先に録音したあと、レコード用に新たにアレンジを起こして録音し直したのだろう。同様の例は『ルパン三世』第1作(1971)の主題歌でも聴けるが、この時期には珍しいパターンである。曲のノリ、勢いはTVサイズのほうが抜群によい。
 2曲目の「ぼくキャロット」は、キャロット役の山崎唯が歌うキャラクターソング。山崎唯はトッポ・ジージョの声で人気を博した歌手・声優でトッポ・ジージョの歌もたくさん吹き込んでいる。フェイクをまじえた表情豊かな歌い方は「うまいなあ」と舌を巻く仕上がり。「気軽に書いてみました」という感じの曲なのだが、ベテラン声優の力量を聴くことができる。
 3曲目「鳥にのって」はチト河内作曲によるBGM。鳥に乗って空を旅するイメージの曲で、ふわっとしたシンセの音と弦のアンサンブルが浮遊感を産む。ドラムス、エレキベース、ギター、キーボードが刻むリズムが心地よい。本作のBGMはバンド編成を中心に弦や管楽器が加わった小規模のオーケストラで演奏されていて、ロックのインスト曲のようなサウンドが特徴である。
 4曲目は松金よね子が歌う「わたしは歌う(スイリーのテーマ)」。スイリーはメスのガンで、歌が大好きだけどひどい音痴という設定。松金よね子は舞台出身のコメディエンヌで歌も達者なのだが、ここではわざと音痴風に歌う芸を聴かせてくれる。バイオリンやアコーディオンをフィーチャーしたアレンジがヨーロッパの香りを漂わせる華やかで楽しい曲だ。
 5曲目「北をめざして(ガンの隊長アッカのテーマ)」はふたたびBGM。舞い上がる鳥たちをイメージしたような弦のイントロに続いて、チェンバロのアルペジオをバックにシンセがふわふわと漂うようなフレーズを奏でる。アッカはラップランドに向かうガンの群れを率いるメスのガン。アルバムのライナーには「百才をこすメスガンで沈着で冷静、威厳と情愛をかねそなえたすぐれたリーダー」と紹介されている(100歳だったんだ!?)。「鳥にのって」と共通する雰囲気の曲だが、こちらは「前進」のイメージが強い。中間部に踊るような弦の間奏が入る。アッカに率いられたガンたちが旅の途中に空を旋回したり、仲間とじゃれあったりしている場面が目に浮かんで温かい気持ちになる。
 6曲目はエンディング主題歌「いつまでもともだち」。ニルスとモルテンとキャロットの友情を歌ったマーチ調の明るい曲だけど、本編の最終回を観たあとに聴くとちょっと泣けるんですよね。
 7曲目(レコードではB面1曲目)に入っているのが「ワンダフル・アドベンチャー」という歌。本アルバムの白眉と言っていい名曲である。
 曲はミドルテンポのロックバラード風。小さくなったニルスが見る世界のすばらしさ、ニルスの旅の意味を歌った味わい深い歌詞が胸に沁みる。間奏のエレキギター・ソロがぐっとくる。劇中にもたびたび挿入された、本作の第2のメインテーマともいうべき歌だ。
 アルバムはニルス役の小山茉美が歌う「わんぱくニルス」、BGM「ねずみの行進」、レックス役・富山敬が歌う「腹ペコ レックス」と続いて、主題歌の英語版「The Song to Nils」が登場する。
 日本語版の作詞は奈良橋陽子と藤公之介の連名だが、こちらの作詞は奈良橋陽子の単独クレジット。ゴダイゴのほとんどの作品でも作詞を手がけている奈良橋陽子は英語で詞を書くことで知られている。日本語詞は英語詞をもとに書かれたものなのだ。この英語版こそ、奈良橋が書いたオリジナルの歌詞なのである。日本語詞と読み比べてみると、奈良橋がオリジナル歌詞で意図したことや、藤公之介が日本語詞でふくらませた部分がわかって興味深い。
 ラストに置かれたのは「つるの舞踏会」というBGMである。キラキラしたバッキングの上で深いリバーブのかかったフルートのメロディが踊る。霧の立ちこめる湖でつるが舞う光景が目に浮かぶような幻想的な雰囲気の曲だ。
 アルバムのラストがなぜこの曲なのか。主題歌の英語版か「ワンダフル・アドベンチャー」でもよかったのではないか。と初めてこのアルバムを聴いたときは思ったものだが、今聴くと、これはこれでいい。ニルスが目にする大自然の情景が心に残る。「旅」よりも「自然や動物との出逢い」に主眼を置いた構成なのだろう。
 この種のファンタジー作品の音楽ではシンフォニックなオーケストラ・サウンドが使われる例が多い。が、本作ではエレキベースやギターの音が印象的なロック・サウンドが独特の空気感と香りを作品に与えている。このコラムで以前紹介した『白い牙 ホワイトファング物語』(1982)(音楽・小室等)とも重なる音楽スタイルだ。ロック・サウンドがむき出しの自然の肌触りや躍動感を表現しているのである。本作がほかの名作アニメと異なる雰囲気を持っているのは、この音楽によるところも大きい。本格的な音楽集アルバムが発売されなかったのが惜しまれる。

 『ニルスのふしぎな旅』は1982年にTVシリーズを95分ほどにまとめた劇場版が作られた。ただし、当時はビデオソフトとして発売されただけで、劇場公開は2014年にようやく実現した。劇場版ではTVシリーズの主題歌は使われず、新しい主題歌が作られている。「ビューティフル・メロディ」と「ラプランドは夢の国」の2曲で作曲・タケカワユキヒデ、編曲・チト河内というTV版と同じコンビの作(作詞は山上路夫、歌はTOMO)。この2曲は残念ながら一度もレコード化、CD化されていない。
 オリジナルBGMともども、もし音楽テープが残っていれば、ぜひ商品化したいものである。

殿堂TWIN ニルスのふしぎな旅/スプーンおばさん
Amazon

ニルスのふしぎな旅 新価格版 BOX [DVD]
Amazon

アニメスタイル通信[054]「アニメスタイル011」と5月のオールナイト

 お待たせしました。昨日「アニメスタイル011」が、一般書店、アニメショップ、ネット書店で発売となりました。巻頭特集は『ユーリ!!! on ICE』。フィギュアスケートシーンを中心に原画もたっぷり掲載しましたよ。他の記事は『フリップフラッパーズ』『Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-』『終末のイゼッタ』『響け!ユーフォニアム2』。感想をいただけると嬉しいです。

 今後のアニメスタイルの出版物ですが、ある作品の画集の編集が進行中で、夏に刊行の予定です。他にもいくつか書籍の企画を進めています。

 以下はイベントの話題です。5月3日(水・祝)にトークイベント「第130回アニメスタイルイベント アニメ様のイベント 雑誌デザインのこだわり編」を開催しました。皆さま、ご来場とご視聴ありがとうございました。5月21日(日)にはトークイベント「第131回アニメスタイルイベント 長濵博史、THE REFLECTIONを語る!!」を開催します。こちらは前売り券が発売中です。
 
 次回のオールナイトは、5月27日(土)開催の「新文芸坐×アニメスタイル セレクションVol. 93 『天元突破グレンラガン』10周年! 今石洋之SPECIAL!!」。『天元突破グレンラガン』放映開始10周年を記念したプログラムです。今石さんに新文芸坐に来ていただくのも久しぶりですね。詳細は下のリンクからどうぞ。
 
 今回の「アニメスタイル通信」はここでおしまいです。「アニメスタイル通信」は編集長の小黒とアニメスタイル編集部スタッフでお届けしています。

■INFORMATION
 このコーナーでは「アニメスタイルチャンネル」の配信予定、アニメスタイルの出版物、イベント等の情報をお届けします。

[お知らせ]
「アニメスタイル009」乱丁本の交換につきまして
http://animestyle.jp/news/2016/07/22/10321/

[新刊情報]
「アニメスタイル011」は5月11日発売! 巻頭特集は『ユーリ!!! on ICE』
http://animestyle.jp/news/2017/04/25/11173/

「吉成曜画集 ラクガキ編[手塚治虫キャラクター]」刊行 短編アニメーションを収録したBlu-ray付き!
http://animestyle.jp/news/2017/03/17/11072/

『ユーリ!!! on ICE』『彼氏彼女の事情』の平松禎史 初の作品集「平松禎史 アニメーション画集」が発売!
http://animestyle.jp/news/2017/02/28/11027/

資料集「フリクリ アーカイブス」が11月22日に発売!!
http://animestyle.jp/news/2016/11/15/10743/

[アニメスタイル・イベント]
2017年5月21日(日)
トークイベント「第131回アニメスタイルイベント 長濵博史、THE REFLECTIONを語る!!」
http://animestyle.jp/2017/04/28/11184/

2017年5月27日(土)
オールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクションVol. 93 『天元突破グレンラガン』10周年! 今石洋之SPECIAL!!」
http://animestyle.jp/2017/05/11/11199/

[アニメスタイル ONLINE SHOP]
「平松禎史 アニメーション画集」 、「吉成曜画集 ラクガキ編」、「アニメスタイル」バックナンバー、『カードキャプターさくら』資料集、「少女革命ウテナ画集 The hard core of UTENA」等、アニメスタイルの書籍を販売中です。
http://animestyle.jp/shop/

■LINK
WEBマガジン「WEBアニメスタイル」
http://animestyle.jp

配信&メルマガ「アニメスタイルチャンネル」
http://ch.nicovideo.jp/animestyle

通販サイト「アニメスタイル ONLINE SHOP」
http://animestyle.jp/shop/

第513回 第100面〜現状報告

現在『てーきゅう』第100面のコンテ中!!

といっても裏面(パッケージ用特典映像)や『高宮なすのです!』『うさかめ』などもあったため、『てーきゅう』系のコンテはとっくに120本(?)は越えてて、今さら「100本頑張った!」との感慨はまったくありません。あくまで「本線が第100面なの」って。たかが各話90秒のコンテでも、情報量(台詞・カット)がギュウギュウに詰まっているから実際は(まあ1260秒[30分アニメの本編尺]ほどではありませんが)数百秒ぶんは疲れる感じはある『てーきゅう』シリーズですが、コツコツ続けてたら

気がつけばBlu-ray Boxになってた!

と。この連載と同じ「続けた結果」。自分が考える作品づくりはコレです。とにかく続ける。続けた結果、できるのが作品。次の作品の準備は、現行の作品づくりをしながら。これが俺のルーチンです。

準備期間や金や日々の贅沢がなくても作り続けます!!

 で、現状報告。まず『ベルセルク』はCG・作画ともラストスパート! 自分の方は毎日のCG上がりをチェックしつつ社内の作画の面倒を見てます。コンテは去年、最終回まで上げてたので、今は上がってくるラッシュを見ると若干懐かしく思う不思議。そして『Wake Up, Girls! 新章』は、脚本がラスト2〜3本。コンテは今3本めに手をつけてて、キャラ表・美術設定も続々上がってきてます。この作品は版権類が多いので、キャラデの菅原(美幸)を中心に社内スタッフ一同楽しく作業しております。あとちょくちょく仙台に取材に行ったり、鋭意制作中!
 そーこーしてるうちに2018〜19年に仕事が埋まってきました。まだまだ作らせていただけるなんて、本当に感謝です。と、なんか突如イボができたので病院に行ってきます(汗)。

【情報局】新作アニメピックアップ[TV編]170510
『遊戯王』新シリーズスタート

 『遊★戯★王ヴレインズ』が昨日より放映スタートした。『遊★戯★王 デュエルモンスターズ』シリーズの第6弾だ。今回はVR空間でデュエルを楽しむ世界が舞台。復讐を誓い過去の事件の真相を探る高校生・藤木遊作、VR空間の管理者、空間の破壊を目論むハッカー集団の三つ巴の攻防が描かれる。監督は細田雅弘、シリーズ構成を吉田伸が務める。テレビ東京系列で毎週水曜午後6時25分から放映されるほか、BS JAPANでは12日午後5時17分から放映開始となる。

2017年5月10日(水)

『遊★戯★王ヴレインズ』

午後6時25分~(テレビ東京系列)
【公式サイト】http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/yugioh-vrains/

2017年5月28日(日)

『“栄光なき天才たち”からの物語「陸上」』

午後11時~(NHK BS1))
【関連サイト】http://www6.nhk.or.jp/anime/topics/detail.html?i=4485

2017年7月1日(土)

『ひなろじ~from Luck & Logic~』

午後10時30分~(TOKYO MX)他、順次放映)
【公式サイト】http://hinalogic.com/

2017年6月

『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』

※ガンダムファンクラブにて独占先行配信)
【公式サイト】http://g-twilight-axis.net/

2017年7月

『DIVE!!』

【公式サイト】http://www.dive-anime.com/

『最遊記 RELOAD BLAST』

【公式サイト】http://saiyuki-rb.jp/

『活劇/刀剣乱舞』

【公式サイト】http://katsugeki-touken.com/

『地獄少女  宵伽[第4期]』

【公式サイト】http://www.jigokushoujo.com/

『はじめてのギャル』

【公式サイト】http://hajimete-no-gal.jp/

『天使の3P!』

【公式サイト】http://www.tenshi-no-3p.com/

『ナナマル サンバツ』

【公式サイト】http://7o3x.com/

『Fate/Apocrypha』

【公式サイト】http://fate-apocrypha.com/

『将国のアルタイル』

【公式サイト】http://project-altair.com/

『18if』

【公式サイト】http://18if.jp/

『ゲーマーズ!』

【公式サイト】http://www.gamers-anime.com/

『メイドインアビス』

【公式サイト】http://miabyss.com/

『捏造トラップ』

【公式サイト】http://netsuzoutrap.com/

『THE REFLECTION WAVE ONE』

【公式サイト】http://thereflection-anime.net/

『カイトアンサ』

【公式サイト】http://kaitoansa.com/

『妖怪アパートの幽雅な日常』

【公式サイト】http://youapa-anime.jp/

『森の妖精 キノコの娘』

【公式サイト】http://kinokomusume.com/kinokonoko/

『ボールルームへようこそ』

【公式サイト】http://www.ballroom-official.jp/

『NEW GAME![第2期]』

【公式サイト】http://newgame-anime.com/

『アクションヒロイン チアフルーツ』

【公式サイト】http://www.tbs.co.jp/anime/cfru/

『セントールの悩み』

【公式サイト】http://centaur-anime.com/

『コンビニカレシ』

【公式サイト】http://www.tbs.co.jp/anime/konbini/

『戦姫絶唱シンフォギアAXZ[第4期]』

【公式サイト】http://www.symphogear-axz.com/

『ひとりじめマイヒーロー』

【公式サイト】http://hitorijime-myhero.com/

『ようこそ実力至上主義の教室へ』

【公式サイト】http://you-zitsu.com/

『アホガール』

【公式サイト】http://ahogirl.jp/

『徒然チルドレン』

【公式サイト】http://tsuredure-project.jp/

『バトルガール ハイスクール』

【関連サイト】http://colopl.co.jp/battlegirl-hs/anime/

『恋と噓』

【公式サイト】http://koiuso-anime.com/

『潔癖男子!青山くん』

【公式サイト】http://kda-anime.com/

『バチカン奇跡調査官』

【公式サイト】http://kisekichosakan.jp/

『クリオネの灯り』

【公式サイト】http://clionenoakari.com/

『てーきゅう[第9期]』

【公式サイト】http://te-kyu.com/

2017年夏

『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』

【関連サイト】http://www.dlife.jp/news/

『直感×アルゴリズム♪』

【公式サイト】http://project-algorhythm.com/

『賭ケグルイ』

【公式サイト】http://kakegurui-anime.com/

『魔法陣グルグル』

【公式サイト】http://guruguru-anime.jp/

『終物語』

「まよいヘル」「ひたぎランデブー」「おうぎダーク」※〈物語〉シリーズ)
【公式サイト】http://www.monogatari-series.com/owarimonogatari/

『時間の支配者』

【公式サイト】http://chronosruler.jp/

『プリンセス・プリンシパル』

【公式サイト】http://www.pripri-anime.jp/

『異世界はスマートフォンとともに。』

【公式サイト】http://isesuma-anime.jp/

『ナイツ&マジック』

【公式サイト】http://knights-magic.com/

『ROBOMATERS THE ANIMATED SERIES』

【公式サイト】http://anime.robomasters.com/

『異世界食堂』

【公式サイト】http://isekai-shokudo.com/

『むさしの!』

【公式サイト】https://www.musasi-no.com

2017年10月

『いぬやしき』

【公式サイト】http://www.inuyashiki-project.com/

『結城友奈は勇者である[第2期]』

【公式サイト】http://yuyuyu.tv/

『Infini-T Force』

【公式サイト】http://www.infini-tforce.com/

『魔法使いの嫁』

【公式サイト】http://mahoyome.jp/

『鬼灯の冷徹 第弐期』

【公式サイト】http://www.hozukino-reitetsu.com/

『TSUKIPRO THE ANIMATION』

【公式サイト】http://tsukipro-anime.com/

『3月のライオン[第2シリーズ]』

【公式サイト】http://3lion-anime.com/

『クジラの子らは砂上に歌う』

【公式サイト】http://kujisuna-anime.com/

『UQ HOLDER! 魔法先生ネギま!2』

【公式サイト】http://uqholder.jp/

『イナズマイレブン アレスの天秤』

【関連サイト】http://www.inazuma.jp/ares/

『ポプテピピック』

【公式サイト】http://hoshiiro.jp/

『クラシカロイド[第2シリーズ]』

【公式サイト】http://www.nhk.or.jp/anime/classica/

『Code:Realize ~創世の姫君~』

【公式サイト】http://coderealize-anime.com/

2017年秋

『Dies irae』

【公式サイト】http://diesirae-anime.com/

『フルメタル・パニック!IV』

【公式サイト】http://www.tdd-1.com/iv/

『ラブライブサンシャイン』

2期)
【公式サイト】http://www.lovelive-anime.jp/uranohoshi/

『されど罪人は竜と踊る』

【関連サイト】http://gagagabunko.jp/information/index.html

『戦刻ナイトブラッド』

【関連サイト】http://senbura.jp/

『干物妹!うまるちゃん[第2期]』

【公式サイト】http://umaru-ani.me/

『アニメガタリズ』

【公式サイト】http://animegataris.com/

2017年冬

『Fate/EXTRA Last Encore』

【公式サイト】http://fate-extra-lastencore.com/

2018年1月

『カードキャプターさくら クリアカード編』

【関連サイト】http://ccsakura-official.com/

『恋は雨上がりのように』

【公式サイト】http://www.koiame-anime.com/

『刀剣乱舞 ―花丸―[第2期]』

【公式サイト】http://touken-hanamaru.jp/

2018年初春

『DEVILMAN crybaby』

※Netflixにて独占配信)
【公式サイト】http://devilman-crybaby.com/

2018年冬

『サンリオ男子』

【公式サイト】http://sdan-anime.com/

放映予定

『神撃のバハムート マナリアフレンズ』

【公式サイト】http://manaria.jp/

『ISLAND』

【関連サイト】http://never-island.com/

『戦姫絶唱シンフォギア[第5期]』

【公式サイト】http://www.symphogear-gx.com/

『ノラと皇女と野良猫ハート』

【公式サイト】http://nora-anime.net/

『七つの大罪』

新作TVシリーズ)
【公式サイト】http://www.7-taizai.net/

『ワンパンマン[第2期]』

【公式サイト】http://onepunchman-anime.net/

『明治東亰恋伽』

【関連サイト】http://meikoi-vita.com/

『ハイスクールD×D』

新シリーズ)
【関連サイト】http://www.fujimishobo.co.jp/sp/201104highschool/

『大正ちっちゃいさん』

【関連サイト】http://www.holicworks.jp/

『バキ』

【関連サイト】http://baki.akitashoten.co.jp/

『血界戦線&BEYOND[第2期]』

【公式サイト】http://kekkaisensen.com/

『Wake Up, Girls! 新章』

【公式サイト】http://wakeupgirls3.jp/

『ドリフェス! 2ndシーズン』

【公式サイト】http://anime.dream-fes.com/

『DAYS』

東院学園戦)
【公式サイト】http://days-project.jp/

『LOST SONG』

【公式サイト】http://lost-song.com/

『DYNAMIC CHORD』

【公式サイト】http://www.tbs.co.jp/anime/DC/

『十二大戦』

【公式サイト】http://12taisen.com/

『三ツ星カラーズ』

【公式サイト】http://mitsuboshi-anime.com/

『キノの旅 the Beautiful World』

【関連サイト】http://kinonotabi.com/

『オーバーロード[第2期]』

【公式サイト】http://overlord-anime.com/

『ウマ娘 プリティーダービー』

プロジェクト)
【関連サイト】https://umamusume.jp/

『citrus』

【公式サイト】http://citrus-anime.com/

『グラゼニ』

【公式サイト】https://www.bs-sptv.com/gurazeni/

『おそ松さん[第2期]』

【公式サイト】http://osomatsusan.com/

『ラーメン大好き小泉さん』

【関連サイト】http://storia.takeshobo.co.jp/manga/koizumi/

『少女☆歌劇 レヴュー・スタァライト』

【公式サイト】http://revuestarlight.com/

『お酒は夫婦になってから』

【公式サイト】http://www.osakefufu-anime.jp/

第105回 80年代のきらめきと熱気 〜CAT’S EYE〜

 腹巻猫です。5月4日に中野サンプラザで開催される「資料性博覧会10」で、SOUNDTRACK PUBレーベル新譜「おはよう!スパンク 歌と音楽集」を先行販売します。TVアニメ『おはよう!スパンク』の主題歌・挿入歌と音楽を集大成した3枚組。放送当時発売された2枚のアルバムの復刻に加え、初商品化となるオリジナルBGMをたっぷり収録しました。また、3月に発売した「渡辺宙明コレクション ガードドッグ/おーい!太陽っ子」を渡辺宙明直筆サイン入りカード付きで頒布します(なくなり次第終了)。当日は会場内イベントスペースでは奉力萬さんと早川優さんによる「流用ライブラリ音楽の世界」というサントラファンには興味深いトークイベントも開催されます。お時間ありましたら、ぜひご来場ください。

「資料性博覧会10」公式ページ
https://mandarake.co.jp/information/event/siryosei_expo/


 昨年(2016年)4月に発売された「ニッポンの編曲家」(川瀬泰雄、吉田格、梶田昌史、田渕浩久著/DU BOOKS)という本を読んでいる。70年代から80年代に活躍したポップスのアレンジャーに焦点を当て、レコーディングに関わったミュージシャンやディレクターにも取材した労作だ。川口真、若草恵、星勝、武部聡志らアニメファンになじみ深い作曲家・編曲家も登場するし、サントラの録音にも数多く参加しているトランペッター数原晋やシンセサイザー・プログラマー松武秀樹のインタビューもある。そして、巻末には鷺巣詩郎の寄稿。70〜80年代の音楽制作現場の熱気に触れることができる貴重な証言集だ。同時期のアニメソングやアニメサントラの多くも、このような現場から生まれたのである。
 この本にたびたび名前が登場するのが、キーボード奏者&作・編曲家として活躍した大谷和夫である。
 残念ながら大谷和夫は2008年に他界。本書にインタビューは掲載されていないが、ミュージシャン仲間やディレクターの証言から、その仕事ぶりや人柄をうかがうことができる。
 今回は、大谷和夫の代表作のひとつ『CAT’S EYE』を取り上げよう。

 『CAT’S EYE』は1983年7月から日本テレビ系で放送されたTVアニメ作品。北条司の原作マンガを東京ムービー新社(現トムス・エンタテインメント)が映像化した。1984年3月まで36話が放映されたあと、中断を挟んで1984年10月から第2期37話が放映された。
 喫茶店を営む来生泪、瞳、愛の美人3姉妹。彼女たちのもうひとつの顔は、レオタードに身を包んで夜の街を駆け、美術品を盗み出す怪盗キャッツ・アイだ。キャッツ・アイを追う刑事・内海俊夫と瞳は恋人同士でありながら、追う者・追われる者という間柄。瞳の正体を知らない俊夫とキャッツ・アイとの虚虚実実のかけひきと追跡劇が繰り広げられる。
 スタイル抜群の美女3人組キャッツ・アイの華やかなアクションと俊夫を相手にしたユーモラスなやりとりが見どころ。杏里が歌う主題歌「CAT’S EYE」が大ヒットし、アニメ主題歌が歌謡曲のヒットチャート1位にランクインする先駆けとなった。
 この主題歌のアレンジと劇中音楽を手がけたのが大谷和夫である。「ニッポンの編曲家」の中に、「CAT’S EYE」のメロディとアニメの世界観にSHOGUNの世界観がぴったりだったので劇中音楽も含めて大谷和夫に発注した、という当時のディレクターの証言が紹介されている。
 そう、大谷和夫といえば、なによりSHOGUNである。1978年にギタリストの芳野藤丸を中心に結成され、TVドラマ「俺たちは天使だ!」の主題歌と音楽を担当して一躍注目されたバンド、SHOGUN。腕利きのスタジオ・ミュージシャンが集まったバンドとしても話題になった。1979年にはTVドラマ「探偵物語」でも主題歌と音楽を担当。同時期に登場したゴダイゴとともに、日本の映像音楽に新しい感性とサウンドをもたらしたグループである。SHOGUNは、1979年10月放送のTVアニメスペシャル『大恐竜時代』の音楽も手がけている。
 そのSHOGUNでキーボードとアレンジを担当していたのが大谷和夫だった。
 大谷和夫の詳しいプロフィールは定かでない。1946年生まれ、東京都出身。「ニッポンの編曲家」には「クラシックからジャズにいった人」という証言がある。大谷が音楽を担当したTVアニメ『わたしとわたし ふたりのロッテ』のサウンドトラックのライナーノーツには、プロフィールとして「フリーのジャズマンとしてフル・コンボ等を経験」と記載されている。ともかく、1978年のSHOGUN結成時には、スタジオ・ミュージシャン、アレンジャーとしてすでに活躍していた。
 アレンジャーとしての代表作は、SHOGUN「男達のメロディ」、西城秀樹「YOUNG MAN」、田原俊彦「恋=Do!」、杏里「CAT’S EYE」、本田美奈子「Temptation(誘惑)」、C-C-B「空想Kiss」、浅香唯「夏少女」など。他にも中山美穂、近藤真彦、山口百恵、中森明菜らの楽曲のアレンジを手がけた。
 作曲家としては、TVドラマ「セーラー服反逆同盟」(1986)、「ベイシティ刑事」(1987)、「火曜サスペンス劇場」「土曜ワイド劇場」などの2時間ドラマの音楽や、劇場作品「はいからさんが通る」(1987)、「恋子の毎日」(1988)などの音楽を担当。変わったところでは1992年に発表された京本政樹原作・脚本・監督・主演のビデオ特撮作品「髑髏戦士 ザ・スカルソルジャー 復讐の美学」の音楽を担当している。
 アニメ音楽では1982年の『ときめきトゥナイト』を皮切りに、『CAT’S EYE』(1983)、『ガラスの仮面』(1984)、『悪魔島のプリンス 三つ目がとおる』(1985)、『愛の若草物語』(1987)、『美味しんぼ』(1988)、『わたしとわたし ふたりのロッテ』(1991)等の音楽を担当。ドリーミングの「アンパンマンのマーチ」(最初に発表された1988年版)のアレンジも大谷の手になるものだ。80年代アニメ音楽クリエイターとして忘れてはならない作家のひとりである。

 大谷和夫の音楽は、歯切れのよいリズムとブラスやサックスのしゃれた使い方が印象的。70年代に活躍した映画音楽出身の作曲家やジャズ出身の作曲家のよくも悪くも泥臭いサウンドとは一線を画していた。軽快でカラッと明るく爽快感がある。それが80年代を予見したドラマ「俺達は天使だ!」や「探偵物語」にうまくハマった。『CAT’S EYE』もその流れを汲む作品である。
 『CAT’S EYE』のサウンドトラック・アルバムは1983年9月にフォーライフレコードから発売された。このアルバムは1度もCD化されていない。1984年11月に、第2期のサウンドトラック・アルバムが徳間ジャパンより発売されている。こちらは1985年3月に初CD化され、その後も何度か品番を変えて再発されている。
 2008年、ウルトラヴァイブ/ソリッドレコードより、「アニメ・ミュージック・カプセル」シリーズの1タイトルとして「キャッツ・アイ」と「キャッツ・アイ Season 2」が相次いで発売された。アニメ版第1作の音楽が聴けるCDはこれだけである。今回は、「アニメ・ミュージック・カプセル『キャッツ・アイ』」から紹介しよう。
 収録曲は以下のとおり。

[1] 01.『CAT’S EYE』(TVオープニング)(歌:杏里)
[2]02〜05.BGM(『CAT’S EYE』インストゥルメンタル)/M-1〜M-3、M-23
[3]06〜08.BGM(『Dancing with the sunshine』インストゥルメンタル)/M-4〜M-6
[4]09〜37.BGMコレクション/M-7〜M-22、M-24、M-26〜M-35、M-38、M-39
[5]38.予告編音楽(『CAT’S EYE』インストゥルメンタル)
[6]39.『Dancing with the sunshine』(TVエンディング1)(歌:杏里)
[7]40.『Dancing with the sunshine』(TVエンディング2)(歌:キャリー・リン)
[8]41.『CAT’S EYE』(レコード・ヴァージョン)(歌:杏里)
[9]42.『Dancing with the sunshine』(レコード・ヴァージョン)(歌:杏里)
[10]43.『Dancing with the sunshine』(レコード・ヴァージョン)(歌:キャリー・リン)

※[1]〜[10]はブロック番号。01〜43がトラック番号。

 1曲目にTVサイズ・オープニング主題歌。BGM集を挟んで、TVサイズ・エンディング主題歌(前期・後期)とレコードサイズ主題歌が並ぶ構成。
 BGMはこのシリーズのいつもの方式で、オープニング・アレンジ、エンディング・アレンジ、その他、と大きく3ブロックに分けた構成。各ブロック内はM-No.順になっている。アルバムとしての聴きやすさはまったく考慮されていないが、これはこれで潔い。M-No.順に聴きながら「どんな音楽メニューだったのだろう」と想像するマニアックな聴き方をする楽しみもある。
 M-1はオープニング主題歌のストレート・アレンジ。軽快なギターのカッティングに乗せてサックスがメロディを奏する。後半はブラスとサックスのアンサンブル。リフレインに入る前のギターのアドリブが超絶カッコいい。この曲はフォーライフ版アルバムには未収録。歌入りヴァージョンとはまた違うカッコよさが味わえる1曲である。
 M-2は一転して、オープニング主題歌のスローバラード風アレンジ。アコギにフルートのメロディ。シンプルな編成でしっとりと情感をかもしだす。サビから弦のメロディになり、リズムはラテン調に。意表をついた変化が心憎い。この曲も、リフレイン前にフルートのアドリブが入る。作曲家とスタジオ・ミュージシャンとが共同で曲作りをしていた様子がうかがえる録音だ。
 M-3はシンセサイザーとリズムセクション、ミュート・トランペットが奏でるコミカル・アレンジ。
 M-23は歌入りヴァージョンに準じたアップテンポのアレンジ。リフのように繰り返されるストリングスのクレシェンド・デクレシェンドが効果的だ。シモンズ(シンセドラム)のフィルインがこの時代ならではの音で楽しい。サックスのアドリブからクライマックスになだれ込むドラマティックな構成。この曲はフォーライフ盤では「CHANGING MY HEART」のタイトルで収録されている。
 続いてエンディング主題歌アレンジのブロック。
 M-4はアコギのカッティングと4つ打ちリズムの上でサックスがメロディを奏するディスコ風アレンジ。1コーラスのあとサックスのアドリブになる構成はM-1やM-23とと同様だ。巧みに挿入されるシンセサイザーのキラキラした音色が特徴的で、いかにも80年代サウンドという香りがする。
 M-5はチェレスタ風の音色が奏でるバラード・アレンジ。音数は少なめだが、思わず聴き入ってしまうような濃度の高いプレイが楽しめる曲だ。BGMのプレイヤーは明かにされていないが、おそらく、大谷和夫がいつも一緒にプレイしているミュージシャンを指名して、歌ものと同様の録音が行われたのだろう。
 M-6はM-3と同じスタイルのコミカル・アレンジ。
 次の曲から「BGMコレクション」と大きくくくられたブロックになる。収録曲数は29曲。
 M-7〜M-16は日常描写、情景描写曲。
 M-7はストリングスとフルートのアンサンブルが平和な日常を描写するカラフルでポップな曲。フォーライフ盤では「10¢ BAG」のタイトルで収録されている。
 デートやショッピングのシーンが浮かぶM-9もフルートとストリングス主体の明るい曲。フォーライフ盤タイトルは「WALKING LIGHTLY」。
 サックスが軽やかにメロディを奏でるM-9は「MELANCHOLY BABY」とタイトルが付けられた、ちょっともの憂い雰囲気の曲。今ではこういう曲も珍しくないが、アルバム発売当時は「アニメにこんな曲がつくようになったか」と思わせる大人びたサウンドだった。
 キラキラしたシンセとエレキギターによるM-11は80年代サウンド全開の爽やかなフュージョン曲。フォーライフ盤で付けられた「BREEZY&WINDY」という曲名も時代を感じさせる。
 M-17〜M-28はサスペンス曲、アクション曲。『CAT’S EYE』のアクションシーンを盛り上げた楽曲群である。
 フォーライフ盤で「MYSTERIOUS BOY」と名付けられたM-17はトライアングルのリズムの上でミュートしたギターとストリングスがスリリングなフレーズを奏でる曲。
 シンセとエレキギターが不安感をあおるM-18やサスペンス映画音楽風のM-19、「ピンチ!」または「悪の登場」という雰囲気のM-20など、このあたりは、刑事ドラマ・探偵ドラマを多く手がけた大谷和夫の映像音楽作家としての技が光る曲が続く。
 M-24はフォーライフ盤に「SWINGING SCANDALOUS」のタイトルで収録されているサックスとブラスによる危機感ただようアクション曲。キャッツ・アイと警察との追跡劇をイメージさせる緊迫感に富んだ曲だ。
 M-29〜M-32は心情描写曲。
 前半はクラリネット、後半は木管風のシンセがメロディを受け持つM-29は、おだやかで少し切ない印象の曲。揺れ動く心の描写やふと寂しさを感じる場面などによく合う曲調である。
 バイオリンが情感豊かに歌うM-30は悲しみや虚しさを描写する哀歌。フルートが奏でるもの憂いバラードM-31はフォーライフ盤で「ALL I WANT IS YOU」と名付けられた大人の愛の歌。そして、ストリングスがドラマティックに演奏するM-32は「LOVE FINALE」と名付けられたフランシス・レイのようなロマンティックな曲である。
 コミカルなシーンをイメージさせるM-33、M-34に続いて、M-35はシンセと木管楽器のアンサンブルによる神秘的なムードの曲。霧深い森や夜明けのイメージが浮かぶ静かな曲だ。ブロックを締めくくるM-38とM-39は、それぞれアイキャッチとサブタイトルの曲。
 以上でBGMコレクションは終わり。M-No.順に並んでいるだけだが、日常〜事件発生〜アクション〜苦い解決〜ふたたび日常、という雰囲気で聴けるのが面白い。
 最後の予告編音楽はM-1の編集。第2話(第3話予告)から使用されている(第1話で使用された曲は未収録)。

 本作のあと、大谷和夫は同じ枠で放送された『ガラスの仮面』の音楽を担当。オープニング&エンディング主題歌のアレンジも手がけた。少女マンガ原作の『ガラスの仮面』では、アイドル歌手のアレンジの仕事を思わせるポップな曲やリリカルな曲が多く、『CAT’S EYE』とはひと味違う大谷サウンドを聴くことができる。
 その後、大谷が『愛の若草物語』や『わたしとわたし ふたりのロッテ』などの名作アニメに起用されたのは少し意外だった。SHOGUNの仕事の印象が強いため、「合わないのでは?」と思ってしまうのだが、そんなイメージを振り払うすばらしい音楽を書いている。『愛の若草物語』の美しい女声スキャットの曲や『わたしとわたし ふたりのロッテ』のヨーロッパの香り漂う上品な音楽を聴くと、大谷和夫の原点がクラシックだったという証言もうなずける。実際、『わたしとわたし ふたりのロッテ』では、スタッフの意向で、バッハやブラームス、モーツァルトらの名曲をクラシカルな室内楽曲風にアレンジしている。
 大谷和夫が亡くなったのは2008年、61歳。音楽家としてはまだまだ活躍できる年齢であった。『ニッポンの編曲家』でも、多くのミュージシャンからその死を悼む声が寄せられている。
 大谷がアニメ音楽に携わった1980年代、スタジオでは日夜、凄腕のミュージシャンとアレンジャーたちが新しいサウンド、心ゆさぶるサウンドを作り出そうと苦闘を繰り広げていた。『CAT’S EYE』の音楽にはそんな時代の空気感が閉じ込められている。きらめく80年代サウンドに耳を傾けながら、当時のスタジオの熱気を感じ取ってほしい。

アニメ・ミュージック・カプセル「キャッツ・アイ」
Amazon

アニメ・ミュージック・カプセル「キャッツ・アイ Season2
Amazon

ニッポンの編曲家
Amazon

アニメスタイル通信[053] 最近のトークイベントとオールナイト

 こんにちは。久しぶりのアニメスタイル通信です。このふた月ほどのイベントを振り返ることにしましょう。

 3月25日(土)にはオールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクションVol. 91 今 敏監督の”感染する”サイコサスペンス『妄想代理人』」を開催しました。今 敏監督の劇場作品中心のプログラムは何度か企画しましたが、TVシリーズ『妄想代理人』を上映したのは、新文芸坐とアニメスタイルのオールナイトではこれが初めて。実は以前から、新文芸坐サイドから提案していただいていた企画でもあります。トークのゲストは音響監督の三間雅文さん(写真・左)、演出の平尾隆之さん(写真・右)。今監督と作品の思い出を語っていただきました。
 お客さんは若い方が多く、半数くらいの方が『妄想代理人』の鑑賞が初めてでした。作品との出会いの場を作れたことを嬉しく思います。

 4月2日(日)にはトークイベント「第129回アニメスタイルイベント ANIMATOR TALK 亀田祥倫」を開催。『モブサイコ100』『ワンパンマン』などで知られるアニメーターの亀田祥倫さん(写真・右)が主役のイベントです。もう1人のゲストは『デス・パレード』『モブサイコ100』の立川譲監督(写真・左)。亀田さんらしい盛り沢山で、楽しいトークとなりました。来場者全員に配られた「亀田さん入魂! のプレゼント」はかなりスペシャルなものでしたよ。

 先週末の4月29日(土)にはオールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクションVol. 92 吉浦康裕の世界」を開催しました。近作である『日本アニメ(ーター)見本市』の「POWER PLANT No.33」「ヒストリー機関」「機動警察パトレイバーREBOOT」を含む吉浦康裕さんの監督作品の7本立てでした。2014年開催の吉浦監督作品のオールナイトでは『イヴの時間』の「劇場版」を上映しましたが、今回は監督の要望もあって「オリジナル版」を上映。トークのゲストは勿論、吉浦康裕監督。『日本アニメ(ーター)見本市』など、個々の作品についてたっぷり語ってもらいました。

 5月のトークイベントは5月3日(水・祝)に「第130回アニメスタイルイベント アニメ様のイベント 雑誌デザインのこだわり編」を、5月21日(日)に「第131回アニメスタイルイベント 長濵博史、THE REFLECTIONを語る!!」を開催。「アニメ様のイベント」では「アニメスタイル011」の先行発売も予定しています。5月のオールナイトについても、近々に告知できると思います。よろしくお願いします。

 今回の「アニメスタイル通信」はここでおしまいです。「アニメスタイル通信」は編集長の小黒とアニメスタイル編集部スタッフでお届けしています。

■INFORMATION
 このコーナーでは「アニメスタイルチャンネル」の配信予定、アニメスタイルの出版物、イベント等の情報をお届けします。

[お知らせ]
「アニメスタイル009」乱丁本の交換につきまして
http://animestyle.jp/news/2016/07/22/10321/

[新刊情報]
「アニメスタイル011」は5月11日発売! 巻頭特集は『ユーリ!!! on ICE』
http://animestyle.jp/news/2017/04/25/11173/

「吉成曜画集 ラクガキ編[手塚治虫キャラクター]」刊行 短編アニメーションを収録したBlu-ray付き!
http://animestyle.jp/news/2017/03/17/11072/

『ユーリ!!! on ICE』『彼氏彼女の事情』の平松禎史 初の作品集「平松禎史 アニメーション画集」が発売!
http://animestyle.jp/news/2017/02/28/11027/

資料集「フリクリ アーカイブス」が11月22日に発売!!
http://animestyle.jp/news/2016/11/15/10743/

[アニメスタイル・イベント]
2017年5月3日(水・祝)
第130回アニメスタイルイベント アニメ様のイベント 雑誌デザインのこだわり編
http://animestyle.jp/2017/04/24/11168/

2017年5月21日(日)
第131回アニメスタイルイベント 長濵博史、THE REFLECTIONを語る!!
http://animestyle.jp/2017/04/28/11184/

[アニメスタイル ONLINE SHOP]
「平松禎史 アニメーション画集」 、「吉成曜画集 ラクガキ編」、「アニメスタイル」バックナンバー、『カードキャプターさくら』資料集、「少女革命ウテナ画集 The hard core of UTENA」等、アニメスタイルの書籍を販売中です。
http://animestyle.jp/shop/

■LINK
WEBマガジン「WEBアニメスタイル」
http://animestyle.jp

配信&メルマガ「アニメスタイルチャンネル」
http://ch.nicovideo.jp/animestyle

通販サイト「アニメスタイル ONLINE SHOP」
http://animestyle.jp/shop/

第512回 ミルパンセの歩み

 (前回のつづき)で、南阿佐ヶ谷のワンルームに白石と自分、そして専門学校の新卒2人でスタートしたミルパンセ。どこかの会社から何人か引っこ抜いて作った会社ではないため、最初は俺がライデンフィルムやフッズエンタテインメントやMAPPAで監督やって走り回ってる傍ら、新人・三宅舞子さんの動画から面倒を見て、第16面の温泉卓球回で半分原画、裏面(特典)のトマリンとボーリック星人回でメイン原画(実は板垣の作監修正はほとんどのってません)、第3期になると彼女に渡す話数はほぼ全面的にお任せになっていきました。その頃ミルパンセは「制作協力」のクレジットで、そーこーしてる間にスタジオも田無に移転し、宮村明さん、鴨田航くんら新人を数名増やして2年めに突入。『人生』や『Wake Up, Girls!(第1期)』をやってる頃、『てーきゅう(第4期)』&『高宮なすのです!』の話がきたと記憶してます。と同時期に『Wake Up, Girls!(第2期・青春の影/Beyond the Bottom)』の共同制作の話がきた事により、新人育成の場を田無に残し、荻窪に出張。その荻窪で面接をして採用になったのが菅原美幸さん(現在『Wake Up, Girls! 〜新章』のキャラクターデザイン担当)で、線も綺麗で形もしっかりとれてたので『てーきゅう』『なすの』『WUG!』の動画チェックを任せ、「人に教えられるようになりたい」との自身の希望もあり、新人動画の指導もお願いすることになりました。そしてまた数名の新人を採用したところで、田無にもう少し広い物件を探してたらなぜか武蔵関にたどり着き3年め。『てーきゅう』第5〜7期、『ベルセルク(第1期)』へ続きます。新人が原画・動画をやり、三宅・菅原で作監(作画チーフ)体制へ。
 そして4年めの去年、

 ペーパレス!! 最初5人にデジタル作画の研修を受けにいってもらい、戻ってきて社内のスタッフに教えてもらおうと! 数名ずつ1年かけてゆっくりと考えていたのですが、数日間皆の様子を見ていたところ、アナログ組がたった5人のデジタル組より圧倒的に分が悪い事が分かり、全員一気にデジタル作画へ切り替えました。そーゆー決断は即決です、我々!

50〜100人以上になると、一気にPCを揃えるなぞ我が社の財政的に絶対無理!
20人前後の時に多少無理してでも切り替えた方が後で楽になるはず!!

と。よって『てーきゅう(第7期)』途中から紙と鉛筆は使わずデジタル作画です! ちなみに『てーきゅう』は第4期から「制作元請け」、第8期と『うさかめ』は「製作」になりました。
 そんなわけでミルパンセの成長の傍らにはいつも『てーきゅう』があるのです! 次は何やろーかな? と。

【情報局】新作アニメピックアップ[TV編]170426
クラフター×Hulu『ソウタイセカイ』配信

 『ソウタイセカイ』がHuluにて配信スタート。前編は4月28日(金)より、後編は5月5日(金)より各々配信予定。企画・制作はクラフター(元・スティーブンスティーブン)。『花とアリス殺人事件』でCGディレクターを務め、『新世紀いんぱくつ。』を監督した櫻木優平の新作だ。
 4月29日(土)には、『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス[第2期]』の最終25話がいよいよ放映。TOKYO MXの放映を皮切りに、BS11ほかにて順次放映となる。

 特番にも注目。アニメ100年に合わせNHKが展開する連続企画「ニッポンアニメ100」。その特集番組が5月3日(水)午後8時よりBS1にて放送になる。題して「発表!あなたが選ぶアニメ ベスト100」。なんと3時間の生放送だ。WEB投票による「ベスト・アニメ100」の結果発表が披露される。それに合わせ、3~7日には上位作品のセレクト放送も予定されているという。

2017年4月28日(金)

『ソウタイセカイ』

※Huluにて配信
【公式サイト】http://www.soutaisekai.jp

2017年4月29日(土)

『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス[第2期]』

最終話
午後9時30分~(TOKYO MX)他、順次放映予定
【公式サイト】http://toz-thex-anime.tales-ch.jp/

2017年5月10日(水)

『遊☆戯☆王VRAINS』

午後6時25分~(テレビ東京系列)
【公式サイト】http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/yugioh-vrains/

2017年5月28日(日)

『“栄光なき天才たち”からの物語陸上」』

午後11時~(NHK BS1)
【関連サイト】http://www6.nhk.or.jp/anime/topics/detail.html?i=4485

2017年6月

『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』

※ガンダムファンクラブにて独占先行配信
【公式サイト】http://g-twilight-axis.net/

2017年7月

『DIVE!!』

【公式サイト】http://www.dive-anime.com/

『最遊記 RELOAD BLAST』

【公式サイト】http://saiyuki-rb.jp/

『活劇/刀剣乱舞』

【公式サイト】http://katsugeki-touken.com/

『地獄少女  宵伽[第4期]』

【公式サイト】http://www.jigokushoujo.com/

『はじめてのギャル』

【公式サイト】http://hajimete-no-gal.jp/

『天使の3P!』

【公式サイト】http://www.tenshi-no-3p.com/

『ナナマル サンバツ』

【公式サイト】http://7o3x.com/

『RWBY Volume 1-3: The Beginning』※『RWBY』

VOLUME1~3<日本語吹替版>を特別編集
【公式サイト】http://rwby.jp/

『Fate/Apocrypha』

【公式サイト】http://fate-apocrypha.com/

『将国のアルタイル』

【公式サイト】http://project-altair.com/

『18if』

【公式サイト】http://18if.jp/

『ゲーマーズ!』

【公式サイト】http://www.gamers-anime.com/

『メイドインアビス』

【公式サイト】http://miabyss.com/

『捏造トラップ』

【公式サイト】http://netsuzoutrap.com/

『THE REFLECTION WAVE ONE』

【公式サイト】http://thereflection-anime.net/

『カイトアンサ』

【公式サイト】http://kaitoansa.com/

『妖怪アパートの幽雅な日常』

【公式サイト】http://youapa-anime.jp/

『森の妖精 キノコの娘』

【公式サイト】http://kinokomusume.com/kinokonoko/

『ボールルームへようこそ』

【公式サイト】http://www.ballroom-official.jp/

『NEW GAME![第2期]』

【公式サイト】http://newgame-anime.com/

『アクションヒロイン チアフルーツ』

【公式サイト】http://www.tbs.co.jp/anime/cfru/

『セントールの悩み』

【公式サイト】http://centaur-anime.com/

『コンビニカレシ』

【公式サイト】http://www.tbs.co.jp/anime/konbini/

『戦姫絶唱シンフォギアAXZ[第4期]』

【公式サイト】http://www.symphogear-axz.com/

『ひとりじめマイヒーロー』

【公式サイト】http://hitorijime-myhero.com/

2017年夏

『バトルガール ハイスクール』

【関連サイト】http://colopl.co.jp/battlegirl-hs/anime/

『ひなろじ~from Luck & Logic~』

【公式サイト】http://hinalogic.com/

『アホガール』

【公式サイト】http://ahogirl.jp/

『徒然チルドレン』

【公式サイト】http://tsuredure-project.jp/

『恋と噓』

【公式サイト】http://koiuso-anime.com/

『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』

【関連サイト】http://www.dlife.jp/news/

『潔癖男子!青山くん』

【公式サイト】http://kda-anime.com/

『バチカン奇跡調査官』

【公式サイト】http://kisekichosakan.jp/

『直感×アルゴリズム♪』

【公式サイト】http://project-algorhythm.com/

『賭ケグルイ』

【公式サイト】http://kakegurui-anime.com/

『魔法陣グルグル』

【公式サイト】http://guruguru-anime.jp/

『終物語』

まよいヘル」ひたぎランデブー」おうぎダーク」※〈物語〉シリーズ
【公式サイト】http://www.monogatari-series.com/owarimonogatari/

『時間の支配者』

【公式サイト】http://chronosruler.jp/

『プリンセス・プリンシパル』

【公式サイト】http://www.pripri-anime.jp/

『クリオネの灯り』

【公式サイト】http://clionenoakari.com/

『異世界はスマートフォンとともに。』

【公式サイト】http://isesuma-anime.jp/

『ナイツ&マジック』

【公式サイト】http://knights-magic.com/

『ROBOMATERS THE ANIMATED SERIES』

【公式サイト】http://anime.robomasters.com/

『てーきゅう[第9期]』

【公式サイト】http://te-kyu.com/

『異世界食堂』

【公式サイト】http://isekai-shokudo.com/

『むさしの!』

【公式サイト】https://www.musasi-no.com

2017年10月

『いぬやしき』

【公式サイト】http://www.inuyashiki-project.com/

『結城友奈は勇者である[第2期]』

【公式サイト】http://yuyuyu.tv/

『Infini-T Force』

【公式サイト】http://www.infini-tforce.com/

『魔法使いの嫁』

【公式サイト】http://mahoyome.jp/

『鬼灯の冷徹 第弐期』

【公式サイト】http://www.hozukino-reitetsu.com/

『TSUKIPRO THE ANIMATION』

【公式サイト】http://tsukipro-anime.com/

『3月のライオン[第2シリーズ]』

【公式サイト】http://3lion-anime.com/

『クジラの子らは砂上に歌う』

【公式サイト】http://kujisuna-anime.com/

『UQ HOLDER! 魔法先生ネギま!2』

【公式サイト】http://uqholder.jp/

『イナズマイレブン アレスの天秤』

【関連サイト】http://www.inazuma.jp/ares/

『ポプテピピック』

【公式サイト】http://hoshiiro.jp/

『クラシカロイド[第2シリーズ]』

【公式サイト】http://www.nhk.or.jp/anime/classica/

『Code:Realize ~創世の姫君~』

【公式サイト】http://coderealize-anime.com/

2017年秋

『Dies irae』

【公式サイト】http://diesirae-anime.com/

『フルメタル・パニック!IV』

【公式サイト】http://www.tdd-1.com/iv/

『ラブライブサンシャイン』

2期
【公式サイト】http://www.lovelive-anime.jp/uranohoshi/

『されど罪人は竜と踊る』

【関連サイト】http://gagagabunko.jp/information/index.html

『戦刻ナイトブラッド』

【関連サイト】http://senbura.jp/

『干物妹!うまるちゃん[第2期]』

【公式サイト】http://umaru-ani.me/

『アニメガタリズ』

【公式サイト】http://animegataris.com/

2017年冬

『Fate/EXTRA Last Encore』

【公式サイト】http://fate-extra-lastencore.com/

2018年1月

『カードキャプターさくら クリアカード編』

【関連サイト】http://ccsakura-official.com/

『恋は雨上がりのように』

【公式サイト】http://www.koiame-anime.com/

『刀剣乱舞 ―花丸―[第2期]』

【公式サイト】http://touken-hanamaru.jp/

2018年初春

『DEVILMAN crybaby』

※Netflixにて独占配信
【公式サイト】http://devilman-crybaby.com/

2018年冬

『サンリオ男子』

【公式サイト】http://sdan-anime.com/

放映予定

師匠シリーズ

【公式サイト】http://www.damnedmaster.com/

『神撃のバハムート マナリアフレンズ』

【公式サイト】http://manaria.jp/

『ISLAND』

【関連サイト】http://never-island.com/

『戦姫絶唱シンフォギア[第4期]』
『戦姫絶唱シンフォギア[第5期]』

【公式サイト】http://www.symphogear-gx.com/

『ノラと皇女と野良猫ハート』

【公式サイト】http://nora-anime.net/

『七つの大罪』

新作TVシリーズ
【公式サイト】http://www.7-taizai.net/

『ワンパンマン[第2期]』

【公式サイト】http://onepunchman-anime.net/

『明治東亰恋伽』

【関連サイト】http://meikoi-vita.com/

『ハイスクールD×D』

新シリーズ
【関連サイト】http://www.fujimishobo.co.jp/sp/201104highschool/

『大正ちっちゃいさん』

【関連サイト】http://www.holicworks.jp/

『バキ』

【関連サイト】http://baki.akitashoten.co.jp/

『血界戦線&BEYOND[第2期]』

【公式サイト】http://kekkaisensen.com/

『Wake Up, Girls! 新章』

【公式サイト】http://wakeupgirls3.jp/

『ドリフェス! 2ndシーズン』

【公式サイト】http://anime.dream-fes.com/

『DAYS』

東院学園戦
【公式サイト】http://days-project.jp/

『LOST SONG』

【公式サイト】http://lost-song.com/

『DYNAMIC CHORD』

【公式サイト】http://www.tbs.co.jp/anime/DC/

『十二大戦』

【公式サイト】http://12taisen.com/

『三ツ星カラーズ』

【公式サイト】http://mitsuboshi-anime.com/

『キノの旅 the Beautiful World』

【関連サイト】http://kinonotabi.com/

『オーバーロード[第2期]』

【公式サイト】http://overlord-anime.com/

『ウマ娘 プリティーダービー』

プロジェクト
【関連サイト】https://umamusume.jp/

『citrus』

【公式サイト】http://citrus-anime.com/

『グラゼニ』

【公式サイト】https://www.bs-sptv.com/gurazeni/

『おそ松さん[第2期]』

【公式サイト】http://osomatsusan.com/

『ラーメン大好き小泉さん』

【関連サイト】http://storia.takeshobo.co.jp/manga/koizumi/

「アニメスタイル011」は5月11日発売! 巻頭特集は『ユーリ!!! on ICE』

 お待たせしました。雑誌「アニメスタイル011」が2017年5月11日に発売となります。

 「アニメスタイル011」の巻頭特集は、人気沸騰中の『ユーリ!!! on ICE』です。大塚学プロデューサーへのインタビューと、キャラクターデザイの平松禎史さんをはじめとする制作スタッフによる座談会で制作秘話を語っていただきました。フィギュアスケートシーンを中心に原画もたっぷり掲載。表紙は平松さんによる描きおろしです。

 他の特集は『フリップフラッパーズ』、『オカルティック・ナイン』、『終末のイゼッタ』。いずれも取材と原画などの資料がたっぷり。さらに『響け!ユーフォニアム2』で監督の石原立也さん、シリーズ構成の花田十輝さんのインタビューを掲載。
 価格は1700円(税別)。「アニメスタイル011」は全国の書店、アニメショップで販売されます。確実にお求めになりたい方には事前の予約をお勧めします。

■リンク
アニメスタイル010[Amazon]
https://www.amazon.co.jp/dp/4802151543/style0b-22/ref=nosim

■書籍データ
書名/「アニメスタイル011」
サイズ/B5
価格/1700円+税
発売日/2017年5月11日(木)
編集/アニメスタイル編集部
発行/株式会社スタイル

アニメ本・聞いた・見た・買った(256)
今年も登場! 『名探偵コナン』シークレットアーカイブス

 6月末に「湖川友謙 サンライズ作品画集(仮題)」が発売になることが明らかになった。版元は一迅社。A4判ハードカバー、函入。タイトルどおり、『無敵鋼人ダイターン3』から、『伝説巨神イデオン』『戦闘メカ ザブングル』『聖戦士ダンバイン』と続く作品での湖川友謙による画稿をまとめたものだ。湖川のロングインタビューも収録されるという。彼の硬質で立体感のある絵柄は、当時、多くの人に衝撃を与えた。税込み5000円を超える高額商品だが、今から期待したい。

 さて、ゴールデンウィークにかかるとあって、4月下旬から5月上旬にかけてはアニメ関連書の刊行も控えめ。
 注目は2日発売予定の「NARUTO TVアニメプレミアムブック NARUTO THE ANIMATION CHRONICLE」(集英社)。TVアニメ『NARUTO』完結を受けて、豪華2セットでの刊行だ。
 もうひとつが「名探偵コナン 服部平次&遠山和葉 シークレットアーカイブス 劇場版『から紅の恋歌』ガイド」(小学館)。劇場版『から紅の恋歌』公開に合わせ、昨年の「赤井秀一&安室透」に続く、シークレットアーカイブスの第2弾だ。今度は服部平次と遠山和葉のコンビに焦点を当てる。2人のTVシリーズ登場エピソードガイドや、堀川りょうと宮村優子の対談など、平次&和葉づくしで迫る。劇場版の情報も充実しているという。5月8日頃発売予定
 ここで紹介した本は刊行ずみのものを除き、タイトル、発売日、価格等すべて予定で、変更の可能性がある。購入にあたっては、その点に留意してほしい。(B)

2017年4月発売の本

マンガ・アニメで論文・レポートを書く 「好き」を学問にする方法/山田奨治編著

ミネルヴァ書房/A5/2800円 ISBN : 9784623079421

4月20日
[Amazon]

モビルスーツ全集12 パイロット別専用機BOOK

双葉社/B5/1400円 ISBN : 9784575465013

4月22日
[Amazon]

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック2

角川書店/B5/3500円 ISBN : 9784041054499

4月26日
[Amazon]

MIYATAKE KAZUTAKA MEGA DESIGNER CREATED MEGA STRUCTURES

ホビージャパン/A4/4300円 ISBN : 9784798614243

4月28日
[Amazon]

ポッピンQプロダクションノート THE BEGINNING OF THE YOUTH

メディアパル/A4/6000円 ISBN : 9784802191692

4月28日
[Amazon]

ピアシェ~私のイタリアン~ DVD+オフィシャルブックセット 下巻

ポニーキャニオン/B6/1980円 ISBN : 9784865292503

4月28日
[Amazon]

/9784087925159

2017年5月発売の本

NARUTO TVアニメプレミアムブック NARUTO THE ANIMATION CHRONICLE 天/地

集英社/A4/各2500円 ISBN : 9784087925142

5月2日
[Amazon]

名探偵コナン 服部平次&遠山和葉 シークレットアーカイブス 劇場版『から紅の恋歌』ガイド

小学館/B5/1800円 ISBN : 9784091990471

5月8日
[Amazon]

日本アニメ(ーター)見本市資料集Vol.3 カセットガール全記録全集

日本アニメ-ター見本市有限責任事業組合/不明/3500円 ISBN : 9784905033158

5月12日
[Amazon]

香川久×馬越嘉彦 バトルヒロイン作画&デザインテクニック

玄光社/不明/2000円 ISBN : 9784768308561

5月13日
[Amazon]

Wataru Hatano 5th Anniversary Artist Book Grateful

角川書店/B5/3200円 ISBN : 9784041051603

5月17日
[Amazon]

1983年のロボットアニメ(仮)

双葉社/B5/1500円 ISBN : 9784575465020

5月22日
[Amazon]

劇場版「BLAME!」弐瓶勉描きおろし設定資料集

講談社/B5/2685円 ISBN : 9784063650198

5月22日
[Amazon]

ユーリ!!! on ICE 公式ガイドブック ユーリ!!! on Life

扶桑社/A4/1850円 ISBN : 9784594611583

5月26日
[Amazon]

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック3

角川書店/B5/3500円 ISBN : 9784041054505

5月26日
[Amazon]

安田朗 ガンダムデザインワークス

一迅社/A4/3300円 ISBN : 9784758015509

5月27日
[Amazon]

劇場版 黒執事 Book of the Atlantic 原画資料集

スクウェア・エニックス/不明/2666円 ISBN : 9784757553637

5月27日
[Amazon]

夜明け告げるルーのうた アートブック

一迅社/B5変/1600円 ISBN : 9784758015479

5月31日
[Amazon]

ユーリ!!! on ICE公式ファンブック GO YURI GO!!!

主婦と生活社/不明/1800円 ISBN : 9784391640397

5月31日
[Amazon]

2017年6月以降発売の本

身体のリアル/押井守、最上和子

角川書店/不明/1800円 ISBN : 9784047345652

6月16日
[Amazon]

テレビ番組海外展開60年史 文化交流とコンテンツビジネスの狭間で/大場吾郎

人文書院/不明/3800円 ISBN : 9784409230572

6月20日
[Amazon]

TVアニメ最遊記RELOAD BLAST オフィシャルプレリュードブック

一迅社/不明/1300円 ISBN : 9784758032827

6月24日
[Amazon]

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック4

角川書店/B5/3500円 ISBN : 9784041054512

6月26日
[Amazon]

湖川友謙 サンライズ作品画集

一迅社/不明/4900円 ISBN : 9784758015547

6月30日
[Amazon]

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック5

角川書店/B5/3500円 ISBN : 9784041054529

7月26日
[Amazon]

ACCA13区監察課 背景美術画集

スタジオPablo/不明/2500円 ISBN : 9784802191746

7月28日
[Amazon]

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック6

角川書店/B5/3500円 ISBN : 9784041054536

8月26日
[Amazon]

第511回 てぇ……キュウ

『てーきゅう』第9期決定!!

らしいです。「らしい」というのは正式に決定の話を聞いたのが3月後半だからで、今大急ぎでキービジュアル制作中。こないだ俺がレイアウトを描き、現在原画以降を社内の若手にお任せ!
 思えばこの『てーきゅう』シリーズはミルパンセの歴史です。当時「某シリーズの続編待機状態」な頃、そのシリーズがポシャッた事で急遽手空きになった自分のところに、(当時)MAPPA・丸山正雄様より「ウチに来い、仕事はある!」的な電話をいただき、始まったのが第1期『てーきゅう』でした。超低予算アニメのため、てゆーか1期は今よりもっと安かったので、

コンテから原画、動画まで「自分でやるしかなかった」シリーズ!

です。続いて「2期、3期(2クール)できないか?」とダックスさんからMAPPAさんに話があり、丸山様は「板垣がやりたいなら」と仰ったと聞いてます。その頃、白石はミルパンセを起こしてて、俺自身はミルパンセとMAPPAとライデンフィルムとフッズエンタテインメントと、青梅街道を行ったり来たりしてました。ミルパンセも最初、南阿佐ヶ谷のワンルームで——。

新作アニメピックアップ[劇場編]20170420
『FAIRY TAIL』劇場第3作が登場 原作者のオリジナルストーリー

 いよいよゴールデンウィーク突入。劇場アニメもまだまだ公開ラッシュが続くぞ。

 まずは「あにめたまご2017」のレイトショーの話題から。文化庁が支援する若手アニメーター等育成事業はすっかり定着。テアトル新宿にて4月22日(土)から1週間、レイトショーが催される。4作品はそれぞれテイストも狙っている視聴層も違い、技法もバラエティに富んでいる。育成事業ではあるが、一方でアニメの見本市的な性格もあるのだ。

 同じく22日(土)からスタートするのが『劇場版 Free!-Timeless Medley- 絆』。TVシリーズ『Free!』の総集編前編だ。

 翌週28日(土)からは、『映画 かみさまみならい ヒミツのここたま 奇跡をおこせ♪ テップルとドキドキここたま界』が公開スタート。人気TVアニメ『かみさまみならい ヒミツのここたま』の劇場版新作だ。ヒロイン・こころとラキたま達は、ここたま界へと招待されるが、そこで異変が……。併映は『たまごっち ヒミツのおとどけ大作戦!』。

 5月に入って、6日(土)からは『劇場版 FAIRY TAIL DRAGON CRY』が公開。劇場版第3作となる今回は、原作者・真島ヒロが総合プロデュースを務め、魔法の杖・ドラゴンクライを巡るオリジナルストーリーを紡ぎ出した。激しいバトルの中、主人公・ナツの秘めたる力がついに明らかに!? 監督の南川達馬はこれが初監督となる。制作はA-1 Pictures。

公開中

『映画 クレヨンしんちゃん 襲来!! 宇宙人シリリ』

【公式サイト】http://www.shinchan-movie.com/

『名探偵コナン から紅の恋歌』

【公式サイト】http://www.conan-movie.jp/

『結城友奈は勇者である ―鷲尾須美の章―』第1章「ともだち」
『結城友奈は勇者である ―鷲尾須美の章―』第2章「たましい」

※全3章
【公式サイト】http://yuyuyu.tv/

『映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち THE GREAT RACE』

【公式サイト】http://movie2017.thomasandfriends.jp/

『夜は短し歩けよ乙女』

【公式サイト】http://kurokaminootome.com/

『おそ松さん 春の全国大センバツ上映祭』

※完全オリジナルショートエピソードを加えた劇場オリジナル編集版。4月6日(木)より6劇場にて先行上映
「おそ松部屋」「カラ松部屋」「チョロ松部屋」「一松部屋」「十四松部屋」「トド松部屋」
【公式サイト】http://osomatsusan.com/senbatsu/

『レゴバットマン ザ・ムービー』

【公式サイト】http://wwws.warnerbros.co.jp/legobatmanmovie/

『モアナと伝説の海』

【公式サイト】http://www.disney.co.jp/movie/moana.html

『劇場版しまじろうのわお! しまじろうとにじのオアシス』

【公式サイト】http://kodomo.benesse.ne.jp/open/movie/2017-oasis/

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』

【公式サイト】http://wwws.warnerbros.co.jp/hirunehime/

『映画 プリキュア ドリームスターズ!』

【公式サイト】http://www.precure-dreamstars.com/

『黒子のバスケ THE LAST GAME』

【公式サイト】http://kurobas-lg.com/

『SING』

【公式サイト】http://sing-movie.jp/

『オーバーロード 劇場版総集編 後編 漆黒の英雄』
『オーバーロード 劇場版総集編 前編 不死者の王』

【公式サイト】http://overlord-anime.com/

『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』

【公式サイト】http://doraeiga.com/2017/

『劇場版 プリパラ み~んなでかがやけ! キラリン☆スターライブ!』

【公式サイト】http://pp-movie.com/

『劇場版 ソードアート・オンライン ―オーディナル・スケール―』

【公式サイト】http://sao-movie.net/

『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』

【公式サイト】http://goemon-ishikawa.com/

『この世界の片隅に』

【公式サイト】http://www.konosekai.jp/

『君の名は。』

【公式サイト】http://kiminona.com/

2017年4月22日(土)

『劇場版 Free!-Timeless Medley- 絆』

【公式サイト】http://tm.iwatobi-sc.com/

『ちゃらんぽ島の冒険』
『RedAsh -GEARWORLD-』
『げんばのじょう』
『ずんだホライずん』

※あにめたまご2017
【公式サイト】http://animetamago.jp/

2017年4月28日(金)

『映画 かみさまみならい ヒミツのここたま 奇跡をおこせ♪ テップルとドキドキここたま界』
『映画 たまごっち ヒミツのおとどけ大作戦!』

【公式サイト】http://www.eiga-coco-tama.com/

2017年5月6日(土)

『劇場版 FAIRY TAIL DRAGON CRY』

【公式サイト】http://gaga.ne.jp/FT.DC/

2017年5月13日(土)

『ブレイブウィッチーズ』

第13話 ペテルブルグ大戦略 ※イベント上映
【公式サイト】http://w-witch.jp/

2017年5月19日(金)

『夜明け告げるルーのうた』

【公式サイト】http://lunouta.com/

2017年5月20日(土)

『BLAME!』

※2週間限定劇場上映
【公式サイト】http://www.blame.jp/

2017年5月27日(土)

『BIOHAZARD:VENDETTA』

【公式サイト】http://biohazard-vendetta.com/

2017年6月10日(土)

『KING OF PRISM -PRIDE the HERO-』

【公式サイト】http://kinpri.com/

2017年6月17日(土)

『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』

【公式サイト】http://mahouka.jp/

2017年6月24日(土)

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』

第二章 発進篇(全七章)
【公式サイト】http://yamato2202.net/

2017年7月1日(土)

『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』

【公式サイト】http://anpan-movie.com

『劇場版 Free!-Timeless Medley- 約束』

【公式サイト】http://tm.iwatobi-sc.com/

2017年7月8日(土)

『結城友奈は勇者である ―鷲尾須美の章―』

第3章「やくそく」 ※全3章
【公式サイト】http://yuyuyu.tv/

『メアリと魔女の花』

【公式サイト】http://www.maryflower.jp/

2017年7月15日(土)

『劇場版 ポケットモンスター キミにきめた!』

【公式サイト】http://www.pokemon-movie.jp/

『カーズ クロスロード』

【公式サイト】http://www.disney.co.jp/movie/cars-crossroad.html

『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』

【公式サイト】http://ngnl.jp/

2017年7月21日(金)

『劇場版 生徒会役員共』

【公式サイト】http://king-cr.jp/special/seitokai_G/

『怪盗グルーのミニオン大脱走』

【公式サイト】http://minions.jp/

2017年7月22日(土)

『魔法少女リリカルなのは Reflection』

【公式サイト】http://www.nanoha.com/

2017年8月18日(金)

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

【公式サイト】http://www.uchiagehanabi.jp/

2017年8月19日(土)

『魔法使いの嫁 星待つひと 後篇』

【公式サイト】http://magus-bride.jp/

2017年8月25日(金)

『映画くまのがっこう パティシエ・ジャッキーとおひさまのスイーツ』
『ふうせんいぬティニー なんだかふしぎな きょうりゅうのくに』

【公式サイト】http://jackie-tinny-movie.com/

2017年8月

『きみの声をとどけたい』

【公式サイト】http://kimikoe.com/movie/

2017年夏

『劇場版プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い』

【公式サイト】http://anime.prisma-illya.jp/

『ブレンダンとケルズの秘密』

【公式サイト】http://secretofkells.com/

2017年秋

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激戦 ルウム会戦』

※イベント上映
【公式サイト】http://www.gundam-the-origin.net/

『機動戦士ガンダム サンダーボルト』

第2シーズン劇場版
【公式サイト】http://gundam-tb.net/

『Dance with Devils -Fortuna-』

【公式サイト】http://dwd-movie.com/

『DC Super Heroes vs 鷹の爪団』

【公式サイト】http://dc-taka.com/

『特別版 Free!-Take Your Marks-』

※新作
【公式サイト】http://tym.iwatobi-sc.com/

『劇場版総集編 青葉城西高校戦 ハイキュー!! 才能とセンス』

【公式サイト】http://www.j-haikyu.com/anime/

『劇場版総集編 白鳥沢学園高校戦 ハイキュー!! コンセプトの戦い』

【公式サイト】http://www.j-haikyu.com/anime/

『劇場版 響け!ユーフォニアム2』

【公式サイト】http://anime-eupho.com/

『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション1』

※3部作
【公式サイト】http://eurekaseven.jp/

『レゴ ニンジャゴー ザ・ムービー』

【公式サイト】http://wwws.warnerbros.co.jp/legoninjagomovie/

2017年10月14日(土)

『劇場版 Fate/stay night[Heaven's Feel]I.presage flower』

※全3章
【公式サイト】http://www.fate-sn.com/hf/

2017年11月11日(土)

『劇場版 はいからさんが通る 前編 ~紅緒、花の17歳~』

【公式サイト】http://haikarasan.net/

2017年11月

『GODZILLA 怪獣惑星』

第一章 ※全3部作
【公式サイト】http://godzilla-anime.com/

2017年12月9日(土)

『ガールズ&パンツァー 最終章』

第1話 ※全6話
【公式サイト】http://girls-und-panzer.jp/

2017年12月23日(土)

『リメンバー・ミー』

【関連サイト】http://www.disney.co.jp/movie/news/20170329_01.html

2017年12月

『映画 妖怪ウォッチ 第4弾(仮)』

【関連サイト】https://www.toho.co.jp/movie/lineup/jibanyann2017.html

2017年冬

『曇天に笑う〈外伝〉』

【公式ツイッター】https://twitter.com/donten_anime

『映画かいけつゾロリ ZZのひみつ』

【関連サイト】http://www.poplar.co.jp/zorori/30th/

2017年

『MINT』

【公式サイト】http://www.negadesignworks.com/mint/

『劇場総集編 コードギアス 反逆のルルーシュ』

第1章 ※全3章
【公式サイト】http://www.geass.jp/lelouch_10th/

『デジモンアドベンチャーtri.』

第5章「共生」
【公式サイト】http://digimon-adventure.net/

『PEACE MAKER 鐵』

前篇
【公式サイト】http://www.peacemakerk.jp/

『Kubo and the Two Strings(原題)』

【関連サイト】http://www.gaga.co.jp/cinemas/summary/comingsoon

公開予定

『劇場版 はいからさんが通る 後編 ~東京大浪漫~』

【公式サイト】http://haikarasan.net/

『CENCOROLL2』

【公式サイト】http://www.cencoroll.com/

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』

【公式サイト】http://www.evangelion.co.jp/

『蒼きウル』

【公式twitter】https://twitter.com/uruinblue

『Force of Will』

【関連サイト】http://www.fow-tcg.com/

『テニスの王子様』

劇場版プロジェクト
【公式twitter】https://twitter.com/shintenianime

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 誕生 赤い彗星』

【公式サイト】http://www.gundam-the-origin.net/

『劇場版マジンガーZ(仮称)』

【公式サイト】http://www.mazinger-z.jp/

『ビブリア古書堂の事件手帖』

【関連サイト】http://biblia.jp/

『文豪ストレイドッグス』

完全新作劇場版
【公式サイト】http://bungo-stray-dogs.jp/

『アラーニェの虫籠』

【公式サイト】http://www.ara-mushi.com/

『ご注文はうさぎですか?』

新作アニメスペシャルエピソード
【公式サイト】http://www.gochiusa.com/

『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション2』

※3部作
【公式サイト】http://eurekaseven.jp/

『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション3』

※3部作
【公式サイト】http://eurekaseven.jp/

『K SEVEN STORIES』

※7部作。2018年夏より順次公開
【公式サイト】http://k-project-come-back.jpn.com/

第104回 心地よく秘密めいた世界 〜Rozen Maiden〜

 腹巻猫です。5月4日に中野サンプラザで開催される「資料性博覧会10」に参加します。個人誌「劇伴倶楽部」既刊のほか、《SOUNDTRACK PUB》レーベルCD等を頒布の予定。参加サークル、入場方法などは、まんだらけ「資料性博覧会」公式ページを参照ください。
https://mandarake.co.jp/information/event/siryosei_expo/


 前回、『彼氏彼女の事情』のエンディングテーマ「夢の中へ」のアレンジャーとして名前を挙げた光宗信吉。TVアニメ『ナースエンジェル りりかSOS』や『少女革命ウテナ』の音楽を担当した作曲家である。
 今回は光宗信吉の代表作のひとつ『Rozen Maiden』を取り上げよう。

 光宗信吉は1963年生まれ。幼少時は熊本に暮らし、福岡に移り住んだ。4歳よりヤマハ音楽教室に通い、作曲と音感のトレーニングを受ける。10歳からエレクトーンを始め、コード進行やアレンジの面白さに目覚めた。中学生時代にエレクトーン奏者の沖浩一からジャズ・オルガンを学ぶ。
 作曲は小学校の頃から始めたが、音楽家を志したのは、シンセサイザーに出会って音作りの面白さを知ってから。高校卒業後上京し、立教大学に進学する。音楽大学に進まなかったのは、冨田勲や神保彰(フュージョンバンド《カシオペア》のドラマー)ら尊敬するミュージシャンが音楽大学を出ずにすばらしい音楽活動をしていたからだった。
 大学在学中からバックバンドの仕事を始め、マリーンのバンドに約2年間在籍。各地のジャズ・フェスティバルなどに出演した。その後も西村由紀江ら、数々のアーティストのサポートを務めた。
 しかし、本当にやりたいのは作曲の仕事だった。CM音楽の事務所に曲を送ったりしたが声がかからない。そんなとき、送っていた曲が若手作曲家を探していたキングレコードのディレクター・大月俊倫の目に止まった。TVアニメ『GS美神』『BLUE SEED』等の歌のアルバムに参加したのち、1995年放送のTVアニメ『ナースエンジェル りりかSOS』の音楽担当に抜擢された。
 『りりかSOS』ではフルオーケストラを使った音楽を初めて書いた。手加減がわからず全力で書いた音楽が評価され、続けて手がけた『少女革命ウテナ』の音楽もクラシカルで美しい音楽でファンの支持を集めた。
 以来、数々のアニメ作品の音楽を手がけている。代表作は『少女革命ウテナ』(1997)、『アキハバラ電脳組』(1998)、『フリクリ』(2000)、『遊戯王デュエルモンスターズ』(2000〜2004)、『ちっちゃな雪使いシュガー』(2001)、『魔法先生ネギま!』(2005)、『ロケットガール』(2007)、『スカイガールズ』(2007)、『ゼロの使い魔』シリーズ(2006〜2012)など。庵野秀明監督初の実写劇場作品「ラブ&ポップ」の音楽も担当した。最新作は2017年5月から放送される『遊戯王VRAINS』。
 少女を主人公にした作品が多く、ピアノや弦楽器の音色を生かしたエレガントで美しい音楽が魅力。クラシカルな音楽の印象が強いが、意外にも原点はクラシックではなく、冨田勲、YMOと坂本龍一、カシオペアに影響を受けたという(筆者がインタビューしたときにうかがった話)。若い頃は、ラリー・カールトンやリー・リトナーといった西海岸のジャズ・フュージョンを好んで聴いていた。光宗信吉の音楽がクラシカルでありながら、ときにポップで明るいサウンドを聴かせてくれるのは、このあたりに秘密があるのかもしれない。

 『Rozen Maiden』は2004年10月から12月までTBS系で放送されたTVアニメ作品。PEACH-PITの原作漫画を松尾衡監督で映像化した。アニメーション制作はノーマッド。2005年には第2作『Rozen Maiden traumend』が、2006年に特別編『Rozen Maiden ouverture』が放送された。2013年にはスタッフを一新した別の物語『ローゼンメイデン』が放送されている(アニメーション制作はスタジオディーン)。光宗信吉は全作品で音楽を担当した。
 『Rozen Maiden』の仕事は『少女革命ウテナ』の音楽を聴いたTBSのプロデューサーからのオファーだったという。『ウテナ』のような美しく豪華な音楽がほしいという注文だった。
 魂を持ったアンティークドール「薔薇乙女」たちと引きこもりの少年ジュンとの交流を描く不思議な作品である。薔薇乙女は人間の言葉をしゃべり、人間と同じものを食べ、不思議な力を操る。薔薇乙女の真紅と契約を交わしたジュンは、「アリスゲーム」という薔薇乙女同士の争いに巻き込まれていく。
 光宗信吉の音楽は、ピアノ、チェンバロ、弦楽器等のアンサンブルによるバロック的な響きが印象的。薔薇乙女の古風で華麗な姿にぴったりの音楽だ。
 サウンドトラック・アルバムは2005年1月にメロウヘッドから発売された。収録曲は以下の通り。

  1. 禁じられた遊び(TVサイズ)
  2. Battle of Rose
  3. 困った趣味
  4. 暖かな心
  5. Ivy
  6. Reminiscence
  7. 暗闇より来たるもの
  8. Noble Dolls
  9. 癇癪
  10. Cute Girl
  11. 激しい思い
  12. 受難の日々
  13. Battle in the House
  14. 内省
  15. 淡い想い出
  16. 孤独な心
  17. Abstract
  18. 壊れた世界
  19. Rose Garden
  20. Concerto
  21. Alice Game
  22. 薔薇の誓い
  23. 薔薇の呪縛
  24. 残忍な攻撃
  25. おもちゃの国
  26. 宿敵
  27. Bright Red
  28. Neat Sister
  29. 天真爛漫
  30. 臆病者
  31. 邪悪なたくらみ
  32. バリケ-ド戦
  33. かしましい彼女たち
  34. 上機嫌
  35. Funny Dolls
  36. Jet Fighters
  37. Garden Party
  38. 美しい泉
  39. 朝の朝食
  40. 探偵くんくん
  41. 氷解
  42. 小高い丘にて
  43. Change
  44. 透明シェルター(TVサイズ)


 44曲収録、演奏時間74分のボリューム。1曲目がオープニングテーマ、44曲目がエンディングテーマ、それ以外はすべて光宗信吉の手による劇中音楽である。サブタイトル曲「Ivy」、アイキャッチ曲「Rose Garden」「Concerto」もしっかり収録されている。
 サントラパートの冒頭を飾る「Battle of Rose」は、本作きっての人気曲。次回予告にも使用された本作のメインテーマとも呼ぶべき曲だ。
 ロックのリズムにバロック的な弦のメロディ。間奏ではエレキギターのアドリブが炸裂する。薔薇乙女の闘いを描写するアクション曲でありながら、美しくはかないイメージが広がる。劇中では、第2話で薔薇乙女・雛苺と真紅が闘う場面や第4話でジュンたちが夢の世界から脱出する場面、第6話、第11話、第12話で真紅をつけ狙う薔薇乙女・水銀燈と真紅が闘う場面など、「ここぞ」というシーンで使用されている。
 トラック3の「困った趣味」は、わがままな薔薇乙女たちに翻弄されるジュンのユーモラスな場面を彩った曲。アンティークドールと人間との奇妙な共棲の描写は本作の見どころのひとつ。ちょっととぼけた曲調の音楽がほんわかしたムードを作り出していた。9曲目の「癇癪(かんしゃく)」、12曲目「受難の日々」、31曲目「邪悪なたくらみ」なども同じ雰囲気を持つ日常描写曲だ。
 トラック4「暖かな心」はピアノが奏でるメロディがしみじみと胸を打つ名曲。第1話で真紅がジュンの姉・のりの入れた紅茶を飲んで「とてもやさしい味がする」と言う場面や第6話で傷ついた人形を直すジュンの手つきに真紅が感動する場面など、薔薇乙女と人間の心が通う味わい深い場面に使用された。
 サブタイトルを挟んだトラック6「Reminiscence」は第4話でジュンが夢の世界に入っていくシーンに使われたミステリアスな曲。
 トラック7「暗闇より来たるもの」はチェンバロがメランコリックな旋律を奏でる不安曲。妖しい夢の中をさまようような気持ちになる神秘的で緊張感のある曲だ。この曲に限らず、本作ではチェンバロを使ったバロック風の曲が効果的に使われている。
 なかでもトラック21の「Alice Game」は薔薇乙女たちの悲しい宿命を表す曲として印象深い。真紅に屈折した憎しみを抱く水銀燈の登場場面にたびたび使用された。「Battle of Rose」と並ぶ本作を代表する曲である。
 また、トラック23「薔薇の呪縛」はチェンバロの旋律が真紅とジュンの絆を表現する重要な曲。第1話でジュンが真紅と契約を結ぶ場面に使われ、第11話、第12話ではジュンが水銀燈の攻撃から真紅を守ろうとする場面に流れた。「呪縛」というタイトルが示すように、曲は当初、緊迫した不安なイメージに聴こえる。しかし、真紅とジュンの絆が深まるにつれて、情感を伴った感動的な曲に聴こえてくる。物語に結びついたサウンドトラックならでは醍醐味である。
 ほかに、トラック18「壊れた世界」、トラック22「薔薇の誓い」、トラック27「Bright Red」など、弦楽器が奏でる抒情的な曲も耳に残る。

 しかし、本作の音楽の一番の聴きどころはピアノ曲だ。
 派手ではないが、淡々と静かに、ピアノが心情を語る曲が心に残る。
 トラック14「内省」は、ピアノがシンプルなメロディを奏でる、サティの音楽のような淡い印象の曲。曲名の通り、ジュンの心の内を描写する曲として、ほぼ毎回のように使われている。第3話で雛苺が引きこもっているジュンを自分と一緒だと言う場面、第6話で真紅がジュンに「あなたは迷子なのね」と語りかける場面、第10話でジュンが真紅のドレスのボタンをつけながら真紅と語らう場面など、穏やかな、しかし、じんわりと胸を打つ名場面に流れた。
 次の「淡い想い出」も美しいピアノの旋律が心に沁みる曲だ。ジュンが反発する素振りを見せながらも薔薇乙女たちを気遣う場面や、のりがジュンを心配して心を痛める場面など、胸に秘めた愛情を表現する曲として使われている。
 トラック16「孤独な心」は寂しさや哀しみを表現するピアノ曲。第4話で植物と交感することができる薔薇乙女・翠星石がジュンの心の樹に水をやる場面、第10話のラストで真紅が眠るジュンに口づけして出ていく場面などの使用が印象に残る。
 チェンバロは本作のドラマティックな一面を象徴する音だが、ピアノは登場人物の内なる心情を表現する大事な役割を担った音なのである。
 アルバムの終盤には最終回に使用された曲が続けて登場する。
 トラック41「氷解」は水銀燈の悲しき最期の場面に流れたピアノと弦楽器による美しい悲哀曲。次の「小高い丘にて」は、ジュンと薔薇乙女たちが闘いを終えて夢の世界から帰還する場面に使用。サントラパートの最後を飾るのは、引きこもりだったジュンが散歩に出かける場面に流れた「Change」。未来に開かれた希望とともにアルバムは幕を閉じる。ジュンと真紅たちの間に芽生えた絆とジュンの成長をイメージさせるいい構成だ。
 ひとつ間違えば病的な世界に傾きそうな題材を、光宗信吉は華麗で上品な音楽でファンタジーの世界に引き留める。不思議な作品だけど、音楽は不思議なだけではない。薔薇乙女と人間たちへの共感に根差した音楽だ。その世界はやさしく、心地よい。

TVアニメ『ローゼンメイデン』オリジナル サウンドトラック
Amazon

第510回 イベントと放映開始!


 前回の続き。『ベルセルク』ビジュアル・スペクタクル・イベント「蝕2017〜生贄たちの宴〜」での9mm Parabellum Bulletさん、やなぎなぎさん、平沢進師匠らの生唄・生演奏はホント、超大迫力でトリ肌ものでした!! 9mmさんのオープニング曲は、1期のも2期のもガッツという男そのものを照れずに力強く歌い上げ、そして少々酔いしれてる感じがたまりません! やなぎさんのエンディング曲は、その激しいガッツの闘いの狭間に見える静かに瞬く星空なイメージ。ステージ上ではやなぎさんご自身が天使のようでした! そして平沢師匠の劇中歌は正に『ベルセルク』の世界観そのもの。会場全体を見事に一瞬で『ベルセルク』に染め上げ、もはや書いたり語ったりで表現できる語彙が見つかりません。その生の空間にいられる幸せを満喫させていただきました!!

それぞれがまったく違うアプローチで作り上げても、すべて受け入れる事ができる何層もの深みのある原作、それが『ベルセルク』!

だと思ってますから、俺。実際我々が作っている「画」に関しても自分はそーゆー解釈で、CGも手描きも今現在ある条件すべてを限界まで引き出させる魅力が『ベルセルク』の原作にはあると。
 で、第2期の1話2話の上映。もう少し大きな画面で観たかったのですが、上映後、原作者・三浦建太郎先生より「あの物量よく詰め込みましたね〜。アクションもホントに原作どおりやってるし、大変だったでしょう!?」と労いの言葉をいただき感激しました! さらに板垣はイベント終了後、役者さんやアーティストさんらの控え室への挨拶にもご一緒させてもらい、本当に『ベルセルク』三昧な1日を過ごしたわけです。

 そして、あっという間に

『ベルセルク』第2期、放映開始(WOWOWでは1・2話同時放映)!!

となりました。もともと分割2クールでホン読みやってたので、我々は制作ナンバー13話・14話と呼んでたんです。
 後半、まず取りかかったのは、ガッツやファルネーゼほかメインキャラの3Dモデルの調整。より原作に近づけるため、キャラデの阿部恒さんにもう一度修正を入れていただき、それを基にGEMBAさんの方でモデルの修正をしていただきました。コンテの方は、1期終了後、すぐ2期に移ったので2016年内に最後まで終えました。ぶっちゃけコンテ撮でのカッティングも最終話の再調整を除きすべて終わってます。現在は作画パートの指示出しとCGムービーのチェックしつつ、『Wake Up, Girls! 新章』のコンテ作業真っ最中に『てーきゅう9期』が入ってきたところです。本編の話はまだ次回に続く!

【情報局】新作アニメピックアップ[TV編]170412
MSB・TBSの土曜朝1時間枠がスタート

 4月の改編期も中盤に突入。定番枠では、ノイタミナ枠で『冴えない彼女の育てかた♭』スタート。さらにTBSとMBSが組んで、日曜夕方5時枠を整理する代わりに、土曜朝アニメ枠を1時間に拡充、『100%パスカル先生』『プリプリちぃちゃん!!』『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド』がスタートする。
 さて、後者の3作品はOLMがアニメーション制作を担当。実は今期、OLMとOLM Digtalの制作本数が大変なことになっている。前述の3作品に加え、新番組として『バディファイト×』『ベイブレードバースト神』『スナックワールド』『アトム ザ・ビギニング』、特撮番組「ミラクルちゅーんず!」がスタート。これに継続中の作品である『妖怪ウォッチ』『バンドリ!』『ピカイア!!』『CARD FIGHT!! ヴァンガードG NEXT』『はなかっぱ』『ポケットモンスター サン&ムーン』『かみさまみならい ヒミツのここたま』が加わる。なんとTVだけで14作品が併走する状況だ。その上、ゴールデンウィークに『ヒミツのここたま』、夏に『ポケットモンスター』、年末に『妖怪ウォッチ』の劇場作品が控えている。ほかにも実写劇場作品「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」「無限の住人」も制作中。共同制作も含むとはいえ、恐るべき数だ。今後どのように推移するのか注目しておきたい。

 最後に、前回お伝えできなかったが、NHKで去る7日に「ニッポンアニメ100 ロボットアニメ大集合!」と題した番組が放送された。さまざまなゲストが、ロボットアニメの魅力を語り合うというもので、高橋良輔監督のトークが見物だ。この番組の再放送が決定した。15日午後5時10分よりNHK総合で放送予定。

2017年4月12日(水)

『喧嘩番長 乙女 -Girl Beats Boys-』

午後10時30分~(TOKYO MX)他、順次放映
【公式サイト】http://kbo-anime.com/

『終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?』

深夜1時5分~(TOKYO MX)他、順次放映
【公式サイト】http://sukasuka-anime.com/

『Room Mate ~One Room side M~』

【公式サイト】http://oneroom-anime.com/

2017年4月13日(木)

『スナックワールド』

午後7時25分~(テレビ東京系6局ネット)
【公式サイト】http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/snack-world/

『冴えない彼女の育てかた♭』

深夜0時55分~(フジテレビ)他、順次放映
【公式サイト】http://www.saenai.tv/

2017年4月14日(金)

『ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝』

深夜0時30分~(TOKYO MX)他、順次放映
【公式サイト】http://danmachi.com/

『sin 七つの大罪』

深夜1時5分~(TOKYO MX)他、順次放映
【公式サイト】http://www.7-sins.tv/

2017年4月15日(土)

『100%パスカル先生』
『プリプリちぃちゃん!!』

午前6時30分~(MBS・TBS系列28局ネット)
【公式サイト】http://pasu-chi.com/

『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド ―機動救急警察―』

午前7時~(TBS系全国28局ネット) 【公式サイト】http://www.tbs.co.jp/anime/drivehead/

『アトム ザ・ビギニング』

午後11時~(NHK総合)
【公式サイト】http://atom-tb.com/

2017年4月28日(金)

『ソウタイセカイ』

※Huluにて配信
【公式サイト】http://www.soutaisekai.jp

2017年4月29日(土)

『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス[第2期]』

最終話
午後9時30分~(TOKYO MX)他、順次放映予定
【公式サイト】http://toz-thex-anime.tales-ch.jp/

2017年5月

『遊☆戯☆王VRAINS』

【公式サイト】http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/yugioh-vrains/

2017年6月

『機動戦士ガンダム Twilight AXIS』

※ガンダムファンクラブにて独占先行配信
【公式サイト】http://g-twilight-axis.net/

2017年7月

『DIVE!!』

【公式サイト】http://www.dive-anime.com/

『最遊記 RELOAD BLAST』

【公式サイト】http://saiyuki-rb.jp/

『活劇/刀剣乱舞』

【公式サイト】http://katsugeki-touken.com/

『地獄少女  宵伽[第4期]』

【公式サイト】http://www.jigokushoujo.com/

『はじめてのギャル』

【公式サイト】http://hajimete-no-gal.jp/

『天使の3P!』

【公式サイト】http://www.tenshi-no-3p.com/

『ナナマル サンバツ』

【公式サイト】http://7o3x.com/

『RWBY Volume 1-3: The Beginning』

※『RWBY』VOLUME1~3<日本語吹替版>を特別編集
【公式サイト】http://rwby.jp/

『Fate/Apocrypha』

【公式サイト】http://fate-apocrypha.com/

『将国のアルタイル』

【公式サイト】http://project-altair.com/

『18if』

【公式サイト】http://18if.jp/

『ゲーマーズ!』

【公式サイト】http://www.gamers-anime.com/

『メイドインアビス』

【公式サイト】http://miabyss.com/

『捏造トラップ』

【公式サイト】http://netsuzoutrap.com/

『THE REFLECTION WAVE ONE』

【公式サイト】http://thereflection-anime.net/

『カイトアンサ』

【公式サイト】http://kaitoansa.com/

『妖怪アパートの幽雅な日常』

【公式サイト】http://youapa-anime.jp/

『森の妖精 キノコの娘』

【公式サイト】http://kinokomusume.com/kinokonoko/

『ボールルームへようこそ』

【公式サイト】http://www.ballroom-official.jp/

『NEW GAME![第2期]』

【公式サイト】http://newgame-anime.com/

2017年夏

『バトルガール ハイスクール』

【関連サイト】http://colopl.co.jp/battlegirl-hs/anime/

『ひなろじ~from Luck & Logic~』

【関連サイト】http://luck-and-logic.com/

『アホガール』

【公式サイト】http://ahogirl.jp/

『徒然チルドレン』

【公式サイト】http://tsuredure-project.jp/

『恋と噓』

【公式サイト】http://koiuso-anime.com/

『マーベル フューチャー・アベンジャーズ』

【関連サイト】http://www.dlife.jp/news/

『潔癖男子!青山くん』

【公式サイト】http://kda-anime.com/

『バチカン奇跡調査官』

【公式サイト】http://kisekichosakan.jp/

『直感×アルゴリズム♪』

【公式サイト】http://project-algorhythm.com/

『賭ケグルイ』

【公式サイト】http://kakegurui-anime.com/

『魔法陣グルグル』

【公式サイト】http://guruguru-anime.jp/

『終物語』

「まよいヘル」「ひたぎランデブー」「おうぎダーク」※〈物語〉シリーズ
【公式サイト】http://www.monogatari-series.com/owarimonogatari/

『時間の支配者』

【公式サイト】http://chronosruler.jp/

『プリンセス・プリンシパル』

【公式サイト】http://www.pripri-anime.jp/

『クリオネの灯り』

【公式サイト】http://clionenoakari.com/

『異世界はスマートフォンとともに。』

【公式サイト】http://isesuma-anime.jp/

『ナイツ&マジック』

【公式サイト】http://knights-magic.com/

『ROBOMATERS THE ANIMATED SERIES』

【公式サイト】http://anime.robomasters.com/

『てーきゅう[第9期]』

【公式サイト】http://te-kyu.com/

2017年10月

『いぬやしき』

【公式サイト】http://www.inuyashiki-project.com/

『結城友奈は勇者である[第2期]』

【公式サイト】http://yuyuyu.tv/

『Infini-T Force』

【公式サイト】http://www.infini-tforce.com/

『魔法使いの嫁』

【公式サイト】http://mahoyome.jp/

『鬼灯の冷徹 第弐期』

【公式サイト】http://www.hozukino-reitetsu.com/

『TSUKIPRO THE ANIMATION』

【公式サイト】http://tsukipro-anime.com/

『3月のライオン[第2シリーズ]』

【公式サイト】http://3lion-anime.com/

『クジラの子らは砂上に歌う』

【公式サイト】http://kujisuna-anime.com/

『UQ HOLDER! 魔法先生ネギま!2』

【公式サイト】http://uqholder.jp/

『イナズマイレブン アレスの天秤』

【関連サイト】http://www.inazuma.jp/ares/

『ポプテピピック』

【公式サイト】http://hoshiiro.jp/

『クラシカロイド[第2シリーズ]』

【公式サイト】http://www.nhk.or.jp/anime/classica/

2017年秋

『Dies irae』

【公式サイト】http://diesirae-anime.com/

『フルメタル・パニック!IV』

【公式サイト】http://www.tdd-1.com/iv/

『ラブライブサンシャイン』

2期
【公式サイト】http://www.lovelive-anime.jp/uranohoshi/

『されど罪人は竜と踊る』

【関連サイト】http://gagagabunko.jp/information/index.html

『戦刻ナイトブラッド』

【関連サイト】http://senbura.jp/

『干物妹!うまるちゃん[第2期]』

【公式サイト】http://umaru-ani.me/

2017年冬

『Fate/EXTRA Last Encore』

【公式サイト】http://fate-extra-lastencore.com/

2018年1月

『カードキャプターさくら クリアカード編』

【関連サイト】http://ccsakura-official.com/

『恋は雨上がりのように』

【公式サイト】http://www.koiame-anime.com/

『刀剣乱舞 ―花丸―[第2期]』

【公式サイト】http://touken-hanamaru.jp/

2018年初春

『DEVILMAN crybaby』

※Netflixにて独占配信
【公式サイト】http://devilman-crybaby.com/

2018年冬

『サンリオ男子』

【公式サイト】http://sdan-anime.com/

放映予定

『師匠シリーズ』

【公式サイト】http://www.damnedmaster.com/

『神撃のバハムート マナリアフレンズ』

【公式サイト】http://manaria.jp/

『ISLAND』

【関連サイト】http://never-island.com/

『戦姫絶唱シンフォギア[第4期]』
『戦姫絶唱シンフォギア[第5期]』

【公式サイト】http://www.symphogear-gx.com/

『ノラと皇女と野良猫ハート』

【公式サイト】http://nora-anime.net/

『七つの大罪』

新作TVシリーズ
【公式サイト】http://www.7-taizai.net/

『ワンパンマン[第2期]』

【公式サイト】http://onepunchman-anime.net/

『明治東亰恋伽』

【関連サイト】http://meikoi-vita.com/

『ハイスクールD×D』

新シリーズ
【関連サイト】http://www.fujimishobo.co.jp/sp/201104highschool/

『大正ちっちゃいさん』

【関連サイト】http://www.holicworks.jp/

『バキ』

【関連サイト】http://baki.akitashoten.co.jp/

『血界戦線&BEYOND[第2期]』

【公式サイト】http://kekkaisensen.com/

『Wake Up, Girls! 新章』

【公式サイト】http://wakeupgirls3.jp/

『ドリフェス! 2ndシーズン』

【公式サイト】http://anime.dream-fes.com/

『DAYS』

東院学園戦
【公式サイト】http://days-project.jp/

『LOST SONG』

【公式サイト】http://lost-song.com/

『DYNAMIC CHORD』

【公式サイト】http://www.tbs.co.jp/anime/DC/

『アクションヒロイン チアフルーツ』

【公式サイト】http://www.tbs.co.jp/anime/cfru/

『十二大戦』

【公式サイト】http://12taisen.com/

『三ツ星カラーズ』

【公式サイト】http://mitsuboshi-anime.com/

『キノの旅 the Beautiful World』

【関連サイト】http://kinonotabi.com/

『オーバーロード[第2期]』

【公式サイト】http://overlord-anime.com/

『ウマ娘 プリティーダービー』

プロジェクト
【関連サイト】https://umamusume.jp/

『citrus』

【公式サイト】http://citrus-anime.com/

『グラゼニ』

【公式サイト】https://www.bs-sptv.com/gurazeni/

『おそ松さん[第2期]』

【公式サイト】http://osomatsusan.com/

アニメ本・聞いた・見た・買った(255)
岡田麿里の自伝登場 実体験が生んだ『あの花』『ここさけ』

 今日から湯浅政明監督の劇場新作『夜は短し歩けよ乙女』が公開。それに合わせて単行本が刊行になった。「夜は短し歩けよ乙女 オフィシャルガイド」「夜は短し歩けよ乙女Walker ウォーカームック」(共に角川書店)だ。「オフィシャルガイド」のほうはタイトルどおり作品のガイドブック。監督インタビューあり、原作者・森見登美彦と脚本家・上田誠の対談あり、ヒロイン役花澤香菜の京都ロケ写真あり、といった具合。「ウォーカームック」のほうは、『夜は短し歩けよ乙女』を中心に『四畳半神話大系』『有頂天家族』といった原作者の他のアニメ化作品や湯浅監督の過去作から次々回作までを広く取り扱うアニメ作品ガイドになっている。
 公開合わせということでは、「映画クレヨンしんちゃん25周年公式ガイドブック」(双葉社)も刊行。今年で25周年を迎える劇場版『クレヨンしんちゃん』をまとめて詰め込んだ本だ。14日頃の発売予定。
 今月いちばんの注目が「学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで」(文藝春秋)だろう。脚本家・岡田麿里による自伝だ。引きこもり、離婚して出て行った父、母との確執など、岡田麿里作品の現れるモチーフと実体験との関係が目次を眺めるだけでも赤裸々だ。12日頃発売予定。
 ところで、この記事では定期刊行物はほぼ扱わないのだが、これは触れないわけにはいかないだろう。現在発売中の「月刊MdN」5月号で、TRIGGERの特集が組まれている。デザイン系の雑誌だけに意表を衝かれるが、中身はかなりの充実ぶりだ。ファンなら買って損はないだろう。
 もう1冊、こちらも発売中の「フリースタイル」35号で、片渕須直と安藤雅司のロング対談が組まれている。ジブリ時代の話から、アニメートをいかにつくるかや表現論まで、多岐にわたって展開。アニメスタイル読者ならば、読み逃せない1冊だ。
 ここで紹介した本は刊行ずみのものを除き、タイトル、発売日、価格等すべて予定で、変更の可能性がある。購入にあたっては、その点に留意してほしい。(B)

2017年4月発売の本

忍たま乱太郎アニメーションブック 忍たま忍法帖 メガもり!

角川書店/B5/1900円 ISBN : 9784041053423


[Amazon]

文豪ストレイドッグス 公式ガイドブック 深化録

角川書店/B5/1400円 ISBN : 9784041052983


[Amazon]

名探偵コナンシネマガイド2017 京都大阪DetectiveGuid

小学館/A4/907円 ISBN : 9784091017833


[Amazon]

ジブリの教科書14 ゲド戦記

文藝春秋(文春ジブリ文庫)/文庫/980円 ISBN : 9784168120145


[Amazon]

夜は短し歩けよ乙女Walker ウォーカームック

角川書店/B5/1800円 ISBN : 9784048959841


[Amazon]

夜は短し歩けよ乙女 オフィシャルガイド

角川書店/A5/1500円 ISBN : 9784041057520


[Amazon]

学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで/岡田麿里

文藝春秋/四六/1400円 ISBN : 9784163906324

4月12日
[Amazon]

映画クレヨンしんちゃん25周年公式ガイドブック

双葉社/B5/1700円 ISBN : 9784575312461

4月14日
[Amazon]

マンガ・アニメで論文・レポートを書く 「好き」を学問にする方法/山田奨治編著

ミネルヴァ書房/A5/2800円 ISBN : 9784623079421

4月20日
[Amazon]

モビルスーツ全集12 パイロット別専用機BOOK

双葉社/B5/1400円 ISBN : 9784575465013

4月22日
[Amazon]

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック2

角川書店/B5/3500円 ISBN : 9784041054499

4月26日
[Amazon]

ユーリ!!! on ICE 公式ガイドブック ユーリ!!! on Life

扶桑社/A4/1850円 ISBN : 9784594611583

4月27日
[Amazon]

宮武一貴画集 MEGA DESIGNER CREATED MEGA STRUCTURE

ホビージャパン/A4/4300円 ISBN : 9784798614243

4月28日
[Amazon]

ポッピンQプロダクションノート THE BEGINNING OF THE YOUTH

メディアパル/A4/6000円 ISBN : 9784802191692

4月28日
[Amazon]

龍の歯医者 公式ビジュアルガイド

角川書店/A4変/1800円 ISBN : 9784041056295

4月28日
[Amazon]

ピアシェ~私のイタリアン~ DVD+オフィシャルブックセット 下巻

ポニーキャニオン/B6/1980円 ISBN : 9784865292503

4月28日
[Amazon]

/9784087925159

2017年5月以降発売の本

NARUTO TVアニメプレミアムブック NARUTO THE ANIMATION CHRONICLE 天/地

集英社/A4/各2500円 ISBN : 9784087925142

5月2日
[Amazon]

名探偵コナン 服部平次&遠山和葉 シークレットアーカイブス 劇場版『から紅の恋歌』ガイド

小学館/B5/1800円 ISBN : 9784091990471

5月8日
[Amazon]

日本アニメ(ーター)見本市資料集Vol.3 カセットガール全記録全集

日本アニメ-ター見本市有限責任事業組合/不明/3500円 ISBN : 9784905033158

5月12日
[Amazon]

Wataru Hatano 5th Anniversary Artist Book Grateful

角川書店/B5/3200円 ISBN : 9784041051603

5月17日
[Amazon]

1983年のロボットアニメ(仮)

双葉社/B5/1500円 ISBN : 9784575465020

5月22日
[Amazon]

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック3

角川書店/B5/3500円 ISBN : 9784041054505

5月26日
[Amazon]

安田朗 ガンダムデザインワークス

一迅社/A4/3300円 ISBN : 9784758015509

5月27日
[Amazon]

劇場版 黒執事 Book of the Atlantic 原画資料集

スクウェア・エニックス/不明/2666円 ISBN : 9784757553637

5月27日
[Amazon]

夜明け告げるルーのうた アートブック

一迅社/B5変/1600円 ISBN : 9784758015479

5月31日
[Amazon]

身体のリアル/押井守、最上和子

角川書店/不明/1800円 ISBN : 9784047345652

6月16日
[Amazon]

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック4

角川書店/B5/3500円 ISBN : 9784041054512

6月26日
[Amazon]

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック5

角川書店/B5/3500円 ISBN : 9784041054529

7月26日
[Amazon]

ACCA13区監察課 背景美術画集

スタジオPablo/不明/2500円 ISBN : 9784802191746

7月28日
[Amazon]

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック6

角川書店/B5/3500円 ISBN : 9784041054536

8月26日
[Amazon]

第509回 イベントの日曜日

 4月2日(日)、母校の東京デザイナーズ学院にて、

 アニメ業界を目指す若者らに向けた講演に出演した後、行ってきました!

TVアニメ『ベルセルク』ビジュアル・スペクタクル・イベント
「蝕2017〜生贄たちの宴〜」

に!! ユニバーサルさんより招待していただき、ありがとうございました! 内容は、9mm Parabellum Bulletさん、やなぎなぎさん、平沢進師匠(こう呼ばせてください!)らの生唄・生演奏と岩永洋昭さん(ガッツ)、日笠陽子さん(ファルネーゼ)、興津和幸さん(セルピコ)、行成とあさん(キャスカ)らによる朗読劇。そして第2期の1・2話の上映と盛りだくさん! 普段は我々が作った画の尺にあわせて芝居をしている役者の皆さんが、朗読だと自身のテンポで伸び伸び演じられてて、

と少々反省したりも。あと『ベルセルク』の魅力は、画やストーリーだけでなくセリフにもあると再認識しました。とにかく、三浦建太郎先生の書かれるセリフは

どのキャラのどのセリフも、物語のご都合主義から書かれたものではなく、先生自身がすべてのキャラに憑依して語っている生きた言葉なので、とても深く、ファンタジーマンガでありながら、我々が現実社会で生きていく際の道標になるものばかり!!

なんです。それが証拠に、スタッフや役者さんらと『ベルセルク』の話をすると、「好きなセリフ」の話になる事が多いんです。例えば、板垣個人的には原作24巻でイシドロに剣を教えてるガッツのセリフ、

お前何十年も修行して達人にでも
なるのを待ってから戦場に出るつもりか?

や、同じく26巻でもイシドロに対して言うガッツの

武器を持ちゃ——戦場じゃガキだろうが立派な戦力だ

とかのセリフが大好きで、この話数のホン読み(脚本打ち)の際、

て言ったほどです。「自分と白石(社長)以外ほぼ新人で始めたウチの会社では、PC(武器)を持った新人(イシドロ)に、動画歴何年な基礎から云々よりまず役職を越えて”戦力”になれ!っていう指導をしています!」と。アニメ『ベルセルク』はそうやって出来ているんです!

 で、いよいよ

TVアニメ『ベルセルク』第2期
4月7日より、MBSほか/アニメイズム枠/WOWOWにて放映開始!!

になります。その話も含めて、イベント話の続きは次週で。