第223回 銀河ネットワークで歌を歌った男 〜マクロス7〜

 腹巻猫です。フランス・イタリア合作の劇場アニメ『シチリアを征服したクマ王国の物語』を観ました。原作はイタリアの作家ディーノ・ブッツァーティが書いた児童文学。寓話のような物語といい、絵本がそのまま動いたような映像といい、実に筆者好みの作品。吹替もよかった。『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』などの海外アニメが好きな方にお奨めします。
https://kuma-kingdom.com


 アニメと音楽の関係を考えるとき、いつも思い出すのが『マクロス7』のことである。
 ディズニーの劇場短編『蒸気船ウィリー』(1928)の頃からアニメと音楽は密接な関係があった。音楽は映像にテンポ感や躍動感を与え、絵で表現しきれない雰囲気や感情を伝える。もちろん、絵に十分な表現力と魅力があれば、絵だけで感動させることもできるだろう。しかし、予算やスケジュールが限られた商業作品でそれをやりきることはなかなか難しい。特にTVアニメでは、音楽が絵を補っていると感じるケースがしばしばある。

 ところが、『マクロス7』は「劇伴を使わない」という大胆な挑戦をしたTVアニメなのである。
 『マクロス7』は1994年10月から1995年9月まで放送されたTVアニメ作品。『超時空要塞マクロス』(1982)に始まるマクロスシリーズの1本だ。
 舞台は『超時空要塞マクロス』の時代から35年が経過した2045年。かつて敵同士であった異星人ゼントラーディと地球人は共存の道を歩み、人類の移住先を探すために移民船団を組んで、長年にわたり宇宙を旅しているという設定だ。
 その移民船団のひとつが宇宙都市マクロス7を中心とする第37次移民船団。しかし、マクロス7船団は正体不明の敵から攻撃を受ける。船団を守る防衛隊(統合軍)が出撃して宇宙戦をくり広げる中、戦闘機ファイヤーバルキリーで戦場に踊り出て敵機にスピーカーポッドを打ち込み、自分の歌を聴かせる男がいた。ロックバンド「Fire Bomber」のボーカル・熱気バサラである。バサラは歌で戦争を終わらせることができると信じ、敵の攻撃を受けても一切反撃せずに歌い続けるのである。

 「俺の歌を聴け!」と叫んで戦場で歌うバサラがインパクト抜群。が、それ以外にも、本作には音楽的に面白い点がいくつもある。
 その第一が「劇伴を使わない」演出である。これは本作の監督・アミノテツローの発案であったという。音響監督の鶴岡陽太はこの提案を聞いて、「むしろやりやすい」と思ったそうだ。歌を聴かせることがメインになるはずだから、歌と劇伴が混在すれば音楽の配分が難しくなる。でも歌だけであれば、そこにフォーカスを合わせた演出ができる。音楽プロデューサーの佐々木史朗は「そうはいっても、きっと使うことになるだろう」とインストを5〜6曲作っておいたが、結局ひとつも使わなかったとふり返っている。『マクロス7』は「音楽」のクレジット表記がない稀有なTVアニメになったのである。
 では『マクロス7』の世界に音楽が聴こえないかというと、そんなことはない。Fire Bomberの演奏と歌、街に流れる音楽やテレビやラジオから聴こえてくる音楽など、いわゆる「現実音」としての音楽がそこそこに流れている。
 初期のエピソードでは本編冒頭に宇宙移民の歴史を語るプロローグが挿入されている。そのバックに雄大な曲調の音楽が流れていて、これは本作唯一の劇伴(BGM)ではないかと思うのだが、このプロローグも『マクロス7』の世界で作られた記録映像だという解釈もできる。少なくとも、ドラマを盛り上げるためのサスペンス音楽やアクション音楽、心理描写音楽のたぐいは一切使われていない。それを意識しながら映像を観ると、なかなか興味深い。
 宇宙から敵の戦闘機が襲来し、移民船団が攻撃を受ける。防衛隊が出動し、ドッグファイトをくり広げる。一般のアニメなら緊迫した音楽や高揚感をあおる音楽が流れるところだが、それがない。そもそもドラマの背景に音楽が流れること自体がフィクションであるし、宇宙には現実音としての音楽も聴こえないのだから、これはとてもリアルな表現と言える。
 そこにエレキギターの音が割り込み、熱気バサラの歌が聴こえてくる。「来たか!」という感じである。バサラの歌が映像に魂を吹き込む声のように聴こえる。
 『マクロス7』は、なぜアニメに音楽があるのか、なぜ人が音楽を必要とするのかを考えさせてくれる、そんな作品である。
 歌を聴かせることがメインの作品だが、音楽演出は実に緻密だ。Fire Bomberの演奏を、ボーカル、ギター、ベース、キーボード、ドラムスなどの楽器ごとの音源に分け、場面に応じてそれらを組み合わせて使っている。たとえばボーカルが先に聴こえてきて、あとから演奏が加わるとか、ときにはエレキギターだけ、ドラムスだけの演奏が流れてBGMの役割を果たすといった具合である。
 物語が進むとバサラの歌の力が統合軍に認められ、Fire Bomberは「サウンドフォース」として出撃するようになる。SFメカアニメらしい戦闘機発進シーンや合体シーンが描かれるが、そんなシーンではFire Bomberの歌のイントロ部分が長く使われ、効果を上げている。現実音としての演奏をうまく劇伴として使っているのだ。

 こんな作品だから、本作にはいわゆるサウンドトラック・アルバムはない。代わりに歌のアルバムが何種類も発売された。Fire Bomberのアルバムだけでも、スタジオ録音のロック・アルバム、アコースティック・アレンジ盤、ライブ盤、英語盤などがあるし、同じ歌でも、バサラがソロで歌うもの、Fire Bomberの女性ボーカル・ミレーヌが歌うもの、ふたりがデュエットするものなど、さまざまなバージョン違いがある。そのバリエーションを楽しむのも、本作の醍醐味のひとつだ。
 面白いのが、これらのアルバムが『マクロス7』の世界でリリースされたアルバムという設定で作られていることである。ライナーノーツではFire Bomberのメンバーは劇中の役名で表記され、いわゆる「中のひと」は表記されていない。当初はバサラとミレーヌの歌を担当する歌手(福山芳樹とチエ・カジウラ)が秘密になっていたこともあるだろうが、それが明らかになったあとも、この趣向は一貫している。あくまで作品世界内のバンド、Fire Bomberとして扱われているのだ。
 本作の代表曲を聴こうと思ったら、基本となるのはFire Bomberのアルバム「LET’S FIRE!!」と「SECOND FIRE!!」である。放送終了後にはベストアルバム「ULTRA FIRE!!」が発売されたので、これだけでも主要曲は集められる。
 しかし、サントラファンとして面白いのは、最初に発売されたアルバム「マクロス7 MUSIC SELECTION FROM GALAXY NETWORK CHART」だ。これは『マクロス7』の世界のヒットチャートから選曲されたという設定のアルバム。ライナーノーツには選曲を担当した(という設定の)音楽プロデューサー・北条秋子(『マクロス7』に登場するキャラクター)のコメントが掲載されている。また、2046年1月21日付けのウィークリー・トップ10にランクインしたヒット曲のタイトルも掲載されている。そのトップ10には、懐かしいリン・ミンメイの「天使の絵の具」など、このアルバムには収録されていない曲も入っている。アルバムを手にしたファンは、『マクロス7』の世界の一員になった気分になれるのである。
 「マクロス7 MUSIC SELECTION FROM GALAXY NETWORK CHART」は1995年1月にビクターエンタテインメントから発売された(のちにフライングドッグから再発)。収録曲は以下のとおり。

  1. PLANET DANCE(Fire Bomber)
  2. 突撃ラブハート(Fire Bomber)
  3. CHECK MATE(Bamboo-road Express)※インストゥルメンタル
  4. Galaxy(Alice Holiday)
  5. SEVENTH MOON(Fire Bomber)
  6. そこにあるのが未来だから(FLASCHAKAYA)
  7. Bitches Blue(FASCINATE MILES)※インストゥルメンタル
  8. Groove Along(POWER OF TOWER)
  9. MY FRIENDS(Fire Bomber)
  10. MY SOUL FOR YOU(Fire Bomber)

  ※()内はアーティスト名

 番組のオープニング主題歌「SEVENTH MOON」が5曲目に入っているのが、あたりまえのアニメのソングアルバムとは違うところ。主題歌もFire Bomberの歌として作られているのだ。
 「PLANET DANCE」と「突撃ラブハート」はバサラが戦場で歌う、おなじみのロックナンバー。Fire Bomberがステージで演奏する曲でもある。10曲目の「MY SOUL FOR YOU」はバサラがギターの弾き語りで歌ったりするバラード曲である。
 6曲目の「そこにあるのは未来だから」は『超時空要塞マクロスII -LOVERS AGAIN-』(1992)の挿入歌(イメージソング)で、まさに時空を超えての再収録になった。作編曲は鷺巣詩郎。ここでは『マクロス7』の劇中の歌手・フラスチャカヤが歌っているという設定だ。歌自体はオリジナルの佐藤有香(現・YUKA)のもの。本編ではTVモニターの中でフラスチャカヤが歌っている場面がある。
 4曲目の「Galaxy」は劇中の人気シンガー、アリス・ホリディが歌う曲。しっとりした雰囲気のロックバラードだ。『マクロス7』第9話は、そのアリス・ホリディがメインゲストで登場するエピソードである。
 8曲目の「Groove Along」は、第10話で北条秋子が運転する車のカーラジオから流れていた。ブラスやハモンドオルガン、エレキギターなどがグルービーな演奏を聴かせるファンキーなナンバーである。
 どの曲も完成度の高い楽曲に作り込まれている。アニメのキャラクターソングアルバムなら、こうした作りにはならなかっただろう。劇中のアーティストが演奏し、歌う曲という設定だからこそである。本編未使用曲もあるので「劇中で流れなかった曲はいらないなあ」と思う人もいるかもしれないけれど、『マクロス7』の世界のどこかで流れていた曲だと思うと楽しいではないか。
 劇中のアーティストが歌う曲のコンピレーション・アルバムというコンセプトは、のちの『キャロル&チューズデイ』(2020)に受け継がれているし、劇中の音楽アルバムが現実のアイテムとしてファンに届けられるという趣向も、『サイダーのように言葉が湧き上がる』(2021)の劇中に登場したLPアルバムがブルーレイ特装版(ビクターオンラインストア限定版)の特典ピクチャーレコードとして再現される形で引き継がれている。いずれも音楽制作はフライングドッグ。『マクロス7』はアニメ音楽アイテムの新しい可能性を示した作品とも言えるだろう。

 ところで、『マクロス7』の世界の音楽アルバムはどんな形でリリースされたのだろう。資源が貴重だから、やはり配信だけのデジタルアルバムなのだろうか(本作が放映された1994〜95年当時、そんなものはなかったけど)。劇中のレコードショップのシーンでは、LPレコードみたいな大きなジャケットのディスクが売られていた。2045年の宇宙都市では、案外、アナログレコードが現役で聴かれているのかもしれない。

マクロス7 MUSIC SELECTION FROM GALAXY NETWORK CHART
Amazon

マクロス7 LET’S FIRE!!
Amazon

ULTRA FIRE!! FIRE BOMBER BEST ALBUM
Amazon

佐藤順一の昔から今まで(35)メイキング・オブ・ARIA〈後篇〉

小黒 佐藤さんの『ARIA』におけるシリーズ構成というのは、実際の作業としてはどういったかたちだったのですか。

佐藤 構成はシリーズの13本をどういうふうに組み立てるか、原作をどう配置するかを考える。「この話とこの話を組み合わせて、こういう軸の話を作ります」みたいな事はざっくり決めて、それでシナリオ書いてもらうっていう感じです。

小黒 佐藤さんがシナリオとしてクレジットされてる回は、いきなり絵コンテを描いているんですよね。

佐藤 そうですね。大体プロットからそのままコンテに入る。

小黒 プロットは綿密に書いていたんですか。

佐藤 書かないですね。自分で綿密に書いても、結局は変わっちゃうんです。だから、「大体こんな流れでお話が展開します」という事で了解をもらって、絵コンテに入るって感じかな。

小黒 佐藤さんは『ARIA』の世界について肯定的であり、1シリーズ目が終わった時には「今後も作っていきたいなあ」と思われたわけですね。

佐藤 そうですね。最初は凄く探り探りだったし、周りのスタッフから「えっ、この何もない物語で30分、大丈夫なんですか?」と聞かれる事もあったんだけど。やってみたら、自分でもいい感触だったんでしょうね。「あっ、なんかやれてる。イケてる。いいかも」と思っているところで「2期をやりたいんですけど」と言われたんです。それで、すぐに「やりましょう」と言ったはずだし、「やるんだったら、原作をしっかり拾っていけるように長めにやりたいですね」という話もしてると思うんですよね。次は2クールでやる事になるんですけど、そういう流れだから、凄く前向きですよ。

小黒 1期が2005年の10月から12月で、2期(『ARIA The NATURAL』)が翌年の4月からなので、連続して作っているはずですよね。

佐藤 そうなんですよね。どの時点で第2期をやろうっていうジャッジが下されたのかは覚えてないです。

小黒 1期の1話が放映された時には、2期を作ってるんでしょうか。

佐藤 どうかなあ。でも、なんらかのリアクションがないと、「2期やろう」とは言わないはずなので。

小黒 やっぱり放映が始まってから?

佐藤 だとは思うんですよね。そこはプロデューサーに聞かないと分かんないかもしれないですけど。ただ、2期はそんなにたっぷりとした時間はなかったような気もするので、結構バタバタと決まったかもしれないですね。

小黒 第3期は原作の終了と合わせて作ったんですか。

佐藤 そこはそうですね。原作も終わるので、「じゃあ作りますか」という感じでスタートしたはず。ただ、3期(ARIA The ORIGINATION)はちょっと時間があったんじゃないかな?

小黒 2期と3期の間は、随分空いてるんです。

佐藤 ですよね。間に『ARIETTA』 (『ARIA The OVA ~ARIETTA~』・2007年)が作られてますもんね。TVシリーズの期間が空くので、それでOVAを入れた気がする。

小黒 2006年に2期をやって、2007年はOVA。2008年が3期ですね。そして、第3期はマンガの最終回がどうなるかを踏まえて作られたと。

佐藤 そうですね。

小黒 まるで、それまでの全てが第3期最終回に向けて積み重ねてきたかのようですよね。

佐藤 そうでしたね(笑)。天野(こずえ)先生はもうちょっとじっくりと描けるスケジュールだったのに、こちらのスケジュールを間に合わせるために「ラストのネームを早めにください」とお願いするような事はあったかもしれない(笑)。

小黒 じゃあ、ネームいただいて、それを元にコンテを描いたんですね?

佐藤 そうですね。だから原作の同じ画を本編にも使えているんですよ。原作といえば、2期で「海との結婚」の話があるじゃないですか(編注:『ARIA The NATURAL』23話「その 海と恋と想いと…」。なお、「海との結婚」は実際にベネチアで開催されている伝統行事だ)。その時は「海との結婚」についての話をやるという事だけ聞いていたんですよ。原作が来る前にアニメは動く事になって「こういう話なのかな?」と思って作ったら、全然違っていたという事はありましたね(笑)。

小黒 (笑)。『ARIA』は、キャラクターの画が本当にどんどん変わっていくんですけど、第3期の井上英紀さんの回(4話「その 明日を目指すものたちは…」)が、びっくりするぐらいハイクオリティというか、まるで違うアニメみたいですよね。

佐藤 そうそう(笑)。しかも、1人で作画やってるじゃないですか、あれ。びっくりしますよ。

小黒 この取材の前に『ARIA』の第1期から第3期までを通して観たんですが、4話が始まった時の衝撃たるや。

佐藤 (笑)。

小黒 「何が始まったんだ!?」と思いました。

佐藤 そうなんですよね。『カレイドスター』の和田高明さんのような衝撃感がありますよね。

小黒 衝撃感ありますね。『Ζガンダム』のオープニングの梅津(泰臣)さんのような鮮烈さで、画が巧いだけじゃなくて、妙にリアルなんですよね。みなさん、あれに引っ張られたりはしなかったんですか。

佐藤 引っ張られてますね。ただ、『ORIGINATION』は、他の話数も同時に動いてるので、そんなに画面には出てないはずです。最後のところで、アリシアさんの前髪の細かくばらついた描き方に、影響が出てますよね。後年の『ARIA The AVVENIRE』(劇場・2015年)をやる時には、あの感じがベースになって描いてる感じはありましたね。


●佐藤順一の昔から今まで(36)『ロミオ×ジュリエット』から『シックスハートプリンセス』まで に続く


●イントロダクション&目次

アニメ様の『タイトル未定』
335 アニメ様日記 2021年10月24日(日)

編集長・小黒祐一郎の日記です。
2021年10月24日(日)
新文芸坐のモーニングショーで「83歳のやさしいスパイ(2020・チリほか/89分/DCP/ドキュメンタリー)」を観る。実写のドキュメンタリー映画だ。新文芸坐で何度も予告を目にして、鑑賞する気になった。ごく普通の老人が探偵事務所の依頼を受け、ある調査をするために老人ホームに入居者として潜入する。老人は自分の正体を隠しつつ、そこで生活しながら調査を続ける。何か事件が起きるわけではなく、カメラは老人ホームの人々を追っていく。内容は面白い。面白いんだけど、一体どうやって撮ったのか。入居者には主人公がスパイであるということを秘密にして撮影をしたということだけど、入居者は撮影スタッフを何だと思っていたのだろうか。
午後はワイフの希望で、旧古河邸に行って薔薇を観た。珍しく、ほとんど仕事をしない一日になった。

2021年10月25日(月)
取材のための質問状を2本作る。動画を確認しつつ質問を組み立てたので、かなり時間がかかった。これはこれで楽しい作業だった。ドーミーイン池袋にチェックインする。ワイフは仕事が一段落したのだけど、心身ともにぐったりしているので連泊することにした。今回も自分はホテルで寝て、ホテルから出社する生活となる。

2021年10月26日(火)
「中村豊 アニメーション原画集 vol.2」の準備もあり、『僕のヒーローアカデミア』を1話から順に観ている。この日は23話「轟焦凍:オリジン」も観た。この話は何度も観ているのだけど、やっぱり1話から順に観ていったほうが、その価値が分かる。話は変わるけれど、先日、『ヒロアカ』には参加していない50代のあるアニメ監督と話をしていて、23話の話題となった。彼は「23話って轟君の話ですよね」という言い方をした。その「轟君」という言い方が印象的で、この人は現役のアニメファンだなと思った。

2021年10月27日(水)
「中村豊 アニメーション原画集 vol.2」のBookletのために中村豊さんに取材。「ちゃんと作画を語ったインタビュー」になった気がする。作画についての何かを言語化できたかもしれない。

2021年10月28日(木)
16時からBONESで、「アニメスタイル016」の取材2本立て。
『ヒロアカ』を観まくる。ここ数日、散歩時にも『ヒロアカ』のサントラを聴いている。『ヒロアカ』はサブスク時代のタイトルだな、と思う。アニメ本編はTVシリーズと劇場版だけでなく、OVA(OAD)サブスクで配信されている。音楽に関しては、第5期のサントラのCDがまだ発売されていないのに配信が始まっていた。

2021年10月29日(金)
ユーロスペースで「由宇子の天秤」を観る。片渕さんがプロデューサーを務めた実写映画だ。公開前から観に行くつもりだったけれど、事務所近くの映画館でやっていないのと、上映時間が打ち合わせとぶつかることが多くて、なかなか観ることができなかった。昼間の上映が無くなりそうだったので、定例社内Zoom打ち合わせを休みにして観にいった。映画としては力作だった。モチーフも面白いし、演出もしっかりしている。細部もよい。ただし、物語に関して気になるところが少しあった。それは僕が作品を受け止めきれなかったということかもしれない。渋谷では『名探偵コナン』のキャラクターを使ったフラッグを掲示し、ハロウィンを自宅で過ごすことを呼びかけていた。フラッグは6種類あり、高木刑事と佐藤刑事がピックアップされているのが嬉しかった(後日追記。この時点では2022年公開の劇場版『名探偵コナン』で高木刑事と佐藤刑事にスポットが当たるらしいことは、まだ発表されていなかった)。
『ヒロアカ』の再視聴は続いている。『ヒロアカ』はシリーズが複数あっても、話数カウントが通算で統一されているから分かりやすくていいなと思っていたら、そんなことはなかった。dアニメストアとNetflixで話数カウントが違っている。例えば「轟焦凍:オリジン」はdアニメストアでは23話で、Netflixでは24話。Netflixは各シリーズのOVA(OAD)を、シリーズの1話としてカウントしているのでズレが生じているのだ。dアニメストアはOVA(OAD)を単独作品として扱っている。
『あたしゃ川尻こだまだよ デンジャラスライフハッカーのただれた生活』で、主人公の川尻こだまを悠木碧さんが演じることを知る。これは意外。いや、あのマンガがアニメになるのがそもそも意外だったのだけど、それはともかく、川尻こだまは芸能人キャスティングになると思っていた。それから、なんとなく面白キャラっぽい声になる気がしていた。いったいどんな芝居になるのか。楽しみだ。

2021年10月30日(土)
昼間は散歩、オールナイトの予習、花屋に行って押井さんの誕生祝いのための花を注文したり。夜はオールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクションvol.132 押井守映画祭2021」を開催。トークのゲストは押井守監督と西尾鉄也さん。押井さんにたっぷりと語ってもらい、トークは20分オーバーとなった。お客さんは若い方が多く、『うる星やつら2 ★ビューティフル・ドリーマー★』を初めて観る方も大勢いた。今回の上映作品は『★ビューティフル・ドリーマー★』『機動警察パトレイバー2 the Movie』『イノセンス』。つまり、いずれも人気作のパート2だ。「押井作品はパート2が傑作」が今回のプログラムのテーマであり、トークで押井さんがそのことについて触れてくれた。トークが終わった後、『★ビューティフル・ドリーマー★』の上映を少し観た。35ミリでの上映で、フィルムの状態がとてもよかった。

第739回 出﨑監督の表現

究極、俺——
出﨑監督以外のアニメがなくなっても、全く困りません!

 板垣がちょくちょく周りに言ってる言葉です。つまり、そのくらいだってこと、自分にとっての出﨑統監督作品は!
 『あしたのジョー2』を初めて観た時の衝撃と観た後の自分の人生については、光栄なことにBlu-ray BOX2の特典ブックレットの寄稿文にも書かせていただけたし、この連載でも何度も語ったかと思います。繰り返し言いますが、

“止めハーモニー”や“入射光”・“3回PAN”・“分割画面”とかは、どうでも良いんです!

 出﨑作品を語る時、画作りの技法についてしか語れないやつは所詮“にわか”です! いくつかあった追悼本の中でもそんな記事ばっかで、心底ウンザリしたんですから。これも何度かはっきり言ってますが、止めも光も3回うんちゃらも分割も、むしろ板垣は嫌いです! 自作でコンテ発注打ちをする際、「それだけは止めてくれ!」と言ってるくらい。ギャグ表現とかで敢えて使ったり、演出処理の人が良かれと思ってやった止め画をそのまま使ったりはありますが、自分発で真似はしたことは一切ありません。嫌いだから! そもそも

出﨑監督作品の最大の魅力は画コンテで「人間」を描くところ!

にあります。そんなアニメ作家、現在いらっしゃいますかね? オリジナリティあるデザインや世界観、練りに練って凝ったストーリーを売りにしている作家気質アニメ監督が多い中、出﨑監督の創作スタイルは、

オリジナルか原作かなんてどうでもいい! それらは所詮「器」で描くべきはあくまで人間!

で一貫してました(何作か「ネズミ」が混じってますが)。「俺にとっての現場は“コンテ”だよね」と仰るくらい、コンテに全てを懸けた出﨑監督。アニメにおける画コンテとは画と尺のトリミングであり、フィルムの完成予想図。各キャラクターの人生をドラマチックに覗く窓みたいなのがコンテのフレームな訳で、原作があろうが、オリジナルだろうがそこは変わりません。その辺のコンテ作業の面白さにハマると、10年間で2〜3本の劇場オリジナル作品を監督する寡作では満足できるはずありません。だって、10年で5〜6時間分のコンテしか切れないんだもの。ところが「コンテ切る(描く)のが好き」を公言してはばからない出﨑監督は、毎年1本の原作ありのTVシリーズ+たまにOVAや劇場作品も加わる、といった多作っぷりを、晩年まで通し切りました。Wikipediaとかで数えてみてください。テレビ・劇場・OVA合わせて何作手がけられているか? これだけ多くの作品、さらにそのすべてが超個性的な「出﨑アニメ」に仕上がっている。ファンからすると、そりゃあ、他要らないでしょう! 出﨑ライブラリーさえあれば、死ぬまで何度も楽しめるのですから!!
 と、いうわけで前回の続き。『ベルサイユのばら』・出﨑編。実は板垣は単に「コンテ」という単位で言うと、『あしたのジョー』や『エースをねらえ!』より『ベルばら』がいちばん好きかも知れません。
 急な監督交代劇による、準備期間不足での後半スタートを余儀なくされたからか、『ジョー』におけるボクシングや『エース』のテニスのような、アニメーション的に魅せるアクション・サービスシーンがほとんどなく、動きを極力少なくした体脂肪率ゼロ、本当に無駄を排した滅茶苦茶クールな、究極の“演出”コンテで、実はこれこそが熱心なファンなら周知の出﨑アニメの真骨頂! 実際、自分が新人だった頃、テレコムの先輩に『エースをねらえ!2』のコンテ(もちろんコピー)を見せてもらったことがあるのですが、他人の描いたコンテに入っていた“出﨑修正”はアクション・パートはそのまま放置。その代わり、キャラクターの感情線を追ったドラマのシーンは全修正されていたのです——それこそ台詞ごとゴッソリ! つまり、出﨑監督にとって、「アクションなんてアニメーターが見せ場とするサービス」に過ぎず、「ドラマを描くことこそ“演出”の仕事」でしょうし、監督自身がドラマの方が好きなのだと思います。
 で、『ベルばら』第21〜24話はジャンヌと「首飾り事件」。このエピソード、出﨑監督はジャンヌのことをかなり好きになって描いてたと思います(何処かのインタビューでも監督自身語られてましたよね?)。結局、ジャンヌは貧困から這い上がろうと足掻いて、貴族に紛れ込み悪の限りを尽くし、法廷でも口から出まかせ——全て嘘。遂には両肩に“V”の焼き印を押し終身禁固の刑。そして更に脱走~逃亡、最後は夫・ニコラスと共に自爆。碌でもない悪女な訳だけど、最後道連れに殺される前、ニコラスがジャンヌに言った台詞「それにしても、お前え最高の女だったぜ」は恥ずかしながら何度見ても号泣! これコンテ切ってる時の出﨑監督の圧倒的ハイ・テンションがフィルムから滲み出てますよね! 悪事を重ねて破滅に突き進むジャンヌに、観てるこちらも一緒になってゾクゾクして見入ってしまう。これはもう視聴ではなく「体験」です! そんな観る者を疑似体験に巻き込む力を持っているのが出﨑アニメで、そんなコンテが自分の永遠の目標です! 3回繰り返すとかではなく——。

佐藤順一の昔から今まで(34)メイキング・オブ・ARIA〈前篇〉

小黒 『ARIA The ANIMATION』(TV・2005年)にいきましょう。『ARIA』は今でも続いてますね(編注:この取材が行われた時点で『ARIA The CREPUSCOLO』が公開済み、『ARIA The BENEDIZIONE』が制作中だった)。

佐藤 そうですね。こんなに続くとは、思わなかったですけど。

小黒 継続中の作品なので、総括はしづらいと思うんですが、聞ける範囲でうかがいたいと思います。

佐藤 はい。

小黒 佐藤さんのところに話が来た時には、原作はどのぐらい進んでたんですか。

佐藤 はっきりとは覚えていないんですけれども、単行本でいうと5巻がまだ出てなかったんじゃないかな。6巻に収録されているエピソードは連載のほうで読んでます。

小黒 アニメの1話を観れば、原作が相当先まで進んでいるのが分かりますね。

佐藤 そう、キャラクターは全部出ていたね。アテナさんが出たのが、原作だと5巻ぐらいでしょ。

小黒 アニメ化はどういったプランで臨まれたんでしょうか。

佐藤 「大きな柱になる事件がない作品で1クールって、どういうふうに作ればいいんだろう?」というところが、スタートですよね。基本的には悪意とかがない、澄んだ水のような作品なので。

小黒 ええ。

佐藤 この作品を観て「あっ、こんな綺麗な作品が好きな自分も捨てたもんじゃないな」と思えるものにするのが、作るべき娯楽のかたちかな。その綺麗さが満足感に繋がるんじゃないかな、と思ったはずです。だから、とにかく余計なものは足さない。ただ、原作の1エピソードが短いので、1クールの中でなるべく消化するために、2つぐらいのお話を上手く繋げて1本の話にしていこうと思った。もう1つには、アクアっていう星を開拓して住むという要素を縦軸に使って、オリジナルの話を入れてまとめようと。そんなざっくりとしたプランからスタートしてます。

小黒 始まった時点で、第2期をやるのは決まってたんですか。

佐藤 いや、始まった時は全然。1クールで着地させる企画としてこちらに来てますね。

小黒 後々、別れや卒業のエピソードがある事は分かっていたわけですね。

佐藤 そうですね。原作に「オレンジな日々」というエピソードがあって、それが肝の話になるんだろうなと感じながらやっていたと思いますね(編注:そのエピソードでは回想でアリシア、晃、アテナの関係が描かれる。そして、彼女達がそうなったように、灯里、 藍華、 アリスも、それぞれが一人前の水先案内人になったら、今のように一緒にいるのが当たり前でなくなるのだろうという事が分かる)。成長して、壁を1つ越えると、なかなか会えなくなるのは切ない。それがシリーズ全体の軸になるな、と思っていました。意外と物語ではその後も度々会うんですけどね。

小黒 最初の3話ぐらいでメインキャラクターを揃えるじゃないですか。これは1クールでまとめるためですか。

佐藤 そうですね。1クールっていう短期勝負なのでそうしました。灯里がペアからシングルに昇格する流れも、原作では順番に描かれてるんだけど、そこをそのままやっていくと、あっという間に話数を食うので、構成の時点で「既にシングルに昇格したところからスタートしよう」と考えていますね。

小黒 あらためて原作を読むと、アニメの作り方がいくつか考えられると思うんですよ。例えば、もっと舞台中心の作り方をして、観光旅行アニメのような作品にもできると思うんです。

佐藤 はいはい。

小黒 でも、『ARIA』は、キャラクターの気持ちに寄った作りになっていますよね。これは狙いを絞り込んで作ったという事ですよね。

佐藤 どうだったかなあ? でも、「観光アニメにしよう」とは、多分一度も考えてないと思うんですよね。ただ、「ネオ・ヴェネツィアっていう街も、川や水の流れる音もキャラだよね」「音と画が1つになってる世界観だよな」というイメージがあったかな。だから、音楽を発注する時にも音と画がワンセットでイメージができるような音楽を依頼したと思いますね。

小黒 画が悪いというわけではないですが、画よりも音楽とドラマで押していく感じになっていますよね。

佐藤 そうですね。結果、そういう感じになってますね。とりあえず、本編が始まったらまず音楽を流すっていうやり方ですから。

小黒 佐藤さんの作品作りが、この辺りから変わっていくわけですよ。音重視になっていく。『カレイドスター』はコンテを沢山描いていましたが、ここではシリーズ構成と音響監督をやっていますからね。

佐藤 そうだね。

小黒 コンテはそんなに押してなくて、音と雰囲気とドラマで作っていく感じにシフトしていくわけですね。

佐藤 でも、実はどの作品も、コンテをガリガリとやるつもりはないので(笑)。『ARIA』だから特別に! という気分でもないんですけどね。ただ、音楽に関しては、『ふたご姫』のような子供向け作品だったら、基本的にドラマに付けるようにはしてるんだけどね。この時のトライとしては、音楽をドラマに付けるんじゃなくて、画に付けるっていうイメージはありますね。当時話していたんだけど、車に乗って運転してる時に音楽をかけるじゃないですか。雨の中を走ってても、音楽がロックだったら外がロックな風景に見えるし、ヒーリングミュージックになったら、そういう風景に見えるんですよ(笑)。

小黒 なるほど。

佐藤 「音楽によって風景の見方って、全然変わるんだな」っていう印象があったので、画を『ARIA』の世界にしてしまうような音楽をもらって、流しっぱなしにするプランで臨んでますね。逆に事件とか起こると、音楽を切るぐらいの気分でやってます。

小黒 『魔法使いTai!』の時におっしゃってた「お話やドラマがなくても成立する作品作り」は、続いているという事でしょうか。

佐藤 「キャラクターで観れるはずである」っていうやつですね。

小黒 そうです。

佐藤 切り替えたつもりもないので、基本はあんま変わってないかな。

小黒 アニメ界全体として、ドラマじゃない作りが当たり前になっていく過程に、佐藤さんのそれらの作品があると思うんですよね。

佐藤 『ARIA』とかは、確かにそうですね。「そもそもドラマを入れなくていいんだ」と。「小さな発見をした。幸せ。以上終了」という物語で大丈夫だと思えたんですよね。やっぱりキャラクターがよくできているので、そのキャラクターを追っかければ、1本の映像作品になるっていう確信があったから。灯里っていうキャラクターの設計が、凄く優れてるんですよね。迷いなく幸せを見つけていく視点を持っているので。

小黒 綺麗な佐藤さんですね。佐藤さんの清らかな面が一番出ている。

佐藤 そうだといいですね(笑)。

小黒 奥様(佐藤恭野)はどこから参加されてたんですか。

佐藤 これは、最初の音楽発注の時からずっといます。『ふたご姫』の時も、音楽の発注の時には、基本入ってもらっていますね。大昔だったらBGMの録りの時に、僕も立ち会ってるんですけど、BGM録りの時って現場のスケジュールとかち合って大変になっている場合が多いので、録りに関してはもう完全に任せていますね。

小黒 『ストレンジドーン』以降はずっと奥様が選曲をされてますね。

佐藤 そうですね。もしかしたら『ストレンジドーン』は、僕も録りに立ち会ったかもしれないけど、音楽の録りに関しては向こうにお願いして、こっちは現場のほうにかかりきりになるスタイルが多くなります(笑)。

小黒 『ARIA』では、佐藤さんのほうから「この場面でこの曲を使いたい」といった事を奥様に伝えるような事があったんですか。

佐藤 「この場面では、この音楽を使いたい」という方針を立てて、絵コンテを切る事もあるっちゃあるんだけど、基本的には東映のやり方と同じです。絵コンテにラインをバーッて引いて「ここにいい感じの曲ください」とお願いするやり方ですね。ラインと一緒に「朝のワクワクタイム」とか「お散歩」や「切ない夕暮れ」という感じの説明書きをつけて、そのイメージと尺に合わせて音楽を選曲してもらう流れは変わらないですね。「1話のこのシーンでこの曲を使ったから、後の関連する話数にもこの曲を使おう」といったプラン作りは、選曲のほうでやっています。最近だと、「音楽演出」というクレジットにしてるんですけど、東映でやっていた頃から演出的な視点で音楽を入れていく作業をしてもらってるんですよね。


●佐藤順一の昔から今まで(35)メイキング・オブ・ARIA〈後篇〉 に続く


●イントロダクション&目次

第738回 2022年も出﨑アニメ

ぴあDVDBOOKシリーズ『ベルサイユのばら』3巻、いよいよ後半・出﨑アニメに突入!

 前半・長浜忠夫監督版は漫画・劇画的演出に満ちています。長浜監督は自身で画コンテを描かれる演出家ではなく、アングルやカメラワークなどコンテマン任せになるため、『巨人の星』同様、常に“全体的に通したい演出のトーン”を説明して描いてもらったのだと思います。この辺りの“自らコンテを切らない初期東京ムービー(現・トムス・エンタテインメント)作品の監督スタイル”については、『(旧)ルパン三世』DVDBOXで大隅(現・おおすみ)正秋監督インタビューにて触れられており、興味深い話でした。それは東京ムービーに限らず、業界全体に「アニメの監督って何する人?」に対しての明確な回答がなかった頃の話で、会社によって監督の仕事内容は(自分が話に聞いたことがある範疇内でも)バラバラ。現在アニメファンの方々がイメージする“当然、画が巧くてこそのアニメ監督”には程遠く、

自分は筆を執らず「画を描くのはアニメーターの仕事」と割り切り、指令塔に徹するのが監督!

だったようです。よって、世にまだアニメ監督なる職が存在しなかったことにより、異業種から演出(長浜監督・おおすみ監督共に人形劇出身)を呼ばざるを得なかった時代から、アニメーターの中より選ばれた次世代のアニメ監督へバトンタッチされた——即ち、監督スタイルの世代交代が行われた作品としても象徴的なのがアニメ『ベルサイユのばら』と言えるでしょう(現に出﨑監督は長浜監督よりひと回り若いはず)。この前後で出﨑さん以外にも宮崎(駿)さんやりん(たろう)さんら、アニメーター出身監督が世間に認知されるようになり、現在まで続くメイキング・ドキュメンタリーなどで皆さん御存知の、自らコンテ・作画もできる人が監督をするのが主流になっていった訳です。ただ、どっちの監督スタイルが良いのか? は議論になるところなので、それはまた今度。
 で、後半は全くの出﨑アニメ! 女性の本性を覗き見たような映画的トリミング画面が魅力です! 監督降板による準備不足からか、『ベルばら』における出﨑監督(さきまくら)によるコンテは、極端に“部分”に寄ってトリミングされ、現在プロになった自分から見ると、TVではやむを得ない作画の省力化と本編ドラマの緩急とが神がかり的にマッチしていて素晴らしいの一言。

第19話「さよなら、妹よ!」
ここから、最終話(第40話)まで全話“コンテ・さきまくら”!!

19話のファースト・カット——振り向くシャルロットで、画はもう“出﨑アニメ”! 続いて贈られた花束のド寄りに被るシャルロットのOFF台詞、ド・ギーシュ侯爵登場(あおりで高笑い)~シャルロット気絶までのアバンだけで「諸君、こっからは俺のフィルムだ!」と言う出﨑監督の声が聞こえてくるような、誰にも真似できない演出の妙技。毎週一筆書きの様にコンテを描き綴ったのでしょう。カットの流れに迷いがない! というか、

TVアニメとは1980年に出﨑統監督によって完成した表現形態である!

と断言出来るでしょう!——ごめんなさい、『ベルばら』は1回では語り切れない。また次週。

アニメ様の『タイトル未定』
334 アニメ様日記 2021年10月17日(日)

編集長・小黒祐一郎の日記です。
2021年10月17日(日)
この日の『トロピカル~ジュ!プリキュア』は絵コンテが大地丙太郎さん。『ワッチャプリマジ!』は放送2回目。『ミュークルドリーミー みっくす!』は引き続き放送中。つまり、同じ日の午前中に、大地丙太郎さん絵コンテ回、佐藤順一さん総監督作品、桜井弘明さん監督作品が放送されたわけである。ちょっと嬉しかった。
昼の散歩時にApple Musicの「THE BEST!! スーパーロボット魂 -Ultimate LIVE 10th Anniversary Edition-」を聴いた。MIQさんが「MEN OF DESTINY」の最初に「オッケー、私のガンダムも盛り上がってる!」と言う。以前に聴いた時も変な言い回しだなあと思ったのだけれど、「私のガンダム」がニナ・パープルトンのセリフからの引用であることに気がついた。MIQさんのセリフがあまりにパワフルなので、ニナのセリフと重ならなかったのだ。それから、前にも書いたかもしれないけど、堀江美都子さんとMIQさんの「宇宙の王者! ゴッドマーズ」が最高にいい。
上野を散歩して、時間が合うようなら吉松さんと合流して呑む予定だったのだけど、ワイフが風邪気味っぽいので中止。午後になって吉松さんと練馬で呑むことになり、串揚げ屋で呑む。ワイフにはお土産でシュガーバターサンドを買って帰る。

2021年10月18日(月)
株式会社サンライズ、株式会社バンダイナムコピクチャーズ、株式会社SUNRISE BEYOND、株式会社サンライズミュージックの本社が荻窪の藤澤ビルディングに移転することが発表となった。藤澤ビルディングは、以前、マッドハウスが入っていたビルで、今はコミックス・ウェーブ・フィルムがここにあるはずだ。サンライズは上井草の印象が強いので、そこを離れることになったのには驚いたし、少しばかり寂しい。
ワイフとグランドシネマサンシャインで「DUNE/デューン 砂の惑星」【IMAXレーザーGT字幕版】を観る。原作1巻は学生時代に読んでいるし、デヴィッド・リンチ監督の映画も観ている。単純に自分の趣味で言えば、今回の映画は好きなタイプのものではなかったけれど、それはともかく、よくできていた。雰囲気や世界観を楽しむ映画だった。

2021年10月19日(火)
グランドシネマサンシャインで『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章-TAKE OFF-』を観る。予想の倍くらいよかった。ヤマト側のドラマが全体的によかった。意外なくらい「俺達のヤマト」な感じがあった。
『境界戦機』1話と2話を観る。偶然だと思うが、羽原さんが監督のロボットアニメで、主人公の相棒の名前が「ガイ」というところが胸アツである。
TOKYO MX2で放送されている「JET STREAM」を録画で観る。同名ラジオ番組のTV版だ。初代パーソナリティである城達也さんの語りに映像をつけたものなのだが、かなりいい。仕事に流すBGVに最適だと思う。
バンダイナムコホールディングスが映像事業会社3社の統合と音楽・ライブイベント事業会社3社の統合を実施すると発表した。

2021年10月20日(水)
駅前の喫茶店であるプロデューサーと打ち合わせ。この方と話をするのは10数年ぶり。近況を含めて、たっぷりと話す。午後はある監督と電話で打ち合わせ。打ち合わせから雑談に入り、作画話など。こちらも色々と話ができて楽しかった。緊急事態宣言が解除されて、人と会えるようになったのだから、もっと色んな人と会って話そう。
『見える子ちゃん』を観る。タイトルから想像したのと随分違った。おじさんが観て楽しめると思う。『シキザクラ』の1話と2話を観る。こちらは3DCG作品なんだけど、演出がいい。特に日常芝居がいい。抑制を効かせてポイントのみを動かしている感じ。要するにTVアニメ的だ。見やすいし、この方向で作り込んでいくのはありだと思う。

2021年10月21日(木)
『僕のヒーローアカデミア』を再見。1期1話から始める。

音響監督の水本完さんが亡くなられたことを知る。沢山の作品を手がけた方だ。タツノコプロ初期から活躍したベテランで、『おそ松くん(1988年)』『幽★遊★白書』での仕事も素晴らしかった。心よりご冥福をお祈り致します。

2021年10月22日(金)
『僕のヒーローアカデミア』の再視聴は1期を終えて、2期に入った。

以下はTwitterに書いた話。
『機動戦艦ナデシコ The prince of darkness』の予告編は4分30秒ほどの、予告編としては大変に長いものです。この予告編の構成は僕が担当しています。内容はTVシリーズの総集編ですね。僕は使用するシーンを選んで、台本を書きました。演出は羽原信義さんです。記憶が正しければ、僕に発注が来た段階で、これは予告編ではなかった。「TVシリーズを観ていない人のために、TVシリーズを紹介するフィルムを作って映画館で流す。その構成してくれ」というオーダーだったと思います。作っている途中で「予告編として使う」ということが決まったのかもしれませんが、構成している段階では予告編は別に作られると思っていました。劇場版の内容にほとんど触れていないのはそのためです。
フィルムがあれば、10月23日のレイトショーで、劇場版と一緒に上映してもらいたいと思っていたのですが、残念なことにフィルムは現存していないようです。Blu-ray BOX等に映像特典として収録されているはずです。よろしかったら、そちらでどうぞ。

2021年10月23日(土)
東京国際映画祭『グッバイ、ドン・グリーズ!』は、ようやくチケット販売ページに入れたと思ったら、既に完売。残念。
夜はレイトショー「【25周年&画集刊行記念】劇場版『機動戦艦ナデシコ』上映会!!」を開催。上映を少し観たが、映像の完成度は今の目で観てもかなりのもの。フィルムの状態もよかった。トークはゲストが多くて、時間が短めだったので、タイムキープを優先。楽屋ではゲストの佐藤徹プロデューサーとご家族の仲のよい感じが印象に残った。

第222回 聞こえてる? 〜見える子ちゃん〜

 腹巻猫です。今年もよろしくお願いします。新年早々、構成を担当したサントラが発売されました。1月5日発売「大正オトメ御伽噺 音樂集」です。音楽は高梨康治さん。得意のヘビィメタルを封印して挑んだ音楽はハートウォーミングかつノスタルジック。ほっこりします。
https://www.amazon.co.jp/dp/B09HZ3F4DR/


 最近楽しみに観ていた作品が昨年(2021年)9月から12月まで放送されたTVアニメ『見える子ちゃん』だ。
 ある日突然、化物が見えるようになってしまった女子高校生・四谷みこ。バス停にも学校にも商店街にも化物が現れて、「見える?」と話しかけてくる。それが見えているのは自分だけらしい。みこは恐怖におびえながら、化物を完全に無視することで状況を乗り切ろうとする。
 超自然の存在が「見えてしまう」少年少女の話は多いが、そのほとんどは化物退治の話になる。それに対して『見える子ちゃん』は化物を徹底的にスルーするのがユニーク。みこは何も見えてないふりをして化物をやりすごそうとしたり、唐突な理由をつけてその場を離れようとしたりする。ホラーなのにコミカルだ。コミカルだけどじわじわと怖くなる。
 しかし、これはとても現代的なホラーだと思う。今の世の中、見たくないものが目に飛びこんできたり、聞きたくないことが耳に入ってきたりする機会が多い。正体のわからない者が近寄ってくることもある。そんなとき、真正面から対抗すると相手に気づかれてかえって状況が悪化する。スルーすることが最善だったりするのだ。みこの行動はとても身につまされるし、共感する。本作がなんだか心にひっかかるのは、だからかもしれない。

 そんな『見える子ちゃん』の音楽を担当したのは、うたたね歌菜。幼少期よりピアノを習い、18歳から作曲を始めて半年後には「アイドルマスター」のメインキャラのキャラソンコンペに採用された(公式プロフィールより)という才媛である。安田悠基と共に作家ユニット「KanadeYUK」を結成し、アーティストやアニメ作品への楽曲提供、アレンジなどで活躍。また、単独でTVアニメ『RE-MAIN』(2021)、『明日ちゃんのセーラー服』(2022)等の劇中音楽も担当している。
 この1月から放送が始まった『明日ちゃんのセーラー服』ではリリカルなピアノの曲などが映像をやさしく彩っていた。おそらく、こういう音楽がうたたね歌菜本来の持ち味なのだろう。
 それに比べると、『見える子ちゃん』の音楽はなかなか挑戦的だ。大きく分けると「怖い音楽」と「怖くない音楽」に大別できる。「怖くない音楽」はキャラクターテーマや日常曲、心情曲などのオーソドックスな楽曲。弦や木管、ピアノなどの生楽器中心の編成で親しみやすいメロディを聴かせてくれる。
 いっぽう「怖い曲」は明確なメロディを持たない効果音的、あるいは実験音楽的な曲が多い。さまざまな工夫を凝らした恐怖サウンドは一般的なポピュラー音楽では聴けない映像音楽ならではの表現にあふれている。筆者の大好物のジャンルである。
 本作のサウンドトラック・アルバムは2021年12月にKADOKAWAから発売された。収録曲は以下のとおり。

  1. お分かり頂けただろうか
  2. 恐怖の交信
  3. 見える? 見えてる?
  4. 出現
  5. 見えてない見えてない
  6. 目があったらさようなら
  7. 我慢するみこ
  8. 迫り来る恐怖
  9. ハナ
  10. 占いの館のマザー
  11. ユリア
  12. 怪しい神社
  13. さんかい
  14. さんかいの怒り
  15. 不穏な気配
  16. 困惑のみこ
  17. 発見
  18. 見えているんだろ?
  19. 水面下の作戦
  20. ほっこり子猫
  21. 耐えるみこ
  22. 助けてあげないと!
  23. 心配
  24. センチメンタル
  25. 困ったな
  26. 一安心
  27. 対峙
  28. 追い込まれた!
  29. 戦う化物
  30. 緊急事態
  31. 暴走する化物
  32. 束の間の日常
  33. お友達
  34. お買い物
  35. るんるんご機嫌
  36. 見えないふり
  37. あっちとこっち
  38. 恥ずかしい
  39. 優しい気持ち
  40. ありがとう、さようなら

 帯には「劇中音楽を全トラック収録!」とあり、ボリュームたっぷりの内容。ただ、劇中で流れた曲がすべて入っているわけではないので、完全収録ではないようだ。
 なお、CD版と配信版ではなぜか一部の曲名が違っている。上記の収録曲リストは配信版の曲目表記。CDのブックレットに掲載された曲リストではトラック35の曲名が「ありがとう、さようなら」(上記のトラック41)になっていて、以下、36が「お買い物」、37が「るんるんご機嫌」という具合に配信版と1曲ずつ曲名がずれている。曲順が違っているのではなく、曲は同じで曲名だけが異なっているのだ。曲調から考えて、配信版のほうが正しくてCDのほうが表記ミスだと思うのだが……。
 さて、アルバムの序盤は「怖い曲」の連発である。
 第1話の本編冒頭、バス停でバスを待っていたみこが不気味に乱れるスマホの画面におびえる場面。流れてくるのが1曲目の「お分かり頂けただろうか」。ビブラフォン風の音色が奏でるシンプルなメロディに不安な効果音が重なり、「日常に割り込んでくる恐怖」を表現する。物語の始まりにふさわしい音楽だ。この曲についてはまだ語りたいことがあるが、それはあとで。
 「ピーピーガーガー」という耳ざわりな電子音が連続する「恐怖の交信」、緊迫感をあおるパーカッションと電子音に混じって人のささやき声らしきものが聞こえる「出現」、不気味で重苦しいリズムと弦の特殊奏法を組み合わせた「迫り来る恐怖」など、ホラーものらしい音楽が続く。
 第1話で自宅の洗面所の鏡の中に化物を見てしまったみこが、「目が痛いなあ」とつぶやいて化物を無視しようとする。そこに流れるのがトラック5の「見えてない見えてない」。アルペジオ風のピアノのメロディとノイズ風のサウンドがミックスされた曲で、これも日常の中に出現する恐怖を演出している。こういう、日常描写的なサウンドが恐怖に浸食されていく表現が、本作の音楽の真骨頂と言えるかもしれない。
 トラック9の「ハナ」からは、みこをとりまくキャラクターのテーマ。シタールの音色を使ったエキゾチックな「占い館のマザー」、ストリートオルガンが奏でるサーカスミュージック調の「ユリア」(ダニー・エルフマンっぽい)、怪しさ全開の「善」など、どれも個性的だ。なかでも印象に残るのは、みこの親友・百合川ハナのテーマ「ハナ」。弦のピチカートとピアノ、木管などの愛らしいサウンドがハナの天真爛漫さを表現する。みこにとってハナは化物の恐怖を忘れさせてくれる心のよりどころ的存在。劇中でもこの曲が流れてくるとほっとする。トラック34「お友達」も同様の曲調の日常曲だ。
 アルバム中盤ではふたたび恐怖音楽が並んだあと、しっとりした心情描写曲が登場する。
 ピアノとチェロが奏でるトラック26「困ったな」は、第8話のラスト近く、産休に入る先生にまといつく白い影の正体をみこが気づく場面に流れた曲。みこが見えるのが悪い化物だけでないことがわかる印象深いシーンだ。
 パーカッションとハープのアンサンブルが奏でる「心配」は第8話の金庫を開けようとするおばあさんのエピソードで流れた曲。第4話のエピローグでみこが父にプリンをあげるシーンの「センチメンタル」や、タイトルどおりのほっとひと息つくシーンに流れる「一安心」もしみじみとしたいい曲である。
 トラック28の「対峙」からはまた恐怖ムードへ。「追い込まれた!」「戦う化物」「緊急事態」などは、みこが化物から逃げる場面、神社に現れたなぞの巫女姿のもの(霊的存在らしい)が化物を消滅させる場面などに使われた。怖い雰囲気よりも直接的な恐怖や緊迫感を表現するアクティブな楽曲である。
 トラック33の「束の間の日常」からラストまでは明るい日常曲やユーモラスな曲が収録されている。怖い曲に始まり、ほっとする曲で終わるアルバムの構成はなかなかいい。
 アルバム終盤で印象深い曲はトラック37の「見えないふり」。木管と弦のピチカート、パーカッションなどが、ちょっととぼけたメロディを奏でる曲だ。第8話で、いったんは化物に「ちゃんと向き合おう」と思ったみこだが、現れた化物を目にして「やっぱり無理」と思い直す。その場面にもこの曲が使われた。このメロディをアレンジした別の曲も劇中で流れており、次回予告にも同じメロディが使われている。「見えないふり」という曲名ともども、本作を代表する楽曲と呼べるだろう。
 最後に収録された「ありがとう、さようなら」は、ピアノとストリングスが奏でる温かくやさしい曲。最終回のラストシーンで使われた。物語を締めくくる曲であり、アルバムのラストナンバーとしても味わい深い。
 こういうリリカルな曲が『明日ちゃんのセーラー服』でも聴けそうだと筆者は期待しているのである。
 その「ありがとう、さようなら」だけど、曲中に「チリチリ」というノイズっぽい音がときどき混じるのが気になる。曲の終盤には楽曲に似つかわしくないような電子音も聴こえてくる。思うに、しっとりした日常曲の中に違和感を潜ませるためにこうした音作りをしているのではないか。

 で、1曲目の「お分かり頂けただろうか」である。
 この曲、すごく不思議なところがある。不思議というか、ドキッとするところがある。曲の中で音が一瞬途切れたり、レコードの針が飛ぶように音が飛んだりする箇所があるのだ。CDにキズがついていたり、デジタルコピーに失敗したりするとこういう現象が起きる。筆者は、これが再生ミスやコピーミスでないことを確認するために、CDのリッピングをやり直し、配信版のデータも買ってしまった。波形レベルで確認するとCD版も配信版も同一。つまり、エラーではなく、こういう曲なのだった。
 恐怖を表現するために、映像音楽は古くからいろいろな工夫を重ねてきた。楽器の特殊奏法、民族楽器やミュージックソー、テルミンなど特殊な音を出す楽器の導入。シンセサイザーが普及してからは、不安感や恐怖感をあおるサウンドを人工的に合成する試みも進んだ。
 近年進化したのが、デジタル技術による音の加工である。アナログの時代ではレコードやテープの回転をコントロールしたり、テープを切断編集したりして行っていた加工が、今はデジタルで自在にできるようになった。そうして生まれた音楽の代表がブレイクビーツだ。
 「お分かり頂けただろうか」で行われている音の加工も、ブレイクビーツ的と言えなくもない。が、ブレイクビーツがカッコよさを追求しているのに対して「お分かり頂けただろうか」は気持ち悪さを追求している。映像の分野では、フィルムの傷やブロックノイズを模した表現で恐怖を演出する試みが行われている。それと同じ方向性だ。
 けれど、これはとても勇気のいる試みである。なぜかというと、こういう音を聴いたら、ユーザーは「楽曲もしくはCDの制作ミスではないか」「ダウンロードに失敗したのではないか」と疑うと思うからだ(実際、筆者がそうだった)。購入者から問い合わせが来る可能性もある。
 でも、『見える子ちゃん』ではあえてそれをやっている。結果、とても気持ち悪い、怖い曲ができた。メロディや音色が気持ち悪いのではない。デジタルエラーを連想させるサウンドが恐怖を呼ぶのである。ハードディスクやメディアに保存していた大切なデータが壊れてしまったときの衝撃を想像すれば、その怖さがおわかりいただけると思う。これこそ、デジタル時代の恐怖サウンドでないかしら。

「見える子ちゃん」オリジナルサウンドトラック
Amazon

第737回 2022年始まり

今年もアニメ制作、頑張ります!
また、その枠内で新たなチャレンジも!

 2022の干支は寅ってことは、“年男”ですか、俺。寅年生まれが関係してるかどうか分かりませんが、板垣は3歳の頃からペンや鉛筆を握っては“トラ”ばかり描いてました。トラってカッコいいですよね! トラは未だに自分の中で「いちばんカッコいい動物!」と位置づいてます。因みに「いちばん美しい動物」は“ウマ”! ま、何しろ自分は、寅年生まれで、幼少期はトラの画ばかり描き、一時期流行った動物占いという名の性格判断でもトラだったということ。どーでもいい話題とは思いつつも、今の仕事に全く結びついていないとも思いません。
 そんなわけで、話を戻しましょう。昨年は私事で色々ありましたが、今年はちょっと落ち着いて、これからの自分のライフスタイルとワークスタイル共に考え直す年にするつもりでいます。
 まず、できるだけ父親の墓参りをしに名古屋(実家)に帰る回数を増やしたい、と。向こうの友人らにも会う機会を出来るだけ設けたいし。そのためにはまず、現場(会社)での自分の仕事内容をもう少し“管理”寄りにして、実務作業を後輩へ譲ります。次回作をシリーズ構成・総監督でやるのもその一環。監督として現場を仕切れる人間を育てるためです。そうすると、脚本とコンテ発注まで自分が付き合って、さらに次の仕事の準備ができるようになるはず(現実、次が控えてます)。ま、まだもう少し自分の方で面倒見なければならない作画カットは参加せざるを得ませんが、それも数を限定するつもりではいます。

そろそろ40代終わる現在まで、ヒット作や評価される作品も作れていない自分なんかの現場に付いてきてくれている後輩らに、半分譲っていかないと辻褄合いませんからね!

 と、いうわけで正月休みの抜けきらない年始めにしては、打ち合わせや面談などが本日目白押しであったため、短くてすみません。今年も宜しくお願いします!

アニメ様の『タイトル未定』
333 アニメ様日記 2021年10月10日(日)

編集長・小黒祐一郎の日記です。
2021年10月10日(日)
トークイベント「第180回アニメスタイルイベント 沓名健一の作画語り[ネットで観られる若手の注目アニメ]」を開催。スピード感、トークの密度感のようなものが、アニメスタイルイベントとしてはやや異色のものとなった。そうなったのは、進行を沓名君に任せたからというのもあるのだけど、出演者をステージと桟敷席に分けたせいでもあるのだろう。ただ、普段とノリが違うのが悪いわけではない。イベントの内容としては、沓名君がネットで作品を発表している若手を紹介するというもので、刺激的だったし、勉強にもなった。
『先輩がうざい後輩の話』『古見さんは、コミュ症です。』の1話を観た。どちらも素晴らしい出来。特に『古見さん』はこの後に2エピソードつけたら劇場作品になりそう。

2021年10月11日(月)
グランドシネマサンシャインで「007/ノー・タイム・トゥ・ダイ」【IMAXレーザーGT字幕版】を観る。IMAXはワイフと観に行くことが多いのだけれど、今は仕事が忙しいとのことなので、吉松さんを誘って一緒に観た。最近の007はきちんと観ていない(過去のものもそんなに観ているわけではない)ので、映画としての感想は書けない。ただ、IMAX(R)フルサイズのパートが素晴らしかった。フルサイズが序盤だけだったのがちょっと残念。
オールナイト「新文芸坐×アニメスタイル セレクションvol.132 押井守映画祭2021」で『うる星やつら2 ★ビューティフル・ドリーマー★』を上映することを発表する。ようやく『★ビューティフル・ドリーマー★』の上映が実現した。ずっと企画を出していたのだけれど、今まで実現しなかった。押井さんのトーク付きで『★ビューティフル・ドリーマー★』を上映できる。悲願達成だ。

2021年10月12日(火)
特典小冊子「劇場版 機動戦艦ナデシコ 原画集」の色校正紙が出る。新番組を片っ端から観た。11日から心身をリフレッシュするために、ワイフとドーミーイン池袋に泊まっている。ホテルから出社して、作業をしてホテルに戻る生活だ。この日はたっぷり休んで、温泉にも何度か入ったのだけれど、今まで意識していなかった疲労が顕在化して、クタクタになった。

2021年10月13日(水)
ドーミーインをチェックアウト。食事の後、今まで入ったことがなかった「ガシャポンのデパート池袋総本店」に寄る。
テレビ東京夕方のアニメ枠は月曜から水曜が無くなったようだ。それで毎日、18時台に実写ドラマをやっているのね。18時台のアニメは木曜の『SHAMAN KING』、金曜の『パウ・パトロール ベストセレクション』『妖怪ウォッチ♪』のみ。土日を入れても日曜の『BORUTO NARUTO NEXT GENERATIONS』『パズドラ』だけ。ちなみに19時台は金曜の『ポケットモンスター』『新幹線変形ロボ シンカリオン Z』のみ。これは少しばかりショックだ。テレ東アニメ枠が激減したのもショックだけど、それに自分が気づかなかったのもショックだ。
この数日は散歩時にAmazon Musicでプレイリスト「ルパン三世 アニメ・ソングス」を聴いていた。全100曲・7時間3分という長大なプレイリストで、初めて聴く曲も多かった。49曲目が「犬神家の一族~愛のバラード」で、なんで? と思ったら「LUPIN THE BEST “JAZZ” 」というアルバムに、この曲が入っているのね。それでも「犬神家の一族~愛のバラード」が『ルパン三世』のプレイリストに入っているのは首をひねるけれど。
最近、Kindleで「3月のライオン」を読んでいる。最初の数巻はアニメになった時に読んでいるはずなんだけど、新鮮な気持ちで楽しんでいる。自分が年をとったせいか、20代とか30代の男性キャラも可愛いと思ってしまう。いや、これは僕の年齢のせいだけでなく、作者のキャラ愛のためでもあるのだろう。10巻のラストには驚いた。

2021年10月14日(木)
小山高生さんがTwitterで、アニメシナリオハウスを開講した時に38歳だったと書かれていた。お若かったんだなあ。ぶらざあのっぽ結成時は40歳になる少し前のようだ。お弟子さんとそんなに年齢が離れているわけではなかったのだ。当時、小山さんには何度も会っているけれど、ベテランの風格があった。
一昨日書いたテレビ東京夕方枠について追記。9月までのテレビ東京の18時台は、月曜がTOKYO MXでやっていた『IDOLY PRIDE』の再放送で、火曜が「新生劇場版公開記念『テニスの王子様全国大会篇』セレクション」、水曜が実写ドラマの『ガル学。 Girls Garden』だった。つまり、夏の段階で、月曜から水曜は既に再放送か実写ドラマになっていたのだ。確かにテレ東夕方の印象が薄くなっていたなあ。

2021年10月15日(金)
13時から中野方面である監督に取材。「アニメスタイル016」のためのインタビューだった。取材が終わった後で、インタビューイと世間話をしたのだけれど、これが楽しかった。リモート取材でも世間話はできるけど、やっぱり対面のほうがいい。取材の帰り道で、今後の記事の相談もできた。「こういう企画はいかが」「いいですよ。ノリますよ」みたいな感じで。ああ、これこれって感じ。その帰り道の途中で見知らぬ若者に声をかけられた。「荷物を郵便局まで運びたいので手伝ってもらえませんか」とのこと。見ると彼の脇に大きな段ボール箱が置かれている。僕が手伝おうとすると、インタビューイが「(小黒さんとの)思い出づくりになるから僕も運びますよ」と言って、二人で若者の段ボールを運ぶのを手伝った。三人で運ぶほどの重さではないのだけれど、楽しかったから問題ない。確かに思い出になった。

2021年10月16日(土)
新文芸坐で「海と毒薬」(1986/123分/35mm)を観る。プログラム「生誕90周年企画 熊井啓映画祭2021」の1本だ。手術シーンのリアリティと緊張感は素晴らしい。その前後も面白い。ではあるけれど、映画全体としてはあまり面白くない。事件を提示し、人物やその心情を描くのみでドラマにしていないからだろう。ドラマになりそうなところを、あえてドラマにしていないようにも思えた。
金曜ロードショーの「アニメ化50周年記念「みんなが選んだルパン三世」第1弾TVシリーズセレクション」を録画で観る。贅沢な構成ではあるけれど、4本のメリハリはよくない。PART5を最終回だけ流してもなあ、と思う。『新ルパン』最終回の後というのもよくない。『新ルパン』最終回とPART5の最終回のスピード感の違いは凄まじいほどのもので、ますますPART5は不利だった。

新文芸坐×アニメスタイルSPECIAL
フリクリ レイト

 2022年最初のアニメスタイルと新文芸坐の上映企画は「新文芸坐×アニメスタイルSPECIAL フリクリ レイト」です。2000年から2001年にかけて発表された傑作OVA『フリクリ』全6話を劇場のスクリーンで上映します。

 開催日は2022年1月8日(土)。トークコーナーの出演は鶴巻和哉監督を予定しています。前売りチケットは1月1日(土)10時からオンラインと新文芸坐窓口にて販売します。詳しくは新文芸坐のサイトをご覧になってください。

 なお、当日は『フリクリ』の資料を集めた書籍「フリクリ アーカイブス」を、鶴巻監督のサイン入りで販売する予定です。

新文芸坐×アニメスタイルSPECIAL
フリクリ レイト

開催日

2022年1月8日(土)

開場

開場:17時10分/開映:17時30分 トーク終了:21時20分(予定)

会場

新文芸坐

料金

一般2000円、学生・友の会・シニア1800円

トーク出演

鶴巻和哉(監督)、小黒祐一郎(アニメスタイル編集長)

上映タイトル

『フリクリ』全6話(2000-2001/156分/BD/途中休憩あり)

備考

※トークショーの撮影・録音は禁止

●関連サイト
新文芸坐オフィシャルサイト
http://www.shin-bungeiza.com/

新文芸坐×アニメスタイル セレクションvol. 134
アニメーターの仕事に痺れろ!ビバップ・エスカフローネ・ストレンヂア!!

 2022年1月15日(土)に劇場アクションアニメのオールナイトを開催します。上映作品は『カウボーイビバップ 天国の扉』『エスカフローネ[劇場版]』『ストレンヂア 無皇刃譚』の3本。いずれも見応えのある作品です。

 トークのゲストは川元利浩さんと中村豊さんです。『カウボーイビバップ 天国の扉』で川元さんはキャラクターデザインと作画監督を、中村さんは『カウボーイビバップ 天国の扉』でアクション絵コンテ、アクション作画監督を担当しています。
 川元さんも中村さんも『エスカフローネ[劇場版]』『ストレンヂア 無皇刃譚』では作画で参加。中村さんは『エスカフローネ[劇場版]』は冒頭の、『ストレンヂア 無皇刃譚』ではクライマックスのアクションシーンを描いています。

 チケットは1月8日(土)から発売開始。前売り券の発売方法については、新文芸坐のサイトで確認してください。なお、新型コロナウイルス感染予防対策で、観客はマスクの着用が必要です。入場時に検温・手指の消毒を行います。

 なお、既に告知されているように、新文芸坐は改装のため、2022年1月31日(月)から2022年3月31日(木)まで休業します。アニメスタイルと新文芸坐の上映企画も2月と3月はお休みとなります。

新文芸坐×アニメスタイル セレクションvol. 134
アニメーターの仕事に痺れろ!ビバップ・エスカフローネ・ストレンヂア!!

開催日

2022年1月15日(土)

開場

開場:22時10分/開演:22時30分 終了:翌朝5時30分(予定)

会場

新文芸坐

料金

【指定席】一般3300円、友の会2800円

トーク出演

川元利浩、中村豊、小黒祐一郎(アニメスタイル編集長)

上映タイトル

『カウボーイビバップ 天国の扉』(2001/114分/DCP)
『エスカフローネ[劇場版]』(2000/95分/BD)
『ストレンヂア 無皇刃譚』(2007/102分/35mm)

備考

※オールナイト上映につき18歳未満の方は入場不可
※トークショーの撮影・録音は禁止

●関連サイト
新文芸坐オフィシャルサイト
http://www.shin-bungeiza.com/

第183回アニメスタイルイベント
ここまで調べた片渕監督次回作7【いよいよ千年前の疫病について語ろうと思います編】

 片渕須直監督は『この世界の片隅に』『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』に続く、新作劇場アニメーションを準備中です。まだ、作品のタイトルや内容は発表になっていませんが、平安時代に関する作品であるのは間違いないようです。
 新作の制作にあたって、片渕監督は平安時代の生活などを調査研究しています。その調査研究の結果を少しずつ語っていただくのが、トークイベントシリーズ「ここまで調べた片渕須直監督次回作」です。これまでのイベントでも、あっと驚くような新しい解釈が語られてきました。
 2022年1月22日(土)に開催する第7弾のサブタイトルは【いよいよ千年前の疫病について語ろうと思います編】。今までのイベントでも語られていた当時の疫病がテーマとなります。話を聞くと、清少納言が生きた時代の見え方が変わるかもしれません。出演は片渕須直さん、前野秀俊さん。聞き手はアニメスタイルの小黒編集長が務めます。
 なお、会場は今までの新宿のLOFT/PLUS ONEではなく、阿佐ヶ谷ロフトAとなります。

 今回のイベントは会場にお客さんを入れての開催となる予定です。チケットは〈会場での観覧+配信視聴〉と〈配信視聴〉の2種類を販売します。配信は先行してロフトグループによるツイキャス配信を行い、その後にアニメスタイルチャンネルで配信します。アニメスタイルチャンネルではトーク本編とは別に「ここまで調べた片渕須直監督次回作・ミニトーク」も配信する予定です。なお、ツイキャス配信には「投げ銭」と呼ばれるシステムがあります。「投げ銭」による収益は出演者、アニメスタイル編集部にも配分されます。アニメスタイルチャンネルの配信はチャンネルの会員の方が視聴できます。

 チケットについては2021年12月25日(土)12時からチケット発売となります。詳しくは、以下のロフトグループのページをご覧になってください。

 阿佐ヶ谷ロフトAを含むLOFTの会場は厚生労働省が定めた、新型コロナウイルス感染症に関するガイドラインを遵守し、さらにガイドラインよりも厳しいLOFT独自の基準を設けて、万全を期してイベントを開催しています。来場されるお客様にはマスクの着用、手指の消毒をお願いしています。消毒液は会場に用意してあります。また、体調の優れないお客様は来場をお控えください。

 ※新型コロナウイルス感染症の感染状況を鑑みて、本イベントを無観客配信のみの開催に切り換えさせていただきます。〈会場での観覧+配信視聴〉のチケットは払い戻しさせていただきます。詳しくは以下のページをご覧になってください。
 直前のお知らせとなってしまい誠に申し訳ありませんが、何卒ご理解賜りますようお願いいたします。(01/18追記)

【無観客配信のみへ変更】ここまで調べた片渕監督次回作7【いよいよ千年前の疫病について語ろうと思います編】(LOFT/PLUS ONE)
https://www.loft-prj.co.jp/schedule/broadcast/201252

■関連リンク
ロフトグループ
https://www.loft-prj.co.jp/schedule/broadcast/201252

アニメスタイルチャンネル
https://ch.nicovideo.jp/animestyle

第183回アニメスタイルイベント
ここまで調べた片渕監督次回作7【いよいよ千年前の疫病について語ろうと思います編】

開催日

2022年1月22日(土)
開演12時 終演15時予定

会場

阿佐ヶ谷ロフトA

出演

片渕須直、前野秀俊、小黒祐一郎

チケット

会場での観覧+ツイキャス配信/前売 1,500円、当日 1,800円(税込・飲食代別)
ツイキャス配信チケット/1,300円

■アニメスタイルのトークイベントについて
 アニメスタイル編集部が開催する一連のトークイベントは、イベンターによるショーアップされたものとは異なり、クリエイターのお話、あるいはファントークをメインとする、非常にシンプルなものです。出演者のほとんどは人前で喋ることに慣れていませんし、進行や構成についても至らないところがあるかもしれません。その点は、あらかじめお断りしておきます。

新刊「22/7 あの日の彼女たち Animation note」の本文ページのサンプルを公開します!

 アニメスタイルの新刊「22/7 あの日の彼女たち Animation note」の本文サンプルページを公開します。

「22/7 あの日の彼女たち Animation note」は12月30日(木)~31日(金)に東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット99」で複製原画付きのバージョンで先行販売します。「アニメスタイル ONLINE SHOP」でも複製原画付きで注文を受け付けています。

●関連リンク
【C99先行発売】レア資料満載!「22/7 あの日の彼女たち Animation note」が発売。堀口悠紀子さんの複製原画付きもあります!!
http://animestyle.jp/news/2021/12/17/21079/

「アニメスタイル ONLINE SHOP」特設ページ

https://animestyle-shop.sakura.ne.jp/main/


▲「原画・レイアウト」のコーナーから。「day01 滝川みう」のレイアウト、レイアウト修正、原画、修正原画


▲「原画・レイアウト」のコーナーから。「day03 立川絢香」の堀口悠紀子さんによる修正原画


▲「原画・レイアウト」のコーナーから。「day05 斎藤ニコル」の原画とレイアウト


▲「原画・レイアウト」のコーナーから。「day04 佐藤麗華」の原画と修正原画


▲「原画・レイアウト」のコーナーから。「day06 丸山あかね」の修正原画


▲キャラクターデザインのコーナーから。滝川みう、斎藤ニコルのキャラクターデザイン


▲「絵コンテコメンタリー」のコーナーから「day01 滝川みう」の絵コンテ。全8話の絵コンテを収録した


▲書籍の「イントロダクション」から

第736回 2021年も終わり

自分に関わりのある方々がお亡くなりになったここ1年間——

去年(2020年)末、TVシリーズ版『Hellsing』(2001)で超迫力ある作画を見せて下さった村田俊(峻)治さん、2021年に入ると板垣にとって業界で最初に付いた先生である大塚康生さん、『GAD GUARD』(2003年)以来のお付き合いさせて頂いてたアニメーション監督のコバヤシオサムさん、『ベルセルク』の原作者でアニメ化の際大変お世話になった三浦建太郎先生、学生時代の同期で業界でも制作として色々助けてくれた冨高恒夫君、——そして、自分の父親。

 村田さんは自分がテレコム・アニメーションフィルムを退社してフリーになったばかり——ぺーぺーの演出なり立てでTV『Hellsing』時に仕事を御一緒しました。「俺を拘束するには○○万は必要だから!」と豪語し、実際そのギャラ分の実務作業量をこなして見せた数少ない尊敬できる腕を持った極巧アニメーターでした。「次の作品では君ら若手に教えてやるよ!」その言葉どおり、速くうまく描くコツを教えていただきかったです、本当に。
 大塚さん。ここで何度も語った正にアニメ界のレジェンド。テレコム出身のアニメーター全員の先生で、正式な——大塚さんが直に研修を担当した最後の研修生が板垣だったと思います。自分が動画時代に見よう見まねで描いた原画もどきをニコニコ笑って、対応・修正して下さりありがとうございました! 大塚さんの達筆な修正、まだ大切に保管してあります。
 コバヤシオサム(小林治)さんは、いつも現場で誰よりもテンション高くて、描かれる画も仕上がるフィルムも超絶カッコよくてシャレてスタイリッシュでした。『GAD GUARD』では、俺は一演出としてオサムさんにレイアウトを面倒見ていただいた立場でしたが、その後の『天元突破グレンラガン』(2007年)や『はなまる幼稚園』(2010年)『パンティ&ストッキングwithガーターベルト』(2010年)『ダンタリアンの書架』(2011年)ではお互い脚本・コンテ・演出・作画同士ということで、自分より10も若い俺に対して「負けないぞ!」とライバル心を剥き出しに(するフリを)して下さるとても優しい方でした。自身のTwitterに書いてあったとおり、早く生まれ変わっておシャレなフィルム作って下さい!
 三浦先生。再々アニメ化『ベルセルク』(2016・2017年)時、原作のロスト・チルドレン編が放送規制関係上アニメ化不可能のため、その間を繋ぐオリジナル・ストーリー(第3話)を描(書)いていただきありがとうございました。そのアイデアを基に切った板垣コンテに対し「画に躍動感ありますね!」と褒めて下さって、板垣が前述の“大塚門下”だと説明すると「なるほど、だからですね~」と納得されたくらい、実はアニメにお詳しかった三浦先生。是非もう一度アニメで御一緒できたら、その時は俺の「作画の方の腕」も見ていただきたかったです。
 冨高君。東京デザイナー学院で共にアニメ作りを学んだ同期。学生制作で一緒にアニメ作ったし、一緒にお酒飲んで彼女の写真見せてのろけられたし、何度か俺らの前から姿を消したりもしたけど必ず再び姿を現し、その度に性格的にも見た目的にも丸くなっていった男でした。ここ数年は、某アニメ制作会社の海外動仕上撒き担当で、うち(ミルパンセ)も何度も助けてもらってました。「板ちゃんのは断れないよ(笑)」と言って——。

関わり方は様々でしたが皆様、板垣の恩人です!

 そして、前回・前々回と語らせて頂いた、自分の父親。最後の最後に言葉は交わせなかったものの、額に手を当てまだ残っていた体温は感じました。自分の知っているいつもの寝顔の様に安らかな表情ではありつつも、血の浸みた歯が覗く僅かに開いた口元からは癌との苦闘の跡が見て取れて、それが父の全てを凝縮している様でした。表っ面は温厚で寡黙、その実内面は誰よりもいろんなことに耐えている。「それで何とかなる!」と。何事にも理屈っぽく「こうあるべき!」と構え他人に説教しがちな俺に、学も金もなく、ただ一所懸命働き週に半日だけ遊び、名もなく普通にシンプルな人生を全うするということの尊さを最後に身を持って伝えようとしているかのようでした。

葬儀の時にも言いましたが、もう一度言わせて下さい。

「幸せ」をありがとうございました!

アニメ様の『タイトル未定』
332 アニメ様日記 2021年10月3日(日)

編集長・小黒祐一郎の日記です。
2021年10月3日(日)
デスクワークの後、吉松さんとやきとんひなた池袋東口店で呑む。リアルで吉松さんと呑むのは数ヶ月ぶり。ひなたに行ったのも数ヶ月ぶり。その後、西口の千登里に移動して、また呑む。ワイフも千登里で合流。このままずっと外呑みができるといいなあ。

2021年10月4日(月)
新番組を片っ端から観る。『海賊王女』における中澤一登さんのOPでの役職は原作(共同)、キャラクター原案、絵コンテ、総作画監督、音響監督、監督(共同)、さらに1話の作画監督(共同)、OPアニメーションは原画・作画監督の大活躍。絵コンテは全話分を描くのだろうか(後日追記。全話分を描かれたようだ)。監督が複数人クレジットされているのも面白い。『カードファイト!! ヴァンガード overDress Season 2』は深夜アニメなのね。1期も大人向けの味つけがあったから、納得ではある。
「機動戦艦ナデシコ画集」は編集作業が大詰め。4度目の校正紙が出て、最後の入稿の準備を進める。「佐藤順一の昔から今まで」の原稿まとめも進める。

2021年10月5日(火)
「佐藤順一の昔から今まで」の取材の予習をスタート。『たまゆら』最初のOVA2本の後、TVシリーズ『たまゆら~hitotose~』を5話まで観る。最初のOVAがかなりよくできている。『hitotose』も悪くない。

2021年10月6日(水)
この日の早朝散歩は一人で。池袋から上野まで、主に山手線沿いに歩く。歩きながら、散歩中の写真をツイートする(その時のツイートはこちら)。上野駅で自分とワイフの駅弁を買って、山手線で帰る。「機動戦艦ナデシコ画集」の校正紙が出る。これが最後の校正紙になる。ひとつの書籍で校正紙を5回出したのは、アニメスタイル編集部としては新記録のはず。「機動戦艦ナデシコ画集」で使用している素材はセルイラスト現物、画像データ、セルイラストを撮影したポジフィルム、ポジフィルムのデュープと多岐にわたっており、更にそれぞれの素材の状態も違っており、色々と試しながら編集を進めた。
「佐藤順一の昔から今まで」の予習は『たまゆら~hitotose~』が終了。『hitotose』の未放送分も観た。『たまゆら~もあぐれっしぶ~』に入る。『hitotose』は渡辺はじめさんの総作監がとてもいい。当時はちょっと違うかも、と思っていたはずだけど。

TOHOシネマズ池袋で『ルパン三世 カリオストロの城』4K+7.1chを観る。IMAX版の『GHOST IN THE SHELL』と同じく、動画の線が見づらくなっているところがあった。色についてはセルよりも明るくなっているようだけど、僕的には許容範囲。音は7.1chだからといって、音がグルグルと回ったり、後ろから音が迫ったりはしないけど、ひとつひとつの音が聴きやすくなっていたと思う。
以下は『カリオストロの城』について思いつくまま。北の塔のてっぺんで、クラリスを前にしたルパンの芝居は、宮崎さんがラフを入れまくっているんだろうなあ。まさしく「演出している」という感じ。
こちらが年をとったせいか、ルパンとクラリスの見え方も変わった。クラリスはこの時、こんなことを考えているんだろうなあ、とか。なんだかんだで、ルパンはいい思いをしているなあ、とか。ルパンがクラリスと一緒にいた時間は短いんだけど、あれで充分なんじゃないの、とか。あるいは、この流れでこんなことを言われたら、そりゃあ、五ェ門もやられちゃうよなあ、とか。
「なんと気持ちのいい連中だろう」「あなたの心です」のあたりも、当時とは印象が違う。今は宮崎さんがどんなテンションであのセリフを言わせたのかが気になる。
同時上映だった『ルパンは今も燃えているか?』は『旧ルパン』『新ルパン』の強敵が続々と登場するという内容で、ファンサービスのショートムービーといった感じ。「五ェ門がルパンの仲間にならず、ニンジャアサシンとして活躍しており、不二子は五ェ門のサポート担当。銭形は五ェ門を追っていて、利き腕をやられた次元はルンペン。ルパンは冴えないこそ泥(らしい)世界」の部分が面白かった。あれだけで1本作ってほしいくらい。

2021年10月7日(木)
仕事の合間に新文芸坐で「Mr. ノーバディ」(2021・米/92分/DCP/PG12)を観る。予告が面白そうだったので観る気になった。予告を見て、男が事件に巻き込まれて街のチンピラをやっつけてしまうが……といった内容の社会派テイストのアクション物かと思ったら、予告で使われている映像は映画の前半のみ。予告で想像したよりもずっと派手なアクション映画だった。音が新文芸坐の音響に合っていて、迫力があり、よかった。事務所では「機動戦艦ナデシコ画集」の校正紙のチェックが続く。「アニメスタイル016」の準備もじわじわと進める。
「佐藤順一の昔から今まで」の予習で『たまゆら~もあぐれっしぶ~』を最終回まで視聴。その後、『たまゆら~もあぐれっしぶ~』のOVA、『わんおふ -one off-』全2巻、『絶滅危愚少女 Amazing Twins』全2巻を視聴。その後、『M3~ソノ黒キ鋼~』に入る。『たまゆら~もあぐれっしぶ~』を連続視聴していて、エンディングの前に「ああ、この回のコンテは佐藤さんだな」と思ったら正解。よかった、勘は鈍っていなかった。

2021年10月8日(金)
「佐藤順一の昔から今まで」の予習。『M3~ソノ黒キ鋼~』は中盤を観た後、終盤を観る。『ファイ・ブレイン 神のパズル』の1期序盤、終盤を観た後、2期を観る。ひょっとして、『ファイ・ブレイン』って『マリー&ガリー』から始まって『クラシカロイド』に続く、NHKの「偉人モチーフ・アニメ」なのかな。
午前中の散歩でAmazon Music「ルパン三世 アニメ・ソングス」を聴いた。これはいいなあ。『新ルパン』中心のプレイリストも欲しい。

2021年10月9日(土)
午前中は散歩と取材の予習。13時からZoomで「佐藤順一の昔から今まで」の佐藤さんの取材。遂に現在に辿り着く。この取材が記事として更新されるのは2022年になるはず。最初の取材が2020年6月だから、足かけ3年の記事となる。

第221回 リンクの外で 〜ユーリ!!! on ICE〜

 腹巻猫です。コミックマーケット99に参加します。12月30日(木)東L-40a「劇伴倶楽部」です。新刊なし。既刊在庫分を頒布します。持ち込み数少なめですので早期撤収するかも。コミケ参加はこれで最後の予定です。なお、いつもと参加条件が異なりますので、参加される方は下記も参照ください。
https://www.comiket.co.jp/info-a/C99A/C99ANotice2.html


 ドラマをそんなにたくさん観ているわけではないが、今年放映されたドラマの中で特に面白かったのが坂元裕二脚本の「大豆田とわ子と三人の元夫」だった。音楽的にも、音楽担当の坂東祐大が自ら選曲と音楽演出を担当していたり、STUTSが担当したエンディング主題歌がエピソードごとにバージョンが変わったりと凝っていた。
 坂東祐大は今年話題になった劇場アニメ『竜とそばかすの姫』にも参加している。岩崎太整率いる作曲チームの一員として、竜の登場シーンに流れるチェロの曲「竜」や神秘的でエキゾチックな「竜の城」、クライマックスに流れるボーカリーズ曲「素顔」といった重要な曲を担当しているのだ。
 その坂東祐大が音楽を手がけたTVアニメがある。2016年に放送された『ユーリ!!! on ICE』である。同作の音楽担当には梅林太郎と松司馬拓の2人がクレジットされているのだが、その松司馬拓こそ、坂東祐大の別名義なのだった。今回はその音楽を聴いてみよう。
 『ユーリ!!! on ICE』はフィギュアスケートを題材にしたオリジナル作品。主人公の勝生勇利(ゆうり)は実力が発揮できず不審に悩む23歳のフィギュアスケーター。その勇利のコーチを申し出たのが世界トップクラスのフィギュア選手ヴィクトル・ニキフォロフだった。勇利はヴィクトルの指導で練習を重ね、世界の強豪選手と競いながらグランプリシリーズ戦に挑む。勇利をライバル視し、闘志を燃やすのが、ロシアの金メダリスト、ユーリ・プリセツキー。2人のユーリとヴィクトルの3人を中心に描かれるスポーツ青春アニメである。

 音楽は梅林太郎と松司馬拓(坂東祐大)の共作。ドラマの背景に流れる劇伴音楽だけでなく、フィギュアスケート競技のシーンに使われるオリジナル曲(スケートプログラム曲)も制作している。
 坂東祐大は1991年、大阪府出身。東京藝術大学作曲科を首席で卒業し、同修士課程作曲専攻を修了。現代音楽の作家として活躍する作曲家・音楽家だ。ドラマ「美食探偵 明智五郎」や劇場作品「来る」(共作)といった映像音楽作品もあるが、あくまで主戦場は純音楽、というより、映像音楽も現代音楽の一ジャンルとして取り組んでいる印象を受ける。
 梅林太郎もまた東京藝術大学音楽学部作曲科出身の作曲家で、TVアニメ『スペース☆ダンディ』や『キャロル&チューズデイ』の音楽に参加するなど、多方面で活躍中。本作では、梅林がポップミュージック系の楽曲、松司馬拓(坂東祐大)がクラシック系の楽曲を手がける形で分担している。
 音楽プロデューサーの冨永恵介の証言によれば、本作の音楽制作はスケートプログラム曲から始まった。曲に合わせて作画をするため、作画の前段階から制作に取りかかり、推敲に推敲を重ねて完成度を上げていったという(「Febri」VOL.40のインタビューより)。
 各選手のために書かれたスケートプログラム曲は一種のキャラクターソングであり、その選手のテーマ曲ととらえることもできる。曲調もバラエティに富んでおり、楽曲の構成や編曲も凝っている。本作におけるスケートプログラム曲は、音楽の主役。いわばミュージカルにおけるミュージカルナンバーのような位置づけなのだ。
 こうして作られたスケートプログラム曲は放映当時から話題になり、スケートプログラム曲だけを集めたアルバム「Oh! スケトラ!!! ユーリ!!! on ICE/オリジナル・スケートソングCOLLECTION」が2016年12月にエイベックス・ピクチャーズから発売された。本作の音楽に関するインタビューやコメントもスケートプログラム曲に関するものがほとんどだ。

 が、当コラムではあえて劇伴音楽のほうに注目してみたい。
 本作ではスケートプログラム曲も劇伴も同じ作家が手がけている。スケートプログラム曲のフレーズが使われた劇伴があったりして、スケートプログラム曲と劇伴がリンクしているのが面白いところだ。が、ほとんどの劇伴音楽はスケートプログラム曲とはまったく離れたコンセプトで作られている。
 緻密に作りこまれたスケートプログラム曲と比べると、劇伴音楽の多くはシンプルな編成とアレンジで書かれている。ピアノソロの曲やバンド編成の曲が多い。いくつかの楽曲では、坂東祐大が2016年に立ち上げた演奏家グループ「Ensemble FOVE」が演奏に参加している。
 音楽演出に目を向けると、曲を長く使う場面もあるが、数秒から数十秒程度に曲を短く切って流す演出が印象に残る。メロディを聴かせるというよりも、楽器の音色や短いフレーズを聴かせることで映像に感情の彩りを加えたり、テンポ感を与えたりする演出が多いと感じた。
 劇伴のシンプルな作りとストイックな使い方は、主役であるスケートプログラム曲を際立たせることにもなっている。が、スケートプログラム曲に対して劇伴が聴きごたえの面で劣るかというと、けしてそうではない。劇伴にはスケートプログラム曲とは異なる魅力と面白さがあるのだ。
 本作の劇伴音楽を収録したサウンドトラック・.アルバムは「ユートラ ユーリ!!! on ICE/オリジナルサウンドトラック COLLECTION」のタイトルで2017年7月にエイベックス・ピクチャーズから発売された(正式には「ユートラ」のあとに温泉マークが付く)。
 収録曲は以下のとおり。

  1. History Maker (TV size)/DEAN FUJIOKA
  2. Serenade for two (reprise)/松司馬拓
  3. Fanfare on ICE/松司馬拓
  4. Kiss and Sky/梅林太郎 & y0c1e & ハヤシベトモノリ
  5. Let’s Go Skatin’/梅林太郎
  6. Warming Up!/松司馬拓&ハヤシベトモノリ
  7. Right Next Door to A Tiger/松司馬拓
  8. 3+2/松司馬拓
  9. ゆ〜とら/梅林太郎
  10. Reverie/松司馬拓
  11. Memories on Ice/松司馬拓
  12. Tweeting/松司馬拓
  13. Showdown/松司馬拓
  14. 5+7/松司馬拓
  15. Garden of April/松司馬拓
  16. Gigue in St.Petersburg/松司馬拓
  17. Minako’s mood/松司馬拓
  18. Tense 1/松司馬拓
  19. Kamome/松司馬拓
  20. Drifter/松司馬拓
  21. Tiger Hole/梅林太郎
  22. Run & Run & Run/松司馬拓
  23. Hug Tight/松司馬拓
  24. ピアノ練習曲ロ短調 (Piano etude in h-moll)/松司馬拓
  25. Poppo/松司馬拓
  26. F.Chopin Prelude in E moll Op.28-4/梅林太郎
  27. Afternoon Waltz/松司馬拓
  28. Yuri on ICE (1st sketch)/梅林太郎
  29. Tense 2/松司馬拓
  30. Heartbeats/梅林太郎
  31. Passacaille in Barcelona/松司馬拓
  32. At The Airport /松司馬拓
  33. Prism/松司馬拓
  34. Circles/梅林太郎
  35. Yeah Yeah Yeah/ハヤシベトモノリ
  36. Piano Trio Appasionato/梅林太郎
  37. You Only Live Once (#7 TV size version)/YURI!!! on ICE feat. w. hatano

※「/」以降はアーチストまたは作家名(アルバム解説書のクレジットより)。

 1曲目はオープニング主題歌、最後の曲はエンディング主題歌。エンディング主題歌は第7話で使われた特別編集版だ。この回は本編ラストからイントロが流れ始め、そのままエンディングに突入していく。冨永恵介はインタビューの中で、この編集バージョンを自身のお気に入り曲のひとつとして挙げている。
 実は本作の劇伴では、こうした音楽の編集が多くの場面で行われている。冨永恵介は音楽プロデューサーとして楽曲制作を指揮するだけでなく、毎週ダビング現場に通って、各話の選曲と音楽の編集まで手がけていたという。
 そのため、サウンドトラックを聴くと「こんな曲だったのか」と思う曲も多い。シーンによってはリズム抜きやストリングスのみといったミックス違いが使われていて、本編とサントラとで印象が異なる曲がある。
 アルバムの構成は『ユーリ!!! on ICE』の世界と物語を音楽で再現するイメージサントラ風。同時に本アルバムは、スケートプログラム曲を集めたアルバム「スケトラ!!!」と対をなすアルバムにもなっている。
 2曲目の「Serenade for two (reprise)」からして意味深だ。「reprise」は「くり返し」のことで、音楽アルバムやミュージカルの中で前に演奏された曲がもう一度出てきたときに使われる表記。だから通常はアルバムやミュージカルの後半で使われることが多い。ところが2曲目から「reprise」である。なんの「reprise」かといえば、「スケトラ!!!」に収録されたスケートプログラム曲「Serenade for Two」の。「Serenade for Two」と同じメロディが「Serenade for two (reprise)」で使われているのである。本アルバムが「スケトラ!!!」の続編として作られていることが、こんなところからうかがえる。ちなみにこの曲はTV放送時の提供バックに使われた。
 3曲目「Fanfare on ICE」はフィギュアスケート大会のファンファーレとして使われた曲。
 続いて高揚感たっぷりの「Kiss and Sky」が登場する。第1話の冒頭、ヴィクトルが大会で優勝する場面に流れていた曲である。スケートプログラム曲として使えるような華やかな雰囲気があり、同時に第6話や第11話では大きな見せ場に向かっていく物語を盛り上げる劇伴としても機能している。アルバムの開幕を飾るにふさわしい勢いのある曲だ。
 次の曲からは勇利たちの日常を彩るユーモラスな曲や心情描写曲が並ぶ。
 本作の日常音楽で印象的なのがエレキギターを中心にしたバンド編成の曲。5曲目「Let’s Go Skatin’」はその代表で、第1話の勇利の自己紹介シーンをはじめ、エピソード冒頭の「これまでのあらすじ」のバックやフィギュアスケート競技の説明のバックなどに流れている。軽快なリズムが映像にほどよいテンポとユーモラスな空気を加えてくれる。
 オルガンとバンドによる「Warming Up!」(トラック6)、ピアノとバンドによる5拍子の曲「3+2」(トラック8)、予告音楽としても使われたピアノとパーカッションによる変拍子の曲「5+7」(トラック14)、バンドとブラスセクションによる「Run & Run & Run」(トラック22)なども同様だ。コミカルなシーンや楽しいシーンに使われているので印象に残っている人も多いだろう。
 同じバンド編成でもワイルドなサウンドを聴かせるのが「Right Next Door to A Tiger」(トラック7)と「Tiger Hole」(トラック21)。ギターの「キュイーン」という唸りが特徴的。これらはユーリの登場場面に使われることが多く、エレキギターで「キュイーン」とくればユーリの顔が浮かぶ。
 初期のエピソードで流れていい感じを出していたのがトラック9の「ゆ〜とら」(正式には曲名の最後に温泉マークが入る)。笛の音色でゆる〜く奏でられる、ちょっとトロピカルな、のんびりムードの曲である。日本に来たヴィクトルが温泉につかる場面やカツ丼を食べる場面などに使われていた。梅林太郎によれば、自身が手がけた曲の中で一番すぐにメロディができたのがこの曲だったという(『アニメディア』2019年3月号のインタビューより)。
 アコースティック・サウンドで爽やかに奏でられる曲もある。トラック10の「Reverie」だ。「Reverie」とは「夢想」を意味する英語。夢見心地のように心が揺れ動くシーン、くつろぎのシーンなどに使われている。ゆったりしたコードストロークから始まり、リズムが加わって心のさざめきを表現、後半はグラスハープの音色が重なり「夢想」のイメージが強く打ち出される。第1話でヴィクトルが勇利に「今日からお前のコーチになる」と宣言するシーンなどに使われた。
 クラリネットとストリングスによる「Garden of April」(トラック15)は古楽的雰囲気のある軽快な曲。劇中ではストリングスのパートのみが使われた(第6話)。トラック27の「Afternoon Waltz」はバイオリンとピアノによる優雅な曲で、リンクを離れた勇利たちのひとときを演出している。第10話で勇利とヴィクトルがバルセロナ観光を楽しむ場面の使用が印象的だ。同じく第10話で勇利がヴィクトルためにプレゼントを買う場面の「Kamome」(トラック19)もピアノとストリングスの穏やかな響きが耳に残る。こうしたクラシカルな曲は映像に上品な香りを添える役割を果たしているようだ。
 「Reverie」で使われたグラスハープはトラック11の「Memories on Ice」にも使われている。グラスハープとはガラス製のグラス(ワイングラス)に水を入れ、濡らした指でグラスの縁に触れることで音を出す楽器。シンセでは再現できないような神秘的・幻想的な音色が出る。演奏は日本では珍しいグラスハープ奏者・大橋エリ。この曲は勇利やユーリが過去を回想するシーンに流れていた。冨永恵介は「スケートとの親和性を考じて、グラスハープの録音を採り入れたことが個人的には新鮮でした」と語り、「その刹那的で、アナログなサウンドが回顧的な雰囲気、繊細な緊張感などを生んでいたとも思います」とふり返っている。
 本作の劇伴音楽でエレキギターの音とともに記憶に残るのがピアノの音である。繊細な心情曲からドラマティックな曲まで、幅広いピアノ曲が映像を彩ることになった。
 にぎやかなピアノ曲の代表が「Showdown」(トラック13)。強いアタックで奏でられるジャジーな曲だ。曲名の「Showdown」とは「対決」の意。ワイルドな曲調がユーモラスな効果を上げている。本編では第3話冒頭の「これまでのあらすじ」や第8話のロシア大会でユーリがリンクメイトたちと再会する場面などに流れていた。
 トラック16の「Gigue in St.Petersburg」はピアノと弦楽器が演奏するロマンティックかつドラマティックな曲。大げさな曲調がかえってユーモラスだ。第2話でヴィクトルがロシアから日本へ旅立つ場面、第4話のリリア・バラノフスカヤ登場場面などに流れ、強烈な印象を残した。
 同じくロマンティックなピアノ曲がトラック23「Hug Tight」。第3話でヴィクトルの演技を見た勇利が「男と女の物語」を妄想する場面、第5話で演技前に緊張している勇利をヴィクトルが抱きしめる場面に使用された。ユーモラスな感じもあるが、シリアスな空気もただよう。松司馬拓が演奏するピアノも情感たっぷり。聴いていてドキドキする曲である。
 いっぽうで軽いジャズタッチの「Minako’s mood」(トラック17)は心が華やぐような3拍子の曲。こちらもピアノ演奏は松司馬拓。浮き立つ気持ちが伝わってくる。
 ピアノ曲の変わり種に、トラック24の「ピアノ練習曲ロ短調 (Piano etude in h-moll)」とトラック28の「Yuri on ICE (1st sketch)」がある。前者は第4話でユーリが演技の練習に使っていた曲。「スケトラ!!!」に収録された「ピアノ協奏曲 ロ短調 アレグロ・アパッショナート」のピアノソロ・バージョンだ。後者は同じく「スケトラ!!!」収録の勇利のフリースケーティング用曲「Yuri on ICE」の原曲である。劇中でも勇利がこの曲を演技用にブラッシュアップしていく描写がある(第4話)。いわば「スケトラ!!!」の舞台裏が聴けるわけで、本アルバムと「スケトラ!!!」とのつながりを意識させる。
 演技前の緊張感もピアノで表現される。トラック29「Tense 2」はリンクインする前のユーリの心情表現などに使われた曲。ピアノの低音と中高音が交互に鳴らされるだけのシンプルな曲だが、そのシンプルさが張りつめた心情や決意を伝える。実に劇伴的で実に効果的な音楽だ。
 その次の「Heartbeats」もピアノソロによる心情描写曲。劇中では勇利の気持ちが動く場面にピアノソロの短いフレーズがしばしば使われているが、その多くがこの曲の一部をアレンジしたものである。ただ、曲がそのまま使われているのは、たぶん第10話だけ。ほかの場面では別ヴァージョンか、もしかしたらそのシーン用に演奏したテイクが使われているようだ。が、サントラでこの曲を聴くと、傷心の勇利、自身のネクストステージについて思いを巡らす勇利、ヴィクトルに決意を伝える勇利などが思い出される。
 サウンドトラックの終盤には重要な曲が集められている。トラック31「Passacaille in Barcelona」はピアノとストリングスによる、フランス映画音楽のような切なく美しい曲。第10話の終盤、バルセロナの海岸でヴィクトルがもの思うシーンに流れていた。勇利とヴィクトルの関係の変化を予感させる音楽だ。
 次の「At The Airport」(トラック32)は第9話のラスト、勇利とヴィクトルの再会シーンに1度だけ流れたピアノソロの曲。淡々と降る雪を思わせるピアノの旋律が、後半では恋人同士の邂逅を描くようなロマンティックなタッチに変化する。本作の中でも音楽とドラマが一体になった名場面のひとつ。
 トラック33「Prism」はEnsemble FOVEのストリングスをフィーチャーした曲。弦合奏が少しずつ響きを変えながら鳴り続け、終盤から入るピアノが光のきらめきにも似た鮮やかな音色を聴かせる。印象派音楽を思わせる現代音楽風の曲だ。本編では第4話で勇利がヴィクトルと出逢って以来すべてが新鮮に見え始めたと思う場面、第5話で首位を獲得した勇利が勝利をかみしめる場面、第9話のグランプリファイナル開幕直前で盛り上がる会場の場面など、「ここぞ」という場面に使われている。
 次のトラック34「Circles」はシンセとストリングス、ピアノ、パーカッションなどによる軽快な楽曲。キラキラした音色が奏でる、軽やかに踊るメロディが心地よい。第3話のラスト、勇利がグランプリファイナルでの優勝を誓う場面で使われた。最終話(第12話)のラスト、勇利がヴィクトルにコーチを続けてほしいと伝えるシーンにもこの曲のアレンジ、もしくはミックス違いが流れている。曲名の「Circles」は円の複数形だが、勇利たちが氷上で描く円と、勇利たちが作る友情のサークル、そして物語が一周まわってもう一度始まる円環の意味をかけている気がする。
 ここまでで物語は完結。次のトラック35「Yeah Yeah Yeah」はアンコールのような曲だ。バンドとヴォーカルが演奏する陽気なお祭り騒ぎの音楽。第10話の特殊エンディング曲として、バンケット(大会後の選手たちの交流パーティ)のダンス合戦で盛り上がる勇利たちのモンタージュをバックに流れた。インパクト抜群だったので、アニメをご覧になった方なら覚えているだろう。冨永恵介はこの曲もお気に入り曲のひとつに挙げている。
 そしてもう1曲、トラック36「Piano Trio Appasionato」はジャズのピアノトリオ編成で演奏されるエネルギッシュな曲。「Appasionato」は「激情的」という意味で、その通り熱量の高い演奏がくり広げられる。使用されたのは第5話のラスト、勇利が「愛を知って強くなった僕をグランプリファイナルの金メダルで証明します」と宣言する場面。「明日への挑戦」とでも呼ぶべき場面で、曲の熱さが勇利の心に燃える思いを表現している。この曲がサウンドトラックの締めくくりに置かれたのは、勇利の挑戦がまだまだ続くことを示唆しているのだろう。実際、本アルバムが発売される3ヵ月前の2017年4月、『ユーリ!!! on ICE』の完全新作劇場版の制作が発表された。劇場版はいまだ制作中である。

 華やかなスケートプログラム曲に彩られた『ユーリ!!! on ICE』の世界。その「B面」とも呼べる劇伴音楽は、スケートプログラム曲とは異なる魅力を放って輝いている。リンクの中は勇利たちが命を燃やす青春の舞台。しかし、リンクの外にも青春がある。リンクの中と違って、素顔のまま、ときには弱さを見せたり、ときには人とぶつかったり、ときには羽目をはずしてみたり。それも青春だ。「ユートラ」はそういう曲を集めたアルバムである。

ユートラ ユーリ!!! on ICE/オリジナルサウンドトラック COLLECTION
Amazon

Oh! スケトラ!!! ユーリ!!! on ICE/オリジナル・スケートソング COLLECTION
Amazon

アニメ様の『タイトル未定』
331 アニメ様日記 2021年9月26日(日)

編集長・小黒祐一郎の日記です。
2021年9月26日(日)
早朝散歩時にAudibleで「化物語」上の続きを聴いた。「ひたぎクラブ」が終わって「まよいマイマイ」に突入。神谷浩史さんの八九寺真宵も悪くない。
午前中は「色んな図書館に行ってみる旅」の第2弾。ワイフと江東区立豊洲図書館に行く。テラス席は確かに快適。テラス席でなくても、図書館内から海が見えるのも凄い。蔵書量は普通かな。大型の美術書が手に取りやすいところにあるのがよかった。子ども本のコーナーに大型絵本に「モチモチの木」の大型本があって、これもよかった。図書館を出た後、スーパーで弁当と酒を買って、海を見ながらそれをいただく。その後、ららぽーと豊洲を見て歩き、書店で本を買う。事務所に戻ってからデスクワーク。

2021年9月27日(月)
『ゲッターロボ アーク』を最終回まで観る。いつか1話から観直そう。
昨日の『サザエさん』のBパート「親孝行のススメ」。脚本は浪江裕史さん。波平とフネに親孝行するために、サザエは波平を蕎麦屋の昼吞みに誘い、マスオはフネと甘味処に行く。マスオがフネに「僕、前から一度、お義母さんとデートしたいと思ってたんです」と言う。シチュエーションもセリフも新鮮。これはマスオのイケメン発言と受けとめたい。マスオの母親を絡めたオチも綺麗だった。原作があるのかもしれないけど。

2021年9月28日(火)
早朝散歩時にAudibleを聴く。「化物語」が終了して、「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」を聴き始める。朗読はアニメ『ガンバの冒険』で主人公のガンバを演じた野沢雅子さん。朗読なので、基本的にキャラクターの演じ分けはしていない(後日追記。ボーボ役の水城蘭子さんの芝居を意識している思しき箇所があり、嬉しくなった)。色んなキャラクターの声がガンバの声で、ちょっと混乱したけれど、聴いていると『ガンバの冒険』に触れている気分になる。野沢さんの仕事としては、地の文章に感情をこめて読むところがとてもよかった。
「機動戦艦ナデシコ画集」の作業が大詰め。
緊急事態宣言が解除される前に書いておくと、酒が呑めないので外食でこってりしたもの、美味しいものを食べるモチベーションが落ちて、おかげでダイエットが成功。外食で使うお金も減って、お金の余裕もできた。
『Sonny Boy』を1話から最新11話まで観た。

2021年9月29日(水)
新文芸坐で「太陽の下の18才」を観る。プログラム「緊急最終上映! カトリーヌ・スパークに惑わされたい」の1本。群像劇であり、肝心のカトリーヌ・スパークの出番は多くはない。だけど、カトリーヌ・スパークは魅力的だった。あれはツイストでいいのかな、中盤の踊りの場面が素晴らしかった。新文芸坐ロビーに貼ってあったポスターを観るとコピーに「スパークする魅惑の18才!」とある。やっばり、スパークという名前をコピーに使うよね。僕が宣伝スタッフだとしたら、やっぱり使う。
「レジェンズ 甦る竜王伝説 Blu-ray BOX発売記念 第1話スペシャル放送!」を観る。本放送以来の視聴だけど、元気なアニメでとてもよかった。影中作画もいい。
「ちょっと粗いかな。余裕があったら書き直そう」と思った原稿があったのだけれど、InDesignに流し込んだ後、本の最初から最後までを目を通したら、気になった部分も「これでいいじゃん。上手に書けてるよ」と思えた。本ができあがって、数年経って読んだらどう思うかは分からない。

2021年9月30日(木)
Netflixで『範馬刃牙』の新シリーズを観ようかと思ったら、まだ配信が始まってないようだったので『ブルーピリオド』の再生を始めたら、能力者バトルが始まって、あれ、『ブルーピリオド』ってこんな内容だっけ。しかも、観たことのあるキャラや設定だなあと思いつつ、1話の最後まで観たら、間違って別タイトルを再生していたことが判明。
仕事で『EUREKA/交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』の線画設定を見て、あまりの情報量の多さに驚く。僕が知る限りにおいて「かつてない情報量」。ページ構成をする立場としては燃える。いや、燃えるのは僕だけかもしれないけど。
「庵野秀明展」のプレス内覧会に行く。作画ファン的には「え、この原画が残っていたんですか!」「まさか生きているうちにこのカットの原画が見られるとは!」と思う資料が山盛りであり、夢のようだった。展示物もいいのだけれど、展示の仕方もよかった。感想を一言で言うと「圧倒的」だった。他にも思ったことはあるけれど、それはまた改めて。

2021年10月1日(金)
美味しいアジフライ定食を食べるために、ワイフと高田馬場に。予約をして行ったのだけど、よいアジが入荷しなかったために、この日は休業となった模様(本当にそういう店なのだ)。
高円寺方面で取材。アニメスタイルの書籍としては珍しく、インタビュアーは僕ではない。僕はインタビューに同席し、時々「それはこうではないですか」と確認したり、追加の質問を入れる感じ。1人目が1時間、2人目が3時間。合計4時間の取材となった。
斎藤佑樹さんが現役引退することを知る。『さよなら絶望先生』でハンカチ王子のネタがあって、原作で扱われた段階で、既に少し前の話題だったはず。他にも旬から外れたネタはあったけれど、特にハンカチ王子は気になったのを覚えている。『【俗・】さよなら絶望先生』の脚本打ち合わせで「これはこのままでいいんですかね」と訊いたら、新房監督が「10年後とかに観返した時に、そういえばそんなことがあったと思えるからいいんだよ」と言っていたのをよく覚えている。実際にそういう味わいになっているんだろうなあ。
Netflixで『範馬刃牙』の1話から10話まで観る。

2021年10月2日(土)
緊急事態宣言が解除され、営業を再開した築地食堂源ちゃん東池袋店に。ホッピーも呑む。その後、池袋を歩くと、磯丸水産をはじめ、色々な飲み屋で昼間から人が呑んでいて、酒呑みとしてはそれだけで嬉しくなる。15時55分から、ワイフと新文芸坐で「ときめきに死す」(1984/105分/BD)を観る。ブログラム「森田芳光70祭 in 新文芸坐 家族ゲーム|ときめきに死す|黒い家」の1本。タイトルだけを知っている映画だった。こんな内容だったのか。想像とまるで違った。登場人物と演出、それから当時の日本の風景がよかった。

第735回 父の最後

 前回に引き続き私事です。父が“癌でステージ4”だと知らされたのは2年前でしたか? 姉からの電話で。俺も浅い知識で高齢者は癌の進行が遅いと聞いていたし、既に80も過ぎていたので、緩やかに寿命を迎える時期かとくらいに思ってました、本音を言うと。実際、治療に入ったばかりの時は抗がん剤も効いていたらしく、その後の姉とのやり取りでも「お父さん、元気だよ」と、去年までは言っていたのです。しかし今年に入ってコロナワクチン接種のため、抗がん剤治療を一時中断したあたりから、徐々に「具合が悪い」との報告が来るようになって、奈良に嫁に行った姪(姉の長女)のフォト・ウェディング撮影が行われる際(家族が一同に会する最後の機会)も、本来12月に予定していたところを、父の体調から前倒しの10月になりました。

ところが、そのラスト・チャンス、自分は仕事が忙しく、不参加……!

結局、最後に父親と言葉を交わすことも出来ず終いに。
 そして、先月末(11月28日[朝])「お父さんが吐血した」と連絡が入り、次の連絡を待つように姉に言われて待機。結局その日の午後、「今すぐどうこうなる訳ではなさそう」と連絡が入りました。が即、次の日(月曜日)の夜、会社で会議中、甥(姉の長男)から「伸兄ちゃん、今すぐ(名古屋に)来れる!?」との電話。また、直ぐに出れる状況ではなく次の日(11月30日)の朝早く、名古屋に向かいました。10時、名古屋駅着。もう一人の甥(姉の次男)の車で迎えに来てもらい、そのまま病院に直行。到着した際、自分が父の額に手を当てるとまだ体温が残ってましたが、すでに父の意識はなく、間もなく担当医の先生が生命反応の確認。「11時38分、死亡確認とさせて頂きます」と仰り退室。
 ——本当に泣きました。亡くなるまで本当に何もしてやれなかった情けない長男で、申し訳ありません。せっかく息子として生まれたのに、父と男同士の会話とかなんてほぼ皆無。自身が好きだった野球にもプロレスにも相撲にも俺は完璧に無関心! 碌に一緒に遊んだ思い出もなく、ようやく一緒に酒でも飲めるようになるかと思えば、その前に上京。東京で専門学校からアニメーターになり忙しくて2~3年に1回くらいしか帰れていませんでした。こういうのを親不孝と呼ぶのでしょう。月並みですが、孝行したいときには親はなしで、もっと頻繁に実家に帰って一緒に酒酌み交わしたりしてたくさん話しておきたかった、とこれも後悔も先に立たずでした。父も俺に失望はしていたんじゃないでしょうか。
 ただ、そんな俺にあの不器用な父の方から積極的にニコニコと話しかけて来た時の事を憶えています。あれは、専門学校のアニメ制作のため、長期休暇中実家に帰らず、春・夏・冬休みは寮を追い出されるので本来は実家に帰るのがルールだったところ、友人の伝手で東京・墨田区で1ヶ月半ほど住み込みで新聞配達をやらせて貰い、無事制作を終え、帰省した時のことでした。自室で腰を下ろして荷物を片付けてた時、ニコニコと上機嫌で俺の前に座り、「新聞配達やってきたのか?」と。母の方から新聞配達の件を聞いたらしく、父は“知らないところで一人新聞を配って生活出来るようになった息子”と話がしたかったようでした。子供の頃、細くて色白、目が大きくてまつ毛も長く、画を描いたりパソコンのキーボードを叩いたりしていた自分の指の長い手を見ては「女の子みたいだ」と父が良く言ってたくらいひ弱だったはずの息子が「少しは逞しくなったか!」と。それと父の山形の生家は元々新聞屋をやってたので息子もその体験をして来たこと(多分、父も経験済み)が嬉しかったのでしょう。「何件回った?」「自転車か?」など、やっと息子と話が合ったので暫く話しました。
 ちなみにアニメの話にまた無理やり繋げると、『迷い猫オーバーラン!』(2010年/制作・AIC)で脚本・監督した第1話に出てくる少年は板垣の幼少期がモデル。自分が4〜5歳の頃、山形の父の実家で早朝ちょくちょくお爺ちゃん(父の父)の新聞配達に付き合って散歩した思い出が元になってます。
 後は帰省した際に、何回か(本当に数えるほど)一緒に酒飲んだけど、何話したのかは憶えていません。

 「父から見たら俺なんかつまらない息子だったに違いない」などと思いつつ、病院から自宅に父を連れて帰ると、ほどなくして山形から叔父(父の弟)と従兄(父の兄の息子)が駆けつけて来て、父の傍らで一緒に飲みました。叔父・従兄と会うのも何十年振りでしたから。その時、叔父から意外な話を聞きました。叔父曰く、

(父を指して)この人、伸の名前が出てるジブリの本さ持って来て、自慢してたぁ

と言うのです。本と言うのは多分『もののけ姫』の映画パンフレットのことかと。つまり、父が山形に帰省した際、パンフレットを持って「息子の名前が出てる」と皆に見せてたらしいのです。もちろん、板垣が監督した作品なんか観たこともないはずで、というか俺の仕事なんて無関心だとばかり思ってた父が、俺のことを人に自慢したことがあったらしいのです。

 それ聞いた時は、また泣けてきました。

 ……だめだ、またイラストなしで、且つまとまらなかった。

次回はアニメの話しますので、続かせて下さい……!