第209回 コミカルが主役 〜蜘蛛ですが、なにか?〜

 腹巻猫です。TVアニメ黎明期から数々のアニメソングで活躍した小林亜星先生が亡くなりました。歌の仕事が有名ですが、『狼少年ケン』『魔法使いサリー』『ひみつのアッコちゃん』などではBGMも担当し、ジャズテイストあふれる音楽を聴かせてくれます。筆者は『ドロロンえん魔くん』と『花の子ルンルン』の取材でお世話になりました。たくさんの名曲をありがとうございました。心より哀悼の意を表します。


 6月4日から公開中の劇場アニメ『シドニアの騎士 あいつむぐほし』の音楽はTVシリーズの朝倉紀行から変わって片山修志が担当している。
 片山修志は近年めきめきと頭角をあらわしてきた作曲家のひとり。1985年、千葉県出身。バンド活動などを経て、高梨康治らが所属するTeam-MAXに参加。TVアニメ『OVERLOAD』(2015)、『幼女戦記』(2016)、『ランウェイで笑って』(2020)などの音楽を担当している。『シドニアの騎士 あいつむぐほし』では劇場作品らしい本格的なフィルムスコアリングの音楽で壮大な物語を盛り上げた。
 今回は片山修志が手がけた『蜘蛛ですが、なにか?』の音楽を聴いてみよう。

 『蜘蛛ですが、なにか?』は2021年1月から連続2クールの予定で放送されているTVアニメ。馬場翁による原作小説を監督・板垣伸、アニメーション制作・ミルパンセのスタッフでアニメ化した。
 女子高校生だった主人公の「私」は授業中に突然、激しい光に包まれ、異世界に転生してしまう。目覚めた私は蜘蛛になっていた。驚き、とまどう私(通称・蜘蛛子)だが、生きるためにモンスターや人間と戦い、サバイバルを続けるうちに自身が強力なモンスターへと進化していく。いっぽう、蜘蛛子と同時に異世界に転生した同級生たちは、それぞれに数奇な運命をたどっていた。
 近頃流行の「異世界転生もの」だが、主人公が蜘蛛に転生するのがポイント。蜘蛛子は生きることに貪欲で、人間の倫理観にしばられず、モンスターも人間も平気で倒していく。バイタリティあふれる行動はふしぎな爽快感がある。
 本作は蜘蛛子側の物語と人間側の物語が並行して描かれる構成になっている。ふたつの物語はまじわるようでまじわらない。かと思うと実は意外なかたちでつながっていることがしだいに明らかになる。謎めいた展開も本作の魅力のひとつだ。
 音楽面では蜘蛛子役の悠木碧が歌うエンディング主題歌が評判だが、片山修志による劇中音楽もなかなか名作である。
 劇中音楽は、大きく蜘蛛子側の曲、人間側の曲に分かれている。また、モンスターの恐怖や緊張感などを描写する曲は蜘蛛子側にも人間側にも使われる。物語と同様に音楽も複数の視点に分かれた構成になっているのが面白い点だ。
 蜘蛛子側の曲の多くは明るくユーモラス。とぼけた曲調がひとりでボケてひとりでツッコむ蜘蛛子のキャラクターにぴったりである。片山修志はシンセサイザーやギター、フルート、クラリネットなどを使った親しみのある軽やかな音楽で蜘蛛子の心境を表現する。蜘蛛子の前向きな気持ちが音楽からも伝わり、聴いていて心地よい。
 また、独特な要素として、レベルアップ、スキルアップ、進化、といった蜘蛛子の変化にともなう曲がある。これらはコンピュータゲームで流れるジングル音楽風に作られており、それがコミカルな効果を上げている。
 そして、蜘蛛子に欠かせないのがバトルの曲。優勢、劣勢、互角、とバトルのさまざまな局面に対応できるようにたくさんの曲が作られた。『シドニアの騎士 あいつむぐほし』でも激しい戦闘シーンを盛り上げる音楽が印象的だったが、本作でも勢いのあるバトル曲が映像を熱く彩り、蜘蛛子の闘志を印象づけている。
 いっぽう人間側の曲は、優雅な日常曲、しっとりとした心情曲、権力闘争を描く緊迫感のある曲、蜘蛛子とは違ったタイプの戦いの曲など、こちらもバラエティに富んでいる。コミカルな曲はほとんどなく、シリアスな曲が多いのが特徴だ。
 音楽の種類が多いため、曲数も多い。BGMは前期(第1クール)用に60曲以上が作られ、さらに後期(第2クール)用に40曲以上が追加されている。
 本作のサウンドトラック・アルバムは2021年4月28日に「TVアニメ『蜘蛛ですが、なにか?』オリジナルサウンドトラック」のタイトルでKADOKAWAから発売された。2枚組全63曲入り。前期用に制作されたBGMをほぼ完全収録している。
 ディスク1を聴いてみよう。収録曲は以下のとおり。

  1. So I’m a Spider, So What?
  2. I’m a Spider
  3. No Way
  4. Why Did I Die?
  5. Hungry
  6. Labyrinth
  7. Fear of the Unknown
  8. Hunting
  9. Struggle
  10. Defeat You!
  11. Got the Skill
  12. Leveled Up
  13. Positive Feelings
  14. Fun to Play Alone
  15. Unbelievable!?
  16. Hurry, Hurry
  17. A Tragedy
  18. Reminiscence
  19. Let’s Rest Today
  20. Suspicion
  21. Ominous Sign
  22. Impending Danger
  23. The Terrible Monster
  24. Run Away
  25. I Couldn’t Do Anything
  26. Thinking
  27. Mysterious Power
  28. Magical Spider Girl
  29. To Be Stronger
  30. I’m on Fire
  31. Into the Battle
  32. Hard Fight
  33. It’s My Way
  34. Evolution
  35. Poison
  36. Leveled Up II
  37. Leveled Up III
  38. Preview

 構成は筆者が担当した。すでに書いたように、本作は蜘蛛子側の物語と人間側の物語が並行して進む構成になっている。しかし、その構成を音楽で再現しても画がないのでわかりづらい。そこで、ディスク1は蜘蛛子側の曲だけで構成。ディスク2は人間側の曲を中心に収録し、最後にふたたび蜘蛛子の物語に戻ってくる構成にした。
 ディスク1の1曲目「So I’m a Spider, So What?」は本作のメインテーマ的な曲。不穏な序奏から始まり、ちょっとコミカルで幻想的なメロディに展開する。「シザーハンズ」「バットマン」などのティム・バートン監督作品で知られるダニー・エルフマンの音楽を思わせる曲調だ。蜘蛛子の登場とダークヒーロー的な活躍をイメージさせる本作を象徴する曲。第1話の冒頭で流れたほか、前期の区切りとなる第12話で蜘蛛子が地下の大迷宮から地上に向かうラストシーンにも選曲されている。
 トラック2「I’m a Spider」〜トラック5「Hungry」は、転生した蜘蛛子がとまどいながら状況を把握していく第1話のコミカルな場面で使われた曲。どの曲も軽快なリズムとふわっとしたメロディのからみが小気味よい。これらの曲は以降のエピソードでも蜘蛛子のモノローグのバックなどによく使われた。
 「I’m a Spider」(「私は蜘蛛」)、「Why Did I Die?」(「私、なんで死んだ?」)などの曲名は蜘蛛子のセリフを拝借したもの。トラック3「No Way」は「ありえない」というニュアンスのスラングで、蜘蛛子の口癖「ないわー」のイメージで付けてみた。余談だが、最近は海外配信を想定して「曲名は英語で」と依頼されることが多い。
 トラック6「Labyrinth」からトラック12「Leveled Up」までは戦いを通してスキルを獲得し、レベルアップしていく蜘蛛子をイメージした構成。不気味なムードから未知への恐怖、緊張、そしてバトル!〜勝利!〜スキル獲得〜レベルアップという流れである。「Struggle」は劣勢の戦い、「Defeat You!」は優勢の戦いをイメージした曲だ。
 片山修志はバトル曲がうまい。場面に応じて、さまざまなスタイルのバトル曲を作る技術とセンスを持っている。本作は戦いの場面が多いので、ふんだんにバトル曲が聴けるのがうれしいところ。サントラの聴きどころでもある。
 トラック13「Positive Feelings」からトラック19「Let’s Rest Today」までは「ちょっとひと休み」というイメージでコミカルな曲やおだやかな曲を集めた。
 「Positive Feelings」は蜘蛛子の前向きな考え方を表現するギターの軽快な曲。「マイホーム作っちゃいました」(1話)、「わが世の春がキタ〜」(6話)など蜘蛛子が悦に入る場面によく流れている。聴いている方もポジティブな気分になってくる楽しい曲だ。
 大げさな曲調の「A Tragedy」は蜘蛛子の体から魂が抜けて「完」と表示される第4話の場面など、悲劇的状況をコミカルに描写する曲。
 「Let’s Rest Today」は「今日は休もう」(第2話)、「いやな想像はやめよう」(第4話)など、蜘蛛子が立ち止まったり思案したりする場面に使用された。とぼけた空気感が絶妙で、こういう曲もうまいなぁと思う。
 トラック20「Suspicion」からトラック25「I Couldn’t Do Anything」までは強敵の出現と蜘蛛子の敗北をイメージ。シリアスな曲調の音楽を集めた。
 「The Terrible Monster」は地龍アラバの登場場面に使われた曲。怪獣映画音楽のような重量感のある曲調が地龍の巨大さと強さを表現する。もともとは蜘蛛の魔物「マザー」用に書かれた曲である。「I Couldn’t Do Anything」は敗退した蜘蛛子が、「手も足も出なかった」と落ち込む場面の曲。
 続いてトラック26「Thinking」からトラック32「Hard Fight」までは蜘蛛子の反撃をイメージして構成。魔法のスキルを身に付け、作戦を練り、強敵を倒す。このあたりの丁寧な描写は本作の見どころだ。
 「Thinking」はタイトルどおり蜘蛛子が「考える」場面によく流れる曲。同じフレーズをくり返す構成はミニマルミュージック的味わいがあり、ずっと聴いていても飽きない。
 「Magical Spider Girl」は第8話で蜘蛛子の心の中に魔法担当の並列意志が登場する場面に使われた曲。魔法少女アニメの変身BGMを意識した曲調だ。タイトルは「魔法少女蜘蛛子」のイメージで付けてみた。使用回数は少ないながら印象に残る曲のひとつ。
 「To Be Stronger」は蜘蛛子の修行シーンを想定した曲で、蜘蛛子がより強くなるために奮闘する場面によく選曲されている。エレキギターが奏でるロック調の「I’m on Fire」は蜘蛛子が勇敢に敵に向かっていく場面などに使われた。
 「Into the Battle」は蜘蛛子のメインのバトル曲。スキルを駆使して華麗に戦う蜘蛛子のイメージをスピード感のある曲調で表現する。次の「Hard Fight」は互角の戦いを描写する緊迫感に富んだ曲。どちらも、第4話の猿の魔物、第8話の火龍、第12話の地龍アラバなど、強敵との対決場面に使用されている。ここがディスク1のクライマックスである。
 そしてトラック33「It’s My Way」は、蜘蛛子の日常を描くユーモラスな曲。戦い終えた蜘蛛子のイメージで収録した。「今なら食いしん坊キャラでいけるな」(第3話)、「もっと肉を持ってこいー」(第4話)、「いや〜日差しがしみる」(第13話)など、蜘蛛子の能天気な場面に使われている。やはり蜘蛛子はこうでなくては……と聴いていてほっとする。
 トラック34「Evolution」以降はボーナストラック的に、レベルアップや進化のシーンにジングル的に使われる短い曲を集めた。最後の「Preview」は次回予告に使用されている曲。もともとはレベルアップ用の曲である。
 という感じで、ディスク1は転生した蜘蛛子のサバイバルを描くイメージでまとめた。この1枚だけでも本作の雰囲気が伝わると思う。
 ディスク2はコンセプトを変え、蜘蛛子の同級生たちの物語に付けられた曲を中心にまとめた。ディスク1との雰囲気の違いを聴き比べてみるのも面白い。ディスク2の終盤は地龍アラバと蜘蛛子との決戦をイメージして、ディスク1に収録できなかった激しいバトル曲を収録。最後はもう一度、蜘蛛子の日常に戻り、ハードロック調の軽快な音楽で締めくくった。

 『蜘蛛ですが、なにか?』の音楽はコミカルからシリアスまでバラエティに富んでおり、その振り幅も広い。ほかの作品だとシリアスな曲が主役でコミカルな曲が脇役みたいになりがちだが、本作の場合は逆。コミカルな曲が重要であり、音楽演出の中核を担っている。本編では曲が短い時間で切られてしまうことが多いので、なかなか全体像がわかりづらいが、どの曲もセンスよく丁寧に作られていることに感心する。本アルバムでその魅力をじっくり味わってもらいたい。
 さて、6月30日には後期用の追加録音曲を収録した「TVアニメ『蜘蛛ですが、なにか?』オリジナルサウンドトラック2」が発売になる。2枚組で全48曲収録予定。今回は人間側の曲が多いのが特徴だ。筆者が気に入っているのは“吸血っ子”ソフィア関連の曲。こちらもぜひ、お聴きいただきたい。

TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」オリジナルサウンドトラック
Amazon

TVアニメ「蜘蛛ですが、なにか?」オリジナルサウンドトラック2
Amazon

佐藤順一の昔から今まで(23) 女子高生リアリズムと戦争もの

小黒 『ストレンジドーン』は「佐藤順一的な女子高生リアリズム」の、1つのかたちなわけですね。

佐藤 そうだね。それをやろうと思ってやってるからね(笑)。

小黒 今でいうところの異世界転生ものですよ。

佐藤 そうそう。

小黒 でも、異世界転生ものでは、普通トイレは問題にならないんですよ。

佐藤 そうだね(笑)。

小黒 「異世界に召喚された女子高生はトイレをどうしているのだろうか」というアニメですから(笑)。

佐藤 野原でするしかないよね。

小黒 「それは人間として終わってるでしょう」と、登場人物が自分達でツッコミを入れると。

佐藤 作中では神のように扱われてるけど、ただの女の子達だから、何もできないし、戦争がなぜ起こってるかも全く理解できない。

小黒 パンツが替えられないということも引っ張っていましたね。

佐藤 シリーズ構成の横手(美智子)さんのお得意分野だと思うんです。パンツの話も含めてだけど、女子の綺麗じゃない部分を描くっていうか。

小黒 なるほど。今観ると、凄く真面目に作られていて。

佐藤 うん。真面目に作ってますよ(笑)。

小黒 異世界の小人達も、もの凄く地に足が着いていて、それぞれに葛藤があって、彼らの人間関係も描いている。身体が小さいだけで、ちゃんとした人間なんですよね。

佐藤 そうそう、限りなく大人達に近い。

小黒 今になって思うと、小人達はヘンテコで地に足が着かないほうがよかったんじゃないかと。

佐藤 (笑)。でも、あれは一応戦争もののカテゴリで考えているんですよ。

小黒 戦争を扱った作品でもあるんですね。

佐藤 そうそう。戦争もので難しいのは「終わらないこと」だと思うんですよ。物語上では戦闘の終結があったり、日常が戻ったりして、終わるじゃないですか。でも、現実では戦争って終わらないんですよ。ずっと引きずり続けて、ズルズルと残るんです。それが難しいから、戦争ものはできないなと思っていました。今回の物語は、主人公達が元の世界に帰るっていうことで、ひとまずは着地ができる。小人達の世界では戦争はそのまま続いてるんだけど、物語としては召喚された女子高生がいなくなった時点で終われるので、これだったらできるかなと思って取り組んだタイトルではあるね。

小黒 なるほど。

佐藤 戦争で軸にしたかったのは村人のあり方だったんだよね。自分達も戦争を肯定するというかたちで加担していたくせに、敵に攻め込まれて村が焼けてしまうと、村人は手のひらを返して守ってくれていた警備隊達に悪態をつくとかね。戦いそのものでないところが、『ストレンジドーン』でやりたかった戦争描写のコアなんだけど、伝わりにくかったなって思います。

小黒 佐藤さんが絵コンテを描いてる回は1話だけで、最終回は山下明彦さんが描いていますね。これはどんな狙いだったのでしょうか。

佐藤 今回はコンテをあまりやらないで進めたいなと思ってました。シナリオは横手さんに書いてもらって、物語はシナリオ段階で詰める。その後は役者の演技と音響で表現を詰めていくことができたらいいなあと思って取り組んでいたので、絵コンテにはあんまり手を入れないようにしようと思っていたんですよね。

小黒 この頃から、佐藤さんの作品づくりは音響重視になっていくわけですね。

佐藤 そうですね。1つの作品をやると、上手くいくところもあれば、反省すべき点もあって、次はこうしてみようという気持ちが膨らんでいくんだよね。

小黒 『ストレンジドーン』では音響監督もやっているんですか。

佐藤 ノンクレジットですがやってます。小人達は実力のある役者さん達でまとめて、そんなに演技指導しなくてもいいようになっているんですよ。で、清水香里さんと榎本祥子さんという、当時まだそんなにキャリアのない、役に年齢が近い2人に主演をやってもらって。なるべく2人が普段やってるような感じで、聞き覚えのある会話のテイストにしてほしい。特に清水さんのやってるキャラクターは。

小黒 宮部ユコですね。

佐藤 ユコのセリフには「てか」とか「つかつか」とか、台本には入っていない言葉がいっぱい入ってるはずです。アニメの台本って、生のテンションで喋ると、間が余るんです。言葉を足して、余った口パクを埋めていく。「だからさあ!」の前に「てか」を付けて「てか、だからさあ!」になるとかね。

小黒 なるほど。

佐藤 シナリオにない、女子高生的な言い回しを足すことで、リアルさをキープしていこうと思ってやっていました。そういうことをやりたいなと思って始めたシリーズでもありますね。どれぐらい、それっぽくできるかと。

小黒 エリとユコの会話がかなり重要だったんですね。

佐藤 それほどキャリアのない人達を音響監督としてハンドリングする経験が、自分にはまだそんなになかったので、そこは反省点として残りましたよね。もうちょっとうまくディレクションしてあげたら、彼女達はもっとよくできたはずだなっていう部分がいくつかある。

小黒 そういう意味では『プリーティア』のほうはどうだったんですか。

佐藤 『プリーティア』のほうは、もっと普通にターゲットを定めようと。『どれみ』だと3歳から7歳ぐらいまでなんだけど、『プリーティア』では6歳から10歳ぐらいの女子をターゲットにしたアニメをやろうと思ってたかな。できればもう少し上の高校生にも観てもらいたかったけども、まずはターゲットを上げたらどうなるかな、ということをやりたくてやったシリーズだったと思います。

小黒 この頃から佐藤さんは総監督で、別に監督を立てるかたちになっているわけですね。

佐藤 ハルフィルムに入った時に、この会社がずっとやっていくためには、監督として作品の柱になる人が必要になるはずと思ったんです。東映以外の会社だと、演出をやっていた人が監督になる時に、それまでに音響の作業等を経験していない場合が多いので、その辺を伝えておきたくて入ってもらってるところはあるね。佐山(聖子)さんも、この人は将来監督をやっていくだろうから、必要なことを伝えられたらと思って、『プリーティア』に監督として入ってもらいました。

小黒 和田薫さんの音楽はインパクトがありましたね。

佐藤 『ストレンジドーン』を和田さんにオファーしたのは、僕からだったかもしれない。厚みのある、ちゃんとしたオーケストレーションでやりたいなとは思っていたんです。その頃だったら「そういった楽曲なら、やっぱり和田さんだろう」と思ったのかもしれないな。

小黒 劇中でやってることはミニマムかもしれないけど、音楽は大スペクタクルですよね。

佐藤 劇伴って当時でもなかなかお金を掛けてもらえなかったので、企画を立てる時に、「今回は、できればフルオケでやりたい。少なくとも、ある程度はオーケストラでやりたいんです」と言って、製作委員会に考えてもらった。多分、元々の音楽予算以外に、制作予算から音楽制作費を出してもらったと思います。結構な大編成で音楽を録って、それはそれでかっこいい音楽ができた、と思ってますね。


●佐藤順一の昔から今まで(24)『スレイヤーズぷれみあむ』と『プリンセスチュチュ』 に続く


●イントロダクション&目次

新文芸坐×アニメスタイル セレクション
vol.130 鬼才・今 敏の仕事

 奇想とリアリティの共存、作り込まれた密度の高いビジュアル、観客を惹きつける演出的な手腕。今 敏監督が手がけた作品は斬新であり独創的。そして「映画」らしい「映画」を撮ってくれる監督だった。

 新文芸坐とアニメスタイル共同企画による2021年6月のオールナイトは今 敏監督の特集だ。上映作品は『千年女優』『東京ゴッドファーザーズ』『パプリカ』の3本。トークコーナーのゲストはプロデューサーの丸山正雄、演出や制作進行として今監督の作品に参加した平尾隆之監督だ。トークの聞き手はアニメタイル編集長の小黒祐一郎が務める。

 なお、新型コロナウイルス感染予防対策で、観客はマスクの着用が必要。入場時に検温・手指の消毒を行う。全席指定席で、前売券の発売は6月23日(水)から。前売り券の発売方法については、新文芸坐のサイトをご覧になってもらいたい。

新文芸坐×アニメスタイル セレクション
vol.130 鬼才・今 敏の仕事

開催日

2021年6月26日(土)

開場

開場:22時10分/開演:22時30分 終了:翌朝4時55分(予定)

会場

新文芸坐

料金

一般3000円、友の会2800円

トーク出演

丸山正雄、平尾隆之、小黒祐一郎(アニメスタイル編集長)

上映タイトル

『千年女優』(2001/87分/35mm)
『東京ゴッドファーザーズ』(2003/92分/BD)
『パプリカ』(2006/90分/BD)

備考

※オールナイト上映につき18歳未満の方は入場不可
※トークショーの撮影・録音は禁止

●関連サイト
新文芸坐オフィシャルサイト
http://www.shin-bungeiza.com/

アニメ様の『タイトル未定』
305 アニメ様日記 2021年3月28日(日)

編集長・小黒祐一郎の日記です。
2021年3月28日(日)
日曜ではあるけれど、散歩以外はデスクワーク。
3月27日に「満員電車」を鑑賞した流れで、Amazon prime videoで市川崑監督の「青春怪談」を観る。1955年の邦画だ。原作小説は既読。タイトルに「怪談」の文字が入っているが、原作も市川崑版も、幽霊も出なければ妖怪も出ない。先進的な若者である奥村千春と宇都宮慎一、そして、やや変わり者の千春の父と慎一の母の恋愛模様を描く。原作は小説としてはあっさりしているのだけど、登場人物が魅力的で、楽しく読んだ。市川崑版は物語に関しては、原作をなぞっているけれど、慎一の現代っ子ぶりについてはもうひとつ。慎一の役者さんの風貌が大人過ぎるのではないか。原作を読んでいるからそう思うのかもしれないけれど。それに対して、千春のボーイッシュな感じは悪くない。「青春怪談」は同じ原作を、別の映画会社、別の監督で映像化した映画が同じ日に公開されているらしい。観客は同じ原作の映画を選んで観ることができたわけだ。

2021年3月29日(月)
午前中に、ワイフとグランドシネマサンシャインで「ノマドランド」を鑑賞。とてもよくできた映画だった。自分がもっと年齢を重ねてからだと、受け取り方が変わるかもしれない。ワイフはかなり感銘を受けた模様。午後はデスクワーク。録画で『ちびまる子ちゃん』で、キートン山田さんの最後の出演回を観る。

2021年3月30日(火)
この日も映画を観にいこうかと思っていたのだけど、「ノマドランド」で映画を観たい欲が治まったので、とりやめる。事務所でデスクワーク。原稿やこれから作る書籍の企画書の作業等。
『おそ松さん』第3シリーズ未視聴分を最終回まで観る。『おそ松さん』はこれからも、ゆったりと続いてくれると嬉しい。
『BEASTARS』第2シリーズ未視聴分を最終回まで観る。面白かったけど、原作はこの後もずっと続くのね。そろそろ原作をきちんと読んだほうがいいかな。

2021年3月31日(水)
昼までデスクワーク。午後は『映画大好きポンポさん』の試写会に行く。平尾隆之監督で『映画大好きポンポさん』を映像化すると知った時には、意外な組み合わせなので、ちょっと驚いた。だが、平尾監督が次回作としてこのマンガを映像化するのは面白いし、よい作品になるだろうとも予想できた。完成したアニメーション映画『映画大好きポンポさん』は非常にテクニカルな作品であり、なおかつ、娯楽作。原作を活かしている上にプラスアルファがある。全体として平尾監督らしい映画にもなっていた。期待以上の仕上がりだった。
「佐藤順一の昔から今まで」で確認したいことがあって『ストレンジドーン』を再見。U-NEXTで配信が始まっていた。ありがたい。 事務所が入っているビルの裏にある自販機の缶コーヒーがアイスだけになった。早いよ。毎年、梅雨くらいまでホットの缶コーヒーが飲みたい日があるのだ。

2021年4月1日(木)
新文芸坐の特別モーニングショーで「ひまわり 50周年HDレストア版」(1970・伊/107分/DCP)を鑑賞。プログラムのタイトルは「不朽の恋愛映画が、美麗映像で甦る ひまわり 50周年HDレストア版」。「ひまわり」は有名な映画だが、自分は初見。あらすじも知らなかったのにメインテーマは聞き覚えのある曲だし、観ていて「ああ、このカットはスチルになっているなあ」と思ったりと、不思議な鑑賞だった。脚本はよく練ってあるし、演出も腰がすわっている。「よく撮ったなあ」と思うカットもいくつもあった。音楽を担当したヘンリー・マンシーニが気になって、Amazon Musicで楽曲を探したところ、プレイリストがあった。
ワイフの体調がいまひとつで、のんびりと休んでもらうために「天然温泉 豊穣の湯 ドーミーイン池袋」に宿をとる。ドーミーイン池袋は事務所近くのホテルで、3月18日に開業したばかり。池袋のホテルなのに温泉に入れるのだ。15時にチェックインして、自分は事務所に戻ってデスクワーク。

2021年4月2日(金)
深夜にホテルで起きて、暗いうちに出社。早朝散歩の後、ホテルで朝食をとってからまた出社。寝起きしているのと食事をとっているのがホテルである以外、自分の生活パターンは普段とあまり変わらない。
早朝散歩ではAmazon Musicのプレイリスト「Henry Mancini Essentials」を聴いた。音楽好きの人には笑われてしまうかもしれないけれど、ああ、この曲もヘンリー・マンシーニだったのかと、素朴に驚く。「Baby Elephant Walk」もそのひとつで、あとで検索して映画「ハタリ!」の曲だと知る。

2021年4月3日(土)
『おじゃる丸』『忍たま乱太郎』はずっと録画をしているのだけれど、あまり再生していない。反省して、数日前から新作があったら、なるべく翌日の朝に観ることにした。4月2日に放送されたのは『おじゃる丸』も『忍たま乱太郎』も夫婦愛の話でしみじみとした。愛ちゃんの「あー、私なんだか、手をグーってしたくなったわ。グーって」が超甘々でよかった。これも自分が若い頃に観たら、受け取り方が違うだろうなあ。
昼前にホテルをチェックアウト。ワイフは充分に休めたようでご機嫌。自分は阿佐ヶ谷ロフトAに移動して、イベント「ぼくらの動画祭」に途中から参加。吉松さんが作った動画を流すイベントで、出演は吉松さん、ドクトルFさん、水島精二さん。自分が登場して、やたらはしゃいでいる動画も上映された。その後、事務所に戻ってデスクワーク。
「仮面ライダー生誕50周年企画発表会見」で新作「シン・仮面ライター」の製作が発表された。脚本・監督は庵野さんだ。『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の公開からひと月足らずで、新しい監督作を発表するイケイケ感が素敵だ。

佐藤順一の昔から今まで(22)TV『まほTai!』と『プリーティア』

小黒 『魔法使いTai!』TVシリーズですが、クレジットだと「アニメーション制作」としてマッドハウスとトライアングルスタッフの名前が並んでいます。実際の制作現場はどこになるんですか。

佐藤 トライアングルスタッフですね。

小黒 『まほTai!』のTVシリーズは、OVAとはテイストが違いますが、作品としての狙いが違うということですね。

佐藤 そうですね。OVAは割と自分の好きにやらせてもらったので、TVの時は、シリーズ構成の小中(千昭)さんとキャラクターデザインの伊藤郁子さんのやりたいことも、引き出しながらやれたらいいなと思っていましたね。

小黒 新キャラクターも登場しましたが、そこに伊藤さんがやりたかったことがあったんでしょうか。

佐藤 やりたかったことというよりも、伊藤さんはOVAの時に主人公の紗絵に共感できなかったわけですよ。「サトジュンが好きな主人公女子キャラ」以上のものではないと思っていて、ちゃんと女の子らしいところをやりたいと考えていたんだと思います。

小黒 なるほど。

佐藤 小中さんは、その辺の伊藤さんの波長とシンクロしていたと思っていた。その後の『(ふしぎ魔法)ファンファンファーマシィー』で一緒に仕事されていた時も、凄くシンクロしてましたからね。

小黒 ミッキー先輩とJの存在は、伊藤さんと小中さんのアイデアなんですか。

佐藤 確かそうだったと思います。TVシリーズに関しては、僕のほうから「ああしたいこうしたい」というものは、OVAほどはないんだよね。自分の中からは出てこないようなものがやりたいと、当時思ってた。なので、出してもらったものを面白がろうっていうところがあるかもね。主人公に関して言えば、既にやっていて楽しいキャラクターになっているので、自分はそれで十分楽しいし。

小黒 佐藤卓哉さんが『まほTai!』に絵コンテで参加されていますね。『まほTai!』への参加はどういった経緯だったんでしょうか。

佐藤 卓哉さんはトラスタのプロデューサーがコンテをオファーして、描いてもらってたはずですね。自分も卓哉さんの名前は聞いてるけれども会ったことはない、ぐらいの感じだったと思います。

小黒 その後、『チュチュ』で佐藤卓哉さんが脚本を書いていますね。これは?

佐藤 誰かが勧めてくれたんですよ。卓哉さんはホンも書けるということだったので、入ってもらいました。勧めてくれたのは、小中さんかもしれないです。

小黒 『まほTai!』TVシリーズの絵コンテを当時見た記憶があるんですけど、佐藤卓哉さんの絵コンテの画があまりにも独特で印象に残りました。

佐藤 画が最初から面白かったですね。

小黒 絵コンテの画が作品のようでしたね。

佐藤 そうそう。絵コンテの段階で面白かった。ただ、シリーズディレクターとして見ると、「結構枚数がかかる内容だな」というのが気になったんです。制作はそこを気にしていなかったけど、少し修正をしたかもしれない。

小黒 当時、佐藤卓哉さんの回だけでなく、TV『まほTai!』で絵コンテを何本か見せてもらったんですよ。「うわー、佐藤さん、手を入れてないなあ」と思いました。「映像ソフトを売る作品で、こんなにTVアニメっぽい絵コンテでいいの?」と思ったものもありました。

佐藤 この頃がそういう時期だったんだね。東映の外の空気を感じて、外のものをそのままやったものも見たいなという気分もあった頃です。

小黒 東映だと、シリーズディレクターは基本的に各話の絵コンテを直さないわけじゃないですか。だけど、他のプロダクションは監督が絵コンテを直すことが多い。この頃の佐藤さんは、その間にいたわけですね。

佐藤 そうなんです。コンテでガリガリ直すんじゃなくって、その後の音響の段階でなんとかしていくのが東映のスタイルなので、この辺りはそれと同じつもりでやってるはず。

小黒 同時期に『ゲートキーパーズ』(TV・2000年)もありますね。佐藤さんのカラーがほとんど感じられないのですが。

佐藤 そうでしょうね。なんで俺が呼ばれたのか、自分でも分かんなかったぐらいだからね(笑)。

小黒 設定やキャラクターの配置が決まってから、呼ばれてるんですか。

佐藤 既にあるゲームのアニメ化だから、キャラクターデザインとか設定も全て決まっていましたね。企画意図としては、ターゲット年齢をあまり上げたくないというか、男の子に向けて作るものにしたい。作風もマニアックじゃないほうにいきたいのでお願いしました、と聞きましたね。

小黒 でも、企画としてはバリバリにマニアックですよね(笑)。

佐藤 そうかもしれないけど、(シリーズ構成の)山口(宏)さんがやろうと思っていたことが、少年アニメ的だったので、それをちゃんと拾っていくつもりでやっています。ホン読みの時にもガチガチに設定で固めないで、ゆるいところはゆるく、という感じで進めてた気がするんだよね。

小黒 この頃は『サクラ大戦』(TV・2000年)と『だぁ!だぁ!だぁ!』(TV・2000年)で1本ずつ絵コンテを描いてますね。『サクラ大戦』はどなたからのオファーだったんですか。

佐藤  (中村)隆太郎さんかな。隆太郎さんから「1本コンテやって」と言われて、やったはずです。

小黒 どうでしたか。

佐藤 『サクラ大戦』の世界観自体がなかなか難しかった記憶があります。隆太郎さんが作品の取り扱いに困ってる感じがあって、「佐藤さんはどう思いますか?」って聞かれたこともあったから(笑)。隆太郎さん的には「少女達の物語」としてちゃんと組み立てたいんだな、と解釈して取り組んだ気がする。隆太郎さんが何に困っているのか、実はよく分かってなかったりするんだけど、「これってこういうもんでしょ」というお約束的なところが引っかかったのかもね。だから、隆太郎さんのやりたいものにしようと思ってやった記憶がある。

小黒 『だぁ!だぁ!だぁ!』はいかがですか。

佐藤 『だぁ!だぁ!だぁ!』は桜井(弘明)さんから話をもらったのかな? 少女マンガ原作でターゲットも割とよく分かってる層なので、あんまり悩まずにスルッとできた気がするね。シーンは忘れたけども桜井さんに「このキャラクターの行動分かりますか」と聞かれて、「めっちゃ分かります! これはこういうことですよね」「そうなんすよ!」という話をした気がする。

小黒 (笑)。次が問題作と言えるかもしれない『ストレンジドーン』(TV・2000年)ですね。

佐藤 『ストレンジドーン』は、ハルフィルムに入って最初の作品だもんね。

小黒 1つ覚えてることがあって、この頃、佐藤さんはやたらと深夜アニメをチェックしてたんですよ。「小黒君、あの番組はどういうターゲットに向かって作ってるの?」と聞かれたりして、「うわ、佐藤さん、めちゃめちゃ深夜アニメ観てるよ!」と感心したのを覚えてます。

佐藤 (笑)。

小黒 これからはコアターゲット向けに作っていくのだ、という時期だったわけですよね。

佐藤 ハルフィルムに入って、「じゃあ、テレビの企画やりましょう」って言われた時に、どういう時間帯で誰に向けた作品なのかを聞くじゃないですか。

小黒 はい。

佐藤 ターゲットに関しては、特に濃いアニメファンではなく、広めに考えているということだった。要は、深夜にザッピングしている人達が「これなんか変なのやってるよ」とチャンネルを止めて観ちゃうっていうことだよね、と思って作ったのが『ストレンジドーン』かな。

小黒 なるほど。

佐藤 「こんなのやっているけど、なんなのこのアニメ」と思って、つい観てしまうような人達がターゲットかなと思ってて。視聴率も深夜なので1%とか2%いけばよいっていう企画かなと思ってスタートしたんだけど、作ってたら「パッケージを出す」と言われてね。「パッケージ!? これ、売れますか!?」って (笑)。

小黒 (笑)。いや、この頃のものだったらパッケージにするでしょう。

佐藤 そう。当時、その常識がわかってなかったんですよ。

小黒 なるほど。

佐藤 「それだったら宣伝の仕方とかを一考しないと、普通に棚に置いても誰も手に取らないと思います」みたいなことを言ったけど、タイミングが遅かったのか実現しなくて。外でやるアニメは、パッケージでビジネスしてるんだということが、徐々に分かっていく。

小黒 その後の『(新白雪姫伝説)プリーティア』(TV・2001年)の時も、まだ分かってないわけですね。

佐藤 その時もまだ分かってないですよ。

小黒 『プリーティア』は作品として悪いわけではないけれど「なぜこれをWOWOWでやってるんだ?」という疑問が。

佐藤 『ストレンジドーン』の時も、当初は地上波の深夜でやるという話で企画してんだけど、最終的に「放映するのはWOWOWの夕方になりました」と言われて「えっ、WOWOW? 映画やスポーツとか音楽が好きな人が、お金を払って観てるチャンネルなのに大丈夫ですか」と思ったんだよね。

小黒 なるほど。

佐藤 『プリーティア』の時も「WOWOWは全国ネットなので、エリアの狭い地上波よりもビジネスチャンスが多いのだ」と言われて、「そういうもんすか」と思ってやったんだけど(笑)。後で全然違うじゃんってことが分かる。

小黒 少なくとも女の子向けの番組をやる枠ではなかったですね。当時も佐藤さんは「聞いていた話と違った」と言っていましたよ。

佐藤 そうなんですよ。そういうことはこの後も結構あるんですよ。だんだん賢くなっていって「ターゲットがこうだから、こういうふうに作りましょう」と最初に言われても、それとは違う結果になるかもしれないというのが分かっていったんです。


●佐藤順一の昔から今まで(23)女子高生リアリズムと戦争もの に続く


●イントロダクション&目次

アニメ様の『タイトル未定』
304 アニメ様日記 2021年3月21日(日)

編集長・小黒祐一郎の日記です。
2021年3月21日(日)
グランドシネマサンシャインで「トムとジェリー【吹替版】」を鑑賞。「アニメのキャラクターが現実にやってきた」という話ではなくて「人間は我々と同じ存在(実写)で、動物はアニメキャラとして存在する世界」の話なのね。ただし、人間は実写だけど、人格の描写はマンガに寄せている。映像的に面白いところはあった。午後は『ナースエンジェルりりかSOS』のサントラを聴きながら、事務所の片づけ。書籍の校正紙や束見本をまとめて、雑誌をラックに収めて、開けてなかった段ボール箱を開ける。営業を再開したやきとんひなたで、ワイフと軽く呑む。
SNSで若いアニメーターさんと『新世紀エヴァンゲリオン』や『宇宙戦士バルディオス』の話をする。『伝説巨神イデオン』の最終回について、当時のファンの反応はどうだったんですか、と訊かれたり。あまり話したことのない話題なので楽しかった。

2021年3月22日(月)
ワイフと千駄木の「中村和子展」に。展示されていた作品も、会場も、展示の仕方も素敵だった。会場でデータ原口夫妻、菊川幸夫さんに会う。iPhoneの機種変をすることになり、事務所に戻ってからの数時間、iPhoneが手元にない状態となる。その状態で出かけたのだけど、スマホを持たずに外出するなんて、5年ぶりくらい? もっと? スマホがないと写真も撮れないし、メールも受けられない。歩数計に歩数もカウントされない。ではあるけれど、精神的に身軽になった。新鮮だなあ。

2021年3月23日(火)
ワイフと代々木公園で花見散歩。フェンスが設置されて、桜の下で花見ができないようになっていたので、桜を見つつ歩く。事務所に戻ってZoom打ち合わせと電話打ち合わせ。電話打ち合わせで、ある作品の作画について訊かれた。得意分野だったので延々と話して、長電話となった。
スマホはiPhone 8 PlusからPhone 12 Proになった。カメラの性能はかなりのものだ。撮影時に「広角」「超広角」「望遠」を選んで撮るのだけれど「超広角」が面白い。本体のサイズに関してはPhone 12 Pro Maxでもよかったかも。

2021年3月24日(水)
SNSで、テレビ『新世紀エヴァンゲリオン』の企画書が話題になっていた。あの企画書は1990年代前半のものなのにDTPで作られている。まだDTPが珍しかった時代のものだ。当時の企画書としては画期的に見栄えがよかった。『エヴァ』の制作に参加していた友人は「『エヴァ』の企画書はロマンアルバムのようだ」と言っていた。その後で、自分達が『少女革命ウテナ』の企画書を作ることになるのだけれど、先に『エヴァ』があるので、あれに負けないものを作らなくては、と知恵を絞ったのを覚えている。

2021年3月25日(木)
グランドシネマサンシャインで『名探偵コナン 緋色の不在証明』を鑑賞。総集編ということであまり期待していなかったけど、かなり楽しめた。とにかく構成が上手い。緋色シリーズのカーチェイスの部分は劇場の音響の力もあり、見応えが増していた。
WOWOWの『あしたのジョー』13話から16話を観る。段平が青山にべったりで、ジョーがそれに苛つく展開は若い頃にはなんとも思わなかったけど、今は段平に感情移入しているので、観ていてニヤニヤしてしまう。

2021年3月26日(金)
午前中の散歩はワイフと飛鳥山公園に。途中のコンビニで缶ハイボール等を買って、公園の奥の、人が少ないあたりでちょっとしたお花見。キッチンカーで「しぶさわ君 おむすび弁当」を購入して、さらに「渋沢×北区 飛鳥山おみやげ館」も見る。Zoom打ち合わせやデスクワークを挟んで、17時から吉松さんとSkype飲み。昼に呑んだばかりなので、お酒は軽めで。イベントの打ち合わせもする。
KADOKAWAのリリースで、井上伸一郎さんが同社の顧問になることを知り、驚く(リリースが出たのは3月25日)。

2021年3月27日(土)
午前中にグランドシネマサンシャインで『ガールズ&パンツァー 最終章 第3話 BESTIA enhanced【キャノンボールズ・フォール センシャラウンド】』を鑑賞。『最終章』の作りは『劇場版』までと違うのだな、というのが分かってきた。散歩を挟んで新文芸坐で「満員電車」(1957/99分/35mm)を観る。プログラム「市川崑 初期ライト・コメディの誘惑」の1本だ。多分、これが二度目の鑑賞。スタイリッシュな作りと軽さがいい。
これから原稿をまとめる音声おこしを確認したら、トータルで約20万文字。これが4万文字になれば大成功だ。

第710回 まだ信じられません

「お前何十年も修業して達人にでもなるのを待ってから戦場に出るつもりか? 気の長ぇ話だな」
「武器を持ちゃ——戦場じゃガキだろうが立派な戦力だ」

 数ある「ベルセルク」のガッツの名台詞から板垣が好きな2つ。これらは正にミルパンセです。ペンを持ってタブレットに向かったら誰でも戦力であると。アニメ『ベルセルク』制作中は、今よりももっと新人ばかりの現場だったため、イシドロに言ったこれらの言葉には本当に勇気をもらいました。そして現在も。三浦建太郎先生、本当にありがとうございました。改めてご冥福をお祈りいたします。

第208回 ささやかな発見とよろこび 〜うさぎドロップ〜

 腹巻猫です。『トロピカル〜ジュ! プリキュア』のオリジナル・サウンドトラックCDが6月9日に発売されます。構成・解説・インタビューを担当しました。まなつやローラたちの元気いっぱいの活動を彩る明るい曲、楽しい曲をたっぷり詰め込みました。エンディング主題歌のイントロ違いバージョンも全タイプ収録。ぜひ、お聴きください!
https://www.amazon.co.jp/dp/B091QPNY43/


 作家として代表作があることは幸福なことだけれど、いつもその作品を引き合いに出されると、もやもやすることもあるのではないか……。そんなふうに思うことがある。
 作曲家・松谷卓の場合は「大改造!!劇的ビフォーアフター」のテーマ曲が代表作にあたり、筆者も「あの曲の作曲者」と紹介することが多い。
 しかし、松谷卓の音楽は「劇的」と呼ぶよりも「しっとり」「美しい」と形容するほうがぴったりくる。劇場作品「いま、会いにゆきます」(2004)や「君の膵臓をたべたい」(2017)は、そんな持ち味が生かされた作品だ。
 松谷卓が手がけたアニメ作品といえば『のだめカンタービレ』(2007)である。続編『のだめカンタービレ 巴里編』(2008)、続々編『のだめカンタービレ フィナーレ』(2010)も制作・放送された人気作品だ。が、『のだめ』といえば劇中で流れるクラシック音楽が主役の印象がある。
 今回はTVアニメ『うさぎドロップ』の音楽を聴いてみよう。

 『うさぎドロップ』は2011年7月から9月までフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送されたTVアニメ作品。宇仁田ゆみの原作マンガを監督・亀井幹太、アニメーション制作・Production I.Gのスタッフでアニメ化した。
 30歳の独身男・河地大吉(ダイキチ)は、祖父・宋一の葬儀の場で所在なさげにしている6歳の少女・りんと出逢う。りんは宋一の隠し子で母親はゆくえ知れずだというのだ。りんを押し付けあう親戚に反発したダイキチは、りんを引き取ることを決意。りんとダイキチの同居生活が始まった。
 結婚も子育てもしたことがないダイキチが幼いりんを育てることになり、初めてのことの連続で思わぬトラブルや変化に見舞われる。その日常がユーモラスに描かれるうちに、ダイキチとりんが本当の家族になっていく展開が感動的だ。アニメになりにくそうな題材だが、実写の生々しさがないぶん、共感しやすい作品になっている。唐突かもしれないが、筆者はちょっと『アルプスの少女ハイジ』を連想した。
 見どころのひとつは、りんの子どもらしいしぐさや表情、言葉づかい。丁寧な作画とりんを演じた声優・松浦愛弓の力が大きかった。松浦愛弓はなんと当時9歳。大人の声優の芝居では出せないリアルな空気感に思わず引き込まれてしまう。
 音楽を担当した松谷卓は1979年生まれ。1998年に19歳でファーストアルバムを発表し、ピアニスト、作曲家としてデビューした。2002年に手がけた「大改造!!劇的ビフォーアフター」の音楽が評判になり、以降は劇場作品やTVの音楽などで活躍しながら、オリジナル・アルバムの制作やコンサート活動も続けている。
 『うさぎドロップ』の音楽は、作品の世界観に合わせた生楽器中心のスタイルで作られた。楽器は、松谷卓本人によるピアノと、バイオリンが2本、ビオラ、チェロ、フルート、オーボエ、クラリネット、バスーン(ファゴット)、アコースティックギターが1本ずつ。ぜんぶで10人の編成だ。「劇的ビフォーアフター」ようなドラマティックな音楽ではなく、日常に流れるさりげない音楽、ちょっとユーモラスな音楽、しみじみとした音楽などで構成されている。
 ダイキチとりんの日常には大事件が起きるわけではない。けれど、日々の生活の中には2人にとっての大きな事件や新鮮な発見があふれている。音楽もシンプルな中に細やかな心情の変化や高揚感を宿したものになった。
 本作の音楽にはりんのテーマやダイキチのテーマと呼べるような曲はない。メニュー上はあるのかもしれないが、そういう使い方はされていないようだ。りんの友だちになる少年・コウキとその母親・コウキママのテーマは設定されているが、キャラクターテーマとしてよりも、りんとコウキ、コウキママとダイキチの関係性に焦点を当てて使われている印象である。人と人の関係にフォーカスした音楽演出は本作の特徴だ。
 本作のサウンドトラック・アルバムは2011年8月に「アニメ うさぎドロップ オリジナル・サウンドトラック」のタイトルでソニー・ミュージックエンタテインメント(レーベル:エピック・レコード・ジャパン)から発売された。
 収録曲は以下のとおり。

  1. 訪れた変化
  2. 一人の女の子
  3. 大吉とりん
  4. 別れ
  5. 別れ2
  6. 建前
  7. 決意
  8. 朝ご飯
  9. 葛藤
  10. よくわからん
  11. 相談
  12. すっかり父
  13. 時間経過
  14. 喜び
  15. 疑問
  16. これは汗っ!
  17. ナイト
  18. コウキのテーマ
  19. コウキママ
  20. 憂い
  21. 恋心
  22. 宋一の覚悟
  23. 心配
  24. お出掛け
  25. 戸惑い
  26. 家出
  27. 幸せ
  28. 触れ合い
  29. はじめの一歩(歌:杉並児童合唱団)
  30. SWEET DROPS – piano version -
  31. High High High – piano version -

 トラック30と31はオープニング主題歌とエンディング主題歌のピアノ・アレンジ・バージョン。トラック29の「はじめの一歩」はりんの保育園の卒園式で子どもたちが歌った曲の児童合唱団バージョンである。主題歌は収録されていない。
 本アルバムの発売はアニメの放送開始から1ヶ月後。アニメの制作と並行してサントラ盤を準備していたことになる。
 筆者も経験があるが、放送中に発売されるサントラ盤の構成は気を遣う。放送が進んでいないと本編で流れる音楽がわからないし、先の展開まで見越して曲を入れるとネタバラシになってしまうことがある。
 本アルバムの場合はおそらく、数話分の選曲が決まっていたか、あらかじめ使用場面を想定して発注と作曲が行われたのだろう。トラック1からトラック16あたりまでは第1話と第2話の音楽演出にほぼ沿った形で選曲・構成されている。解説書にも、各曲ごとに使用された場面を紹介するコメントが掲載されている。だから、本編をふり返りながら聴くことができる。
 1曲目の「訪れた変化」は第1話の冒頭、ダイキチが祖父の葬儀に向かう場面に流れる始まりの曲。ピアノとギターの淡々としたリズムにオーボエのメロディが重なり、後半は弦楽器とピアノによる温かい曲調に展開していく。まさに物語の中で描かれる「変化」を象徴する曲。第5話でダイキチとりんが実家に向かう場面や第8話の夏休みの始まりなどに選曲されている。
 2曲目の「一人の女の子」はりんの登場場面に流れる曲。ピアノのシンプルなリズムに始まり、フルートと弦楽器のメロディが現れると、ちょっとさみしげな雰囲気に変わる。「りんのテーマ」というよりも「ダイキチから見たりんの印象」的な曲だ。第1話でりんが所在なさげにしている場面や、第2話でりんがダイキチのあとをついていく場面などに選曲された。
 トラック3「大吉とりん」は2人の日常を軽快なタッチで描写する曲。3拍子のリズムの上で木管楽器や鍵盤ハーモニカのメロディが踊る。後半にはギターの爽やかな演奏が楽しい雰囲気をかもしだす。ダイキチとりんが買い物をする場面や朝食を食べる場面、ダイキチが授業参観のためにりんの小学校にやってくる場面などに使われた。
 ここまでの3曲が、本作の物語を象徴する導入部分になる。
 弦合奏によるトラック4「別れ」とピアノとストリングスによるトラック5「別れ2」は第1話の宋一の葬儀のシーンで使用。「別れ2」はりんが宋一が好きだったりんどうの花を摘んで棺に入れ、「もう起きないの?」と言って泣く場面に流れた印象深い曲。
 この2曲を単純に「悲しみ」の曲と分類するわけにはいかない。「別れ」は第10話でダイキチが熱が出たりんを心配する場面に使われているし、「別れ2」は第7話で春子がダイキチに「ずっと女の子でいたかった」と話す場面や第9話でダイキチとりんとコウキとコウキママが4人で夕食を食べる場面などに使われている。家族の深いつながりや思いやりを表現する曲というイメージである。
 余談だが「別れ2」という曲名は味気なく、なんとかならなかったのだろうかと思ってしまう。
 家族会議の憂鬱な空気を表現する「建前」を経て、ダイキチがりんを引き取る決意をする場面のトラック7「決意」。前半はピアノソロが迷う気持ちを表現し、一瞬の静寂のあとにストリングスのメロディが入って、胸にわき上がる気持ちを伝える。使用回数は少ないが、第3話でりんがダイキチに「私より先に死んじゃうの」と不安を口にする場面など、記憶に残るシーンに使用された曲だ。
 トラック8からは、「朝ご飯」「葛藤」「よくわからん」「相談」とユーモラスな雰囲気の曲が並ぶ。実は松谷卓はこうしたとぼけた味の曲も得意分野なのではないかと筆者は思っている。じわじわと笑いがわいてくるような曲調がうまい。「よくわからん」と「相談」はダイキチが慣れない経験にドギマギしたり焦ったりする場面にたびたび使われ、意外と使用回数は多い。第2話でりんがおねしょをごまかすシーンに流れたトラック16の「これは汗っ!」も同じ仲間に入る曲。
 トラック12の「すっかり父」はピアノソロが奏でる家族愛の曲。第2話で保育園に預けられるりんとダイキチが別れぎわに指切りをする場面や、第5話でダイキチのひざに乗ったりんが「ダイキチが泣いたら抱っこしてあげる」と言う感動的な場面に流れていた。しみじみと胸にしみるやさしいメロディと演奏は「これぞ松谷卓!」と言いたくなる。ピアノソロといえば、トラック20「憂い」、トラック23「心配」も松谷卓らしい繊細なタッチの曲である。
 トラック17以降は、コウキとコウキママの登場、ダイキチの従妹・春子の家出など、その後の物語の展開に沿った曲が収録されている。原作がある作品だから、ネタバレを心配する必要はないのだろう。
 トラック17「ナイト」とトラック18「コウキのテーマ」は同じメロディを使ったコウキのテーマのヴァリエーション。コウキのやんちゃな感じがうまく表現された曲だ。
 トラック19からの「コウキママ」「憂い」「恋心」の3曲は、コウキママのテーマとそのアレンジ曲。やさしく優雅な曲調の「コウキママ」がダイキチから見たコウキママの印象そのままで、聴いているとうっとりしてしまう。
 ピアノソロによる「憂い」、ピアノとストリングス、木管などで奏でられるロマンティックな「恋心」、いずれもコウキママの主観よりもダイキチから見たコウキママを表現する曲として使われている。本作の中でもとびきり美しく可憐な曲だが、使用回数が少ないのがもったいなかった。
 「宋一の覚悟」と題されたトラック22は、赤ん坊のときからりんを育てた宋一の思いを表現する曲。おだやかな弦合奏がやさしく美しいメロディをしっとりと奏でていく。派手ではないし、感情をあおる曲でもないが、聴くうちに胸に温かいものが流れ出す。これも松谷卓らしい、いい曲だ。
 本曲は第4話でダイキチが宋一の残した手紙を読む場面で初使用。第8話ではりんが「おじいちゃんのりんどう、うちに持ってきてよかったね」と言うシーンに、第10話ではりんの発熱にうろたえるダイキチをコウキママが「ダイキチさんがいれば大丈夫」と安心させる場面に使用された。物語が始まった時点で宋一は亡くなっているのだが、その気持ちはりんとダイキチに受け継がれていることを音楽が表現している。音楽演出としても秀逸である。

 さて、すでに書いたとおり、本アルバムはアニメの放送開始1ヶ月後に発売されている。それから2ヶ月後に放送される最終回でどの曲が使われるかは、制作時にはわかっていないはずだ。
 ふたたび筆者の経験の話になるが、最終回がわからないままサントラを作るのはなかなか悩ましいことである。あえていつも通りの日常の曲で締めくくることもあるが、多くの場合は「たぶんこうなるだろう」と想像して、物語の終わりにふさわしい曲をアルバムの最後に収録することにしている。
 本アルバムの(BGMパートの)ラストに収録されたのは、トラック27「幸せ」とトラック28「触れ合い」の2曲。いずれもピアノとストリングス、木管楽器などによる、愛情や希望を感じさせる曲である。
 実はこの2曲、最終回(第11話)のラストシーンで続けて使用されているのだ。流れる順序は逆だが、物語を締めくくる曲として選ばれている。アルバムの構成と本編の音楽演出がリンクして、サウンドトラックとして理想的な形になった。構成者は(クレジットされていないが)最終回の選曲に思わずガッツポーズしたのではないだろうか(筆者ならそうする)。
 「触れ合い」は第6話でダイキチがりんの木を植え換えるために実家の庭に入る場面、第8話でりんの実母・正子が墓参りをするりんとダイキチをものかげから見守るシーンに使用。最終話ではダイキチが「子どもとの時間もかけがえのない大事な時間」というコウキママの言葉を思い出す場面に流れた。ピアノの旋律にストリングスが寄り添い、オーボエやクラリネットがやさしくメロディを歌い出す。そのメロディをピアノが引き継いでいく。離れていても触れ合う心を伝える感動的な曲である。
 「幸せ」は第5話でりんに「ダイキチはダイキチでいい」と言われたダイキチが泣く場面で初使用。最終話では墓参りをして帰る電車の中でダイキチがりんとのこれまでの日々を回想する場面からラストシーンまで使われた。ドラマティックに盛り上がるわけではないし、情感たっぷりに歌い上げるわけでもないけれど、日常の中にあるかけがえのない幸せをイメージさせる。本作のテーマを象徴する曲である。
 ボーナストラック的に収録された「SWEET DROPS -piano version」は、第10話で発熱したりんをダイキチが看病するシーンに長尺で使われている。使用されたのは1回だけだが、物語全体の大きな山場のひとつに選曲されて印象に残るナンバーになった。またまた余談だが、PUFFYが歌うこの曲の原曲「SWEET DROPS」は、2010年代アニメソングの名曲のひとつだと思う。
 アニメ『うさぎドロップ』を彩った名曲は、本アルバムに収録された曲だけではない。いくつか「あの場面の曲も入れてほしかった」と思う曲が思い浮かぶ。が、発売時期から考えれば、物語の展開に沿って代表的な楽曲を収録したベストなアルバムだ。最終回ラストに使われた2曲でアルバムも締めくくられているのがすばらしい。それは、松谷卓が作品のテーマを的確に受け止めて音楽にした結果だろう。ダイキチとりんの日常にささやかな驚きやよろこびがあふれているように、『うさぎドロップ』の音楽にも、聴くたびに気が付く発見やよろこびがあふれている。

アニメ うさぎドロップ オリジナル・サウンドトラック
Amazon

佐藤順一の昔から今まで(21)『魔法使いTai!』の愛川茜と『おジャ魔女どれみ』の瀬川おんぷ

小黒 佐藤さんは『おジャ魔女どれみ♯』(TV・2000年) 15話(通算66話)「母の日とお母さんのにがお絵」でも、矢田君の話を演出されますが、矢田君担当だったんでしょうか。

佐藤 母の日の話でしょ。

小黒 そうです。関先生も母子家庭だったということが分かるんです。

佐藤 この話は、ちょっとデリケートなところもある話だったので「お前がやれ」っていうことで、やることになったんじゃないかな。

小黒 ご自分から立候補したわけではないんですね。

佐藤 うん。

小黒 ところで『どれみ』を、五十嵐(卓哉)さんと2人でシリーズディレクターをなさったのはどうしてなんですか。

佐藤 『魔法使いTai!』のTVシリーズが動いていたので、『どれみ』に張り付くことができないっていうこともあったけど、『どれみ』がオリジナルだから、アイデアを出す脳みそは1つでも多いほうがよいと。ディレクターを2人体制にしてほしいっていうのは制作にお願いしていたけど、なかなかOKが出なくって。「前例がないからダメだ」って言われたんだけど、説得に説得を重ねて、企画プロデューサーの関さんからも制作に言ってもらって、2人体制にすることができたんです。五十嵐を推したのは、現場をちゃんと仕切ってくれる人が欲しいということと、アイデアを出す人が自分より少し若い世代で欲しいっていうこともありましたね。

小黒 五十嵐さんは、現場のまとめ役でもあったんですね。

佐藤 うん。

小黒 佐藤さんは、『#』でシリーズディレクターから外れて、各話の演出として参加されていますが、シリーズ構成の打ち合わせには出てるんですね。

佐藤 最初だけバンダイに行って、「次のシリーズどうするの?」という段階で立ち会ったぐらいで、基本的な構成の話にはあんまり関わってない。

小黒 なるほど。1年目のシリーズは各話のレイアウトをチェックをしていたとうかがいましたが。

佐藤 7話ぐらいまでは全カットを回してもらってたと思う。「スルーするかどうかはこっちで判断してスルーするので、1回全部回して」というふうにしてもらったんじゃなかったかな。

小黒 『どれみ』らしい芝居の付け方とかキャラの崩し方を、そこで統一したわけですね。

佐藤 基本的にはそう。オリジナル作品で、ベースになるものが何もないので「このシリーズはこんな感じでいきますよ」っていうことを演出に分かってもらうためのチェック。

小黒 それが作品にプラスに働いたわけですね。

佐藤 演出するほうも迷い迷いやってるんだけど、1回監督の手が入れば、方向性が分かるじゃない。方向が分かったら次からもやりやすいので、必要なことかなと思ってやりました。

小黒 佐藤さんは『#』は途中で離脱し、『も~っと!おジャ魔女どれみ』(TV・2001年)で戻ってくるわけですね。

佐藤 そういえば、『(おジャ魔女どれみ)ドッカ~ン!』(TV・2002年)はやってないのか。

小黒 『ドッカ~ン!』はやってないですね。その『も~っと!』で絵コンテを担当したのが20話(通算120話)「はじめて会うクラスメイト」です。引きこもりの女の子の三部作の1本目ですよね。これも脚本のプランには参加してないんですか。

佐藤 してないですね。ちょっとデリケートな回だからという理由で、こちらに振ってきたんだと思うけどね。

小黒 じゃあ脚本をもらって、絵コンテを描いてと。

佐藤 そう。さっき話題になった「母の日とお母さんのにがお絵」は、ホン読みに出た記憶もうっすらあるけど、ちょっと覚えていないですね。

小黒 『どれみ』で離脱する理由は、『魔法使いTai!』のTVシリーズが始まったからですね。

佐藤 そうだね。

小黒 正式に東映の所属でもなくなると。

佐藤 2000年にハルフィルムメーカー所属になるので、その前に外れてるんだよね。

小黒 ということは、『魔法使いTai!』をやってる時の所属は東映なんですか。

佐藤 フリーですね。1年ぐらいフリーの時期があった。

小黒 なるほど。ここでアニメファンらしいことを聞きたいんですけど、『魔法使いTai!』の茜ちゃんって、おんぷちゃんのルーツじゃないですか。

佐藤 いや、それは思ったことはないですね。そう見えます?(笑)

小黒 魔法少女チームの中の小悪魔系で。

佐藤 小悪魔系だよね。

小黒 どちらも、学校に行きつつ芸能活動やっていて、いけない魔法を使おうとしてみんなに止められるポジションです。しかも、演じているのは、茜ちゃんがセイントフォーの岩男潤子さん、そして、おんぷちゃんが宍戸留美さんと、どちらもアイドル出身の方が声をやってるという。

佐藤 ああ、そんなに符合しましたか(笑)。

小黒 ええ。茜ちゃんを小学生にすると、おんぷちゃんになるぐらいの勢いですよ。

佐藤 (笑)。いや、そう思ってはやってないけれども、きっとキャラクターを作る時に選んだパーツが似てるんだよね。

小黒 おんぷちゃんって、出てきた途端に完成されてるんですよね。描いているうちに育っていった感じじゃないんです。それが不思議だなと思ってたんですけど、元があったんだ! と。

佐藤 ああ。

小黒 キャラが育っていったと言えば、はづきちゃんは初登場した時って毒舌キャラなんですよ。思ったことをズケズケと言ってどれみが傷ついたりして。

佐藤 はいはい。はづきのそのあたりこそどっかにベースありそうだけどね。

小黒 多分ね、はづきちゃんって『ちびまる子ちゃん』のたまちゃんだと思うんですよ。

佐藤 ああ、たまちゃんの方向かもしんないね。

小黒 たまちゃんは毒舌じゃないんだけど、言ったことがグサッとくることはありじゃないですか。

佐藤 あるある。

小黒 去年のイベントの前に『どれみ』を観直して、「これはたまちゃんだ!」「佐藤さんが『まる子』をやった成果が表れているんだ!」と思ったんですよ。

佐藤 (笑)。なんの悪意もなく言ったことが、ピンポイントでグサッといっちゃう人ってイメージが、最初の頃のはづきにはあったんだよね。そういうセリフを脚本に入れてもらっていた気がする。

小黒 おんぷちゃんに関しては、意識はしてないと。

佐藤 意識してないし、キャラクター造形は山田さんがやっていると思うんです。当然のように、学校で掃除をしないで帰ったりするじゃないですか。ああいうところも含めて、山田さんの中には、ちょっと自分勝手なアイドルというイメージがあったんじゃないかな。

小黒 何をやっても要領がよく、器用にこなしちゃうってところも、茜ちゃんとおんぷちゃんは、一緒なんですよ。

佐藤 主人公に対するカウンターパートな感じが、同じなんじゃない。主人公が成績がよくなかったり、ドジだったりするのに対して、できる子が1人欲しいよねっていうことで、立ってる場所が似てるんだろうね。おんぷちゃんに関しては、後半のシリーズを回すにあたって作られたキャラクターだしね。

小黒 最初は仲間になるかどうかも微妙な感じですよね。

佐藤 初期段階では、おんぷちゃんの「お」の字もないんだよね。

小黒 今や『魔女見習いをさがして』の劇中でも「やっぱりおんぷちゃんファンなんだ」と言われるぐらいの人気ですよ。

佐藤 そうそう。紫のキャラは強いのかな、とか色んなことを思ったりするね。


●佐藤順一の昔から今まで(22) TV『まほTai!』と『プリーティア』に続く


●イントロダクション&目次

第176回アニメスタイルイベント
『映画大好きポンポさん』を語ろう!

 6月4日に劇場公開された『映画大好きポンポさん』は杉谷庄吾【人間プラモ】の同名マンガを映像化した劇場アニメーション。クリエイターの才気が迸った意欲作です。
 アニメスタイルではこの映画のトークイベントを開催します。トークの出演は平尾隆之監督と松尾亮一郎プロデューサー。他のゲストは決まり次第、告知します。『映画大好きポンポさん』についてたっぷり語っていただきましょう。

 開催日は6月19日(土)で、会場は新宿のLOFT/PLUS ONEです。今回も配信を行います。先行してロフトグループによるツイキャス配信を行い、その後にアニメスタイルチャンネルで配信します。なお、配信はイベントの全てではなく、メインパートのみになるかもしれません。

 チケットは6月8日(火)18時から発売。チケットは「会場でのイベント観覧+ツイキャス配信視聴」と「ツイキャス配信視聴」の2種類を用意します。アニメスタイルチャンネルでの配信は、同チャンネルの会員の方が視聴できます。チケットに関して詳しくは、以下にリンクしたLOFTグループのページをご覧になってください。

 LOFT/PLUS ONEを含むLOFTの会場は厚生労働省が定めた、新型コロナウイルス感染症に関するガイドラインを遵守し、さらにガイドラインよりも厳しいLOFT独自の基準を設けて、万全を期してイベントを開催しています。
 来場されるお客様にはマスクの着用、手指の消毒をお願いしています。消毒液は会場に用意してあります。また、体調の優れないお客様は来場をお控えください。

■関連リンク
『映画大好きポンポさん』公式サイト
https://pompo-the-cinephile.com/

LOFTグループのイベントページ
https://www.loft-prj.co.jp/schedule/plusone/181664

アニメスタイルチャンネル
https://ch.nicovideo.jp/animestyle

第176回アニメスタイルイベント
『映画大好きポンポさん』を語ろう!

開催日

2021年6月19日(土)
開場11時30分 開演12時 終演15時予定

会場

LOFT/PLUS ONE

出演

平尾隆之(監督)、松尾亮一郎(プロデューサー)、小黒祐一郎(アニメスタイル編集長・聞き手)

チケット

会場での観覧+ツイキャス配信視聴/1,500円 ツイキャス配信視聴のみ/1,300円

■アニメスタイルのトークイベントについて
  アニメスタイル編集部が開催する一連のトークイベントは、イベンターによるショーアップされたものとは異なり、クリエイターのお話、あるいはファントークをメインとする、非常にシンプルなものです。出演者のほとんどは人前で喋ることに慣れていませんし、進行や構成についても至らないところがあるかもしれません。その点は、あらかじめお断りしておきます。

アニメ様の『タイトル未定』
303 アニメ様日記 2021年3月14日(日)

編集長・小黒祐一郎の日記です。
2021年3月14日(日)
温かくなってきたので、久しぶりにワイフと早朝散歩に。去年歩いたコースを歩いて、馴染みの猫達に挨拶をする。新文芸坐で「TAAF2021 短編コンペティション スロット3」を観る。映像的に面白い作品が多く、楽しめた。13時からZoom打ち合わせ。その後は、配信でTAAF2021の「『SHIROBAKO』 から見るP.A.WORKS の想い」を流しつつ、原稿作業。

2021年3月15日(月)
打ち合わせで『22/7』(ななぶんのにじゅうに)と『ななか6/17』(ななかじゅうななぶんのろく)がゴッチャになって「ななかななぶんのにじゅうに」と言ってしまって、しかも、話題になっているのは『22/7』でも『ななか6/17』でもなかった。アニメのタイトルは難しい。

2021年3月16日(火)
日曜と同じく、ワイフと早朝散歩。これからはなるべく、早朝にワイフと歩くつもりだ。午前中は自分の原稿を進められたが、午後は他の作業が入って、原稿は後まわしに。ハードディスクに残っていた録画で、WOWOWプラスの『THE IDEON A CONTACT 接触 篇』と『THE IDEON BE INVOKED 発動 篇』を流し観。やはり湖川さんにとって、一世一代の仕事だなあ。最後に富野監督のインタビューが付いていた。

大塚康生さんが亡くなられたことを知る(亡くなられたのは15日)。言うまでもなく、日本を代表する偉大なアニメーターだ。多くのクリエイターと作品を大きな影響を与えている。心よりご冥福をお祈り致します。

2021年3月17日(水)
主に「この人に話を聞きたい」の原稿作業。確認することがあって『映画ドラえもん のび太の新恐竜』、『ハチクロ』7話を繰り返し再生。『新世界より』19話も改めてチェックする。
Web展開を始めた「Febri」に武井克弘プロデューサーのインタビューがあり、その中で『機動戦艦ナデシコ』が話題になり、「今考えると、プロスペクターみたいな大人に憧れて、プロデューサーになった気もします」という発言があって驚く。『機動戦艦ナデシコ』はファンが大勢いる作品だから、影響を受けた人がいてもおかしくないけれど、新鮮な驚きだった。武井さんは大学の卒論で『少女革命ウテナ』について書いているそうで、確かその話は前にご本人からもうかがっている。

2021年3月18日(木)
「この人に話を聞きたい」の本文を正午までに仕上げて社内チェックに。Zoom打ち合わせを挟んで「この人に話を聞きたい」本文以外の原稿を進める。夕方は赤羽で吉松さんと呑む。事務所に戻って20時までデスクワーク。
「川元利浩アニメーション画集」の見本が事務所に届く。自分で言うのもおかしいけれど、画集(イラスト集)は豪華な仕上がり。原画集は作っている過程では「ちょっと小さな本」という印象だったのだけど、できあがると決して小さくはない。A4判だから当然なんだけど。デザイン画集はB4判。『血界戦線』『ノラガミ』『ゴールデンボーイ』は元のデザイン画を原寸サイズで収録した。まるで目の前に生の鉛筆画があるようで非常に満足。

2021年3月19日(金)
東急ハンズの池袋店が9月下旬に閉店することを知る。これは寂しいなあ。自分の中では「困った時にはこの店」だった。

2021年3月20日(土)
午前中はワイフと公園をめぐる花見散歩。最初が上池袋さくら公園で、次が上池袋公園。池袋駅前公園で缶のハイボールを呑んで、昼飯を買ってから東池袋公園に。12時過ぎに事務所に戻って、原稿とZoom打ち合わせ。
アニメスタイルにいた岡本敦史君が「映画秘宝」の編集長になったことを知って驚く。これからはちゃんと「映画秘宝」を買うことにしよう。

佐藤順一の昔から今まで(20)『おジャ魔女どれみ』の企画とキャラデザイン

小黒 そして、『夢のクレヨン王国』制作中に『どれみ』の準備が始まると。

佐藤 そうだね。

小黒 これは、企画段階で相当練り込んだ作品ということになるんでしょうか。

佐藤 『どれみ』に関してはそうだね。僕が入った時に決まっているのは「次はオリジナルで魔法少女ものをやることになったのよ」ということだけでした。だから、どういう魔法少女ものにするか、というところから関わっています。東映の作品は、プロデューサーとライター、あとはTV局のプロデューサー、おもちゃメーカーで大枠を決め込んでからディレクターが参加することが多かったけど、『どれみ』は、その大枠を決める段階から参加できたんです。

小黒 準備期間は長かったんですか。

佐藤 関さんとしては「オリジナルを作ることができる」というところにたどり着くまでに長い闘いがあったんだろうと思うけど、自分や(シリーズ構成の)山田隆司さんが呼ばれてからの期間は、そんなには長くなかったと思います。

小黒 「主人公達は魔女見習い」という基本の部分は、佐藤さん達のアイデアも入ってるんですね。

佐藤 そう。当然議論はしながらだけどね。魔法少女ものにするんだけど、主人公を幼稚園児にするか小中学生にするかという辺りから色々議論しています。最初の段階で、カラーリングとか性格が被らないようにするために、人数は3人くらいがいいよねと話しています。魔法のギミックに関して僕のほうから出したのは「魔法のエネルギー源みたいなものをスティックに入れると魔法が使える、それが無くなったら使えなくなる。そのエネルギー源を得るためにお店をやっている」といったところかな。

小黒 馬越(嘉彦)さんをキャラクターデザイナーに推したのは佐藤さんですか。

佐藤 それは関さんでしょうね。オーディションしたかどうかは覚えてないけど。馬越君は、俺よりも関さんのほうが付き合いが長いので。

小黒 関さんと馬越さんはかなり長いですよね。

佐藤 うん。関さんは、オリジナルをやるんだったら馬ちゃんで勝負したいと思ってたんじゃないかな。

小黒 佐藤さんが「手足を棒のようにしたい」とか「誰でも描けるキャラクターにしたい」というふうに提案したんですね。

佐藤 そうそう。東映で、しかも、TVシリーズでやるんだったら、描きやすいキャラクターがいい。悪い言い方になるけれど、巧いアニメーターばかりが参加するわけではないですから。最初に馬ちゃんが描いた画は当然上手だし、元気なキャラクターになっていたんだけど、少しリアルだったんだよね。体、腕とか足の凹凸がきっちりあって、これをみんなに「元気な女の子らしく描け」って言うのは難しいものだったんです。誰が描いても間違いなく元気一杯なキャラクターになるように「棒にしてください」とお願いをした記憶がある。

小黒 どれみちゃんがステーキが好きだけど、毎回食べられないというのは佐藤さんっぽいですけど、どうなんですか。

佐藤 あれは山田さんでしょうね。

小黒 そうなんですか。

佐藤 でも、その辺は定番じゃない? 好きなものと嫌いなものを何にするっていう話は、主人公を設定を決める時、議題に上がったかもしれないね。じゃあ、ステーキにしようか。それともたこ焼きにする? とか色々あるじゃない。

小黒 それを延々と引っ張るのが佐藤さんらしいと思っていました。

佐藤 山田さんもそうなんじゃない(笑)。だって、好きなものを1話で出したら、ずっと食べれないのが鉄則じゃん。

小黒 『魔女見習いをさがして』でも、ステーキを食べそうになって、結局食べれなかったから「あ、まだ引っ張ってる!」と思いました。

佐藤 (笑)。飛騨牛寿司は食べたから、今回はなんとか食べることができたけどね。

小黒 一応、肉は食べたと。

佐藤 1回は食べそこなってもらわないと。だから、そこはお約束かな。魔女界の女王様のクレジットを「?」にしておくのは、最初にアイデアとしては出てたんだけど、最後まで引っ張ることになるとは、当時は誰も思ってなかったと思うんだけどね(編注:キャストが誰なのかが分かると、魔女界の女王様とあるキャラクターが同一人物だと分かってしまうため、第4シリーズ『おジャ魔女どれみドッカ~ン!』50話まで配役が「?」と表示されていた)。

小黒 あの「?」だって東映だと初ですよね。要するに「月光仮面」とか、ああいった番組のネタですよね。

佐藤 そうそう、そういうやつですよ。

小黒 これは前にも聞いた時に「違う」と言われたんですけど、最初の『魔法使いサリー』や『ひみつのアッコちゃん』には悲劇的な話や感動的な話があったじゃないですか。『どれみ』で、ああいう感じを取り入れようという意図はあったんですか。

佐藤 それはなかったけど、多分、山田さんのほうにやりたいものがあった。これは僕の記憶であって、正確ではないかもしれないんだけど、教育テレビか何かで児童向けのドラマを書いてる時に、例えば「片親の家庭の話はやめてくれ」と言われたことがあったらしくて。山田さん的にはそういった話をきちんと子供達に観せたいという意識があったんだと思っていた。僕のほうでは、いい話が沢山書かれるだろうと思ったけれども、子供達は「いい話が観られるからアニメを観る」わけではないじゃない。つまり「楽しいから」「面白いから」「笑えるから」観るんだよね。「観たら、いい話だった」はアリなんだけど、いい話だけだと観てくれないから、笑いとか楽しさをこちらサイドで補強していきたかった。シナリオ会議でも、笑えるネタをなるべく出していくように意識的にやっていたけどね。

小黒 ああ、そうか。佐藤さんがお笑い回をやることが多かったのは、偶然じゃないんですね。

佐藤 そうなんだよね。いい話は、ちゃんと演出すればいい話になるんだけど、ギャグ回を笑わせるようにするのはなかなかハードルも高いので。

小黒 佐藤さんは、八太郎とスルメ子さんの話をやることが多かったですよね。

佐藤 そうね(笑)。あれはシナリオにもあった話だと思うけど。

小黒 放映当時、佐藤さんに「ある作品を意識している」と言われたことを、この前のイベント(編注:2019年11月9日(土)に開催された「第163回アニメスタイルイベント 馬越嘉彦の仕事を語る!3」)で改めて確認したら「それは意識してない」と言われたんですよ。

佐藤 そんなことがあったのね(笑)。

小黒 ええ。放映当時に矢田君のトランペットはドラマ「飛び出せ!青春」の高木を意識している。だから、埠頭でトランペット吹くんだ、と言われたんですよ。「飛び出せ!青春」の高木はトランペットは吹かなかったと思いますが、それを聞いた時、昔のドラマ風という意味だと思いました(編注:高木がギターを弾く場面はある)。

佐藤 記憶にないなあ。そんなことを意識したかなあ(笑)。

小黒 佐藤さんの演出回ではないですが、元祖MAHO堂と本家MAHO堂の話があったんですが(20話「ライバル登場!MAHO堂大ピ~ンチ!!」)、これも「飛び出せ!青春」ネタだよねと。

佐藤 「飛び出せ!青春」と思ってやった記憶はないけど、スタッフのみんなに刷り込まれてるんじゃないの?

小黒 『おジャ魔女どれみナ・イ・ショ』(OVA・2004年)のタイヤキの回(7話「タイヤキダイスキ!~親子のないしょ~」)でも、本家と元祖の話が出てくるので「佐藤さん、またやってる」と思ったんですが。

佐藤 それも定番ネタのつもりで書いてるんじゃないかな。シナリオライターさんが書いたネタである可能性も高いし(笑)。


●佐藤順一の昔から今まで(21)『魔法使いTai!』の愛川茜と『おジャ魔女どれみ』の瀬川おんぷ に続く


●イントロダクション&目次

アニメ様の『タイトル未定』
302 アニメ様日記 2021年3月7日(日)

編集長・小黒祐一郎の日記です。
2021年3月7日(日)
13時から配信イベント「アニメスタイルTALK ここまで調べた片渕須直監督次回作【基礎知識編】」を開催。事前に告知していなかったけれど、ゲストとして前野秀俊さんにも出演していただいた。予想以上に濃い内容で、しかも、前回よりもまとまったトークとなった。今回は片渕さんのパソコンから、直接配信の画面に資料を出力する形式で、視聴者がモニターで全画面表示にするとクリアに資料を見ることができる。これは新鮮だったけど、クリアすぎるんじゃないのかとハラハラした。無観客イベントだが、コントレールのスタッフに観客として会場に入ってもらった。若い人ばかりで、学校の先生になったみたいだった。イベント終了後はすぐに解散。池袋に戻ってワイフと食事。イベントの打ち上げのつもりでちょっと吞む。

2021年3月8日(月)
深夜に出社し、散らかり放題になっていた事務所2階の片づけに着手。片づけ中と朝の散歩時に、気持ちを高めるために『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』歴代サントラを聴く。今さらだけど「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 オリジナルサウンドトラック」って、ボーナストラックに三石琴乃さんの「You are the only one」「蒼いレジェンド」「Fall in Star」が入っているのね。いずれも「Lilia~from Ys~」の曲のはず。自分がこれらの曲をちゃんと聴いたのはTV『新世紀エヴァンゲリオン』LDの解説書を作った時以来だ。
11時から社内Zoom打ち合わせ。次の次の次の次くらいの書籍の企画についても話す。ワイフとグランドシネマサンシャインで「シン・エヴァンゲリオン劇場版」【IMAXレーザーGT版】を鑑賞。予想していた内容とかなり違っていた。そして、見事に完結していた。『エヴァンゲリオン』がこういったテイストになったことが最大の驚きだった。細部に関してはよく分からないところがあったし、自分の考えがまとまるのもしばらく先になりそうだ。鑑賞後はワイフと焼肉屋に行って、生ビールで完結を祝った。
『BORUTO NARUTO NEXT GENERATIONS』の最新回189話「共鳴」が凄まじいまでのクオリティ。そして、脚本/絵コンテ/演出でクレジットされている名前が「・・」。つまり、点がふたつなのである(記号の小さい四角がふたつかもしれない)。匿名ということなんだろうけど、何者? 「#189キャラクターデザイン/作画監督」でクレジットされているのは夘野一郎さん。

2021年3月9日(火)
デスクワークの後、新文芸坐で「家族の肖像 デジタル完全修復版」(1974・伊=仏/121分/DCP)を観る。プログラム「芸術と魂を高め合った二人の巨匠 フェリーニとヴィスコンティ」の1本。内容をほとんど知らないで観たのだけど、タイトルから受ける印象とは随分と違っていた。セットというか美術が圧巻。自分が長生きして、改めて観たら主人公の教授に感情移入できるかもしれない。鑑賞後にWikipediaを見たところ、吹き替え版では副主人公のコンラッドを野沢那智さんが演じていたらしい。それはいいなあ。機会があったら観てみたい。
衣装製作が追い込みのワイフのために、すき家の「初号機オム牛カレー オニオンスープセット」を買って帰る。『エヴァ』コラボの「外食5チェーン共同作戦」のひとつ。クリアファイルは綾波だった。
Amazon prime videoで『UFOロボ グレンダイザー』を1話から9話までながら観。小松原さんの作監回はいいなあ。画だけでなくて、芝居もいい。『UFOロボ グレンダイザー』を1話から順に観たのは『機動戦艦ナデシコ』(『ゲキガンガー3』)の作業をやっていた時以来だ。

2021年3月10日(水)
なか卯で『エヴァ』とのコラボ親子丼を買って、引き続き追い込み中のワイフに持って行く。今回のクリアファイルはシンジだった。「アニメ様の『タイトル未定』」のテキスト作成のために「ペイン・アンド・グローリー」をAmazon prime videoでチェックする。この映画にとって、多分、とても大事な男性ヌードにボカシが入っていた。仕方ないんだろうけど、あの場面の意味が分かりづらくなっているかもしれない。
以下は思い出したこと。『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』のクライマックスの一部は、TVシリーズ放送中に関係者に聞いた「最後はこうなります」という話と重複している。その時の話だと、シンジが初号機で宇宙からロンギヌスの槍を持って帰ると……という展開だったので、前後関係はまるで違うのだけれど。
話が変わるけれど『シン・エヴァンゲリオン劇場版:||』の後に『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を観たら、謎が増えた。謎といっても解釈できる範囲だけど。

2021年3月11日(木)
「佐藤順一の昔から今まで」の第16回以降の原稿まとめを進める。いやあ、楽しい。原稿以外の作業が続いたので、ボリュームのある原稿の作業は久しぶりだ。午後は某スタジオで夏以降に出る書籍の打ち合わせ。
WOWOWの『あしたのジョー』の5~8話をながら観。その後、ハードディスクに残っていた『マジンガーZ対暗黒大将軍』を観る。これも綺麗だなあ。Blu-ray BOXと同じマスターかな。『あしたのジョー』と同じく、セルよりも映像が鮮やかになっている気がする。
「呪術廻戦 公式ファンブック」に目を通す。作者の芥見下々さんのアニメ歴の話が面白い。WEB系のアニメーターが好きだというのは噂に聞いていたけど、そのことについても触れられていた。

2021年3月12日(金)
散歩、デスクワーク、Zoom打ち合わせ、対面での打ち合わせ。
Twitterでアニメについて発言をしている研究者タイプの若者がいて、機会があったら仕事を頼もうと思っていたら、既にアニメスタイルで仕事をしていた。編集部スタッフが声をかけて、取材の起こしをお願いしていたのだ。

2021年3月13日(土)
配信で、東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)の『アニメ功労部門顕彰記念「マンガからアニメーションへ~名作劇場を創った人々~」』を視聴。東京建物 Brillia HALLでTAAFの「アニメ功労部門顕彰特別展示」の展示を見る。テキストに読み応えがあってよかった。特に伊集加代さんのコメント部分がよかった。新文芸坐で『ジャン・ズーヤー:神々の伝説』を観た。これは「TAAF2021 長編コンペティション」のプログラムのひとつで、映像の仕上がりはかなりのものだった。17時から吉松さんとSkype呑み。

第207回 行間に流れる音楽 〜恋は雨上がりのように〜

 腹巻猫です。5月29日、30日に開催予定の「ノイタミナ presents シネマティックオーケストラコンサート」は、収容定員50%以内で有観客公演を行うそうです。会場で販売するパンフレットに寄稿していますので、ご来場の方はぜひお求めください。有料オンライン公演もあります。
https://www.noitamina-concert.jp/


 アニメや劇場作品を観ていると、音楽が流れるシーンで「うまいなぁ」と思うことがある。曲が凝っているとか、カッコいいとか、美しいとかいうのとはちょっと違う。作品のテーマを的確にとらえ、ツボを押さえた表現で最大限の効果が出るように書かれている。そんな曲を聴いたときである。
 アニメ『恋は雨上がりのように』の中で流れる吉俣良の曲を聴いたときも、そう感じた。
 『恋は雨上がりのように』は2018年1月から3月までフジテレビ「ノイタミナ」枠で放送されたTVアニメ。眉月じゅんの原作マンガを、監督・渡辺歩、アニメーション制作・WIT STUDIOのスタッフでアニメ化した作品だ。原作ともども、ファンには『恋雨』の略称で親しまれている。
 主人公は17歳の女子高校生・橘あきら。感情表現が苦手でクールに見られがちだが、胸の奥には熱い恋心を秘めている。その相手はバイト先のファミレスの店長・近藤正己。親子ほどに年が離れている上に、格別カッコいいわけでもない、冴えない中年男だ。ある日、あきらは客の忘れ物を届けるために走って足の古傷を痛めてしまう。そのあきらを店長が抱き起こし、病院に送り届けたことで、あきらの不器用な恋がにわかに動き出した。
 ノイタミナは「月9ドラマのように観られるアニメ」を目標に立ち上げられた。『恋は雨上がりのように』は、まさに月9ドラマのようなまっすぐな恋愛ストーリーである。
 あきらの一途な恋心、その想いを知った店長のとまどい、そしてあきらの周囲の人物の友情や恋模様が、コミカルな描写をまじえながら、じっくりと描かれる。「実写でやったほうがよいのでは?」と思う題材だ。実際、アニメ版が放送されたあとに実写劇場版も公開されている。
 が、アニメ版にはアニメでなければ描けない魅力的な表現があふれている。あきらの心が動いたときの微妙な表情の変化や動作、体のまわりにカラフルな泡のようなものが飛び交う描写、目が覚めるような青空や雨に濡れた街、夜空に浮かぶ月などの瑞々しい風景。そういったものがキャラクターの心情を言葉以上に伝えていて、アニメを観るよろこびと楽しさを実感させてくれる。

 そんな本作の音楽を手がけたのは吉俣良。TVドラマ「君の手がささやいている」(1997)、「きらきらひかる」(1998)、「Dr.コトー診療所」(2003)、「篤姫」(2008)、「江〜姫たちの戦国〜」(2011)、劇場「冷静と情熱のあいだ」(2001)など、主に実写作品の音楽で活躍する作曲家である。アニメは、本作のほかに『真・女神転生 デビチル』(2000)、『ソマリと森の神様』(2020)があるくらいだ。
 本作の音楽は、吉俣良らしい耳に残るメロディとアコースティックな響きで構築されている。楽器編成は、ピアノ、ストリングス、ギター、クラリネット、フルート、サックス、トランペットなど。とりわけ、ピアノとストリングスの音色が耳に残る。落ち着いた、品のある音楽である。
 本作における音楽の位置づけは、一般的なアニメとは少し違っている。
 劇中で流れた曲は、ぜんぶで30曲に満たない。アニメではさまざまなシーンに対応するために、1クールの作品でも50曲ほどのBMG(劇伴音楽)が作られ、使われることが多いから、これは驚くべき少なさである。
 いっぽう、実写のテレビドラマだと、BGMは20〜30曲しか用意されないことが多い。本作の音楽作りは実写的だと言える。
 では、音楽演出もドラマ的かというと、そうとも言えない。
 たとえば、ドラマでよく観られる「感情が盛り上がるシーンに主題歌を流してさらに盛り上げる」演出が、本作ではいっさいない。また、心情を強調するために悲しい場面に悲しい曲を流すといった使い方でもない。すでに書いたように、本作では映像だけでキャラクターの気持ちがしっかり伝わるように作られているから、音楽で補強する必要がないのである。
 では、本作の音楽はどんな役割を担っているのか。
 第1話の冒頭、あきらが下校する場面にメインテーマのアレンジ曲「アフターザレイン 〜君の雨〜」が流れる。歩くあきらの足元、陸上部の練習風景、雨上がりの街、青空などが次々と映し出される。音楽はそれらの映像を包みこむように、ずっと流れている。
 こんなふうにキャラクターと風景、あるいは違った場所にいる複数のキャラクターの映像をモンタージュして、繊細な心の動きや空気感を表現する演出が本作では多い。セリフだけでは伝えきれない心情を映像が伝えている。そんな、いわば視聴者に行間を読ませるような場面に、音楽がゆったりと流れている。映像を説明するためでなく、映像をじっくり見せるために音楽が流れているのだ。
 伊福部昭はかつて「映画音楽にできることは四つしかない」とことわった上で、それは「(1)場所や時代を示唆すること」「(2)感情や情趣を強調すること」「(3)ドラマのシークエンスを示すこと」「(4)フォトジェニー、つまり、映像そのものが持つ表現性に呼応すること」であると言った。1番目と2番目はわかりやすいが、3番目と4番目はちょっと高度な手法である。本作の音楽の使い方は、その3番目と4番目が融合したようなものだ。
 もちろん、それだけではなく、感情を強調するオーソドックスな使い方がされている場面もある。が、強く印象に残るのは、映像の流れを音楽とともに見せるモンタージュ&フォトジェニー的な場面である。
 そういう場面では、音楽がとても長く使われる。2分から3分もある曲が、まるごと流れることも珍しくない。だから、本作の1話あたりの使用曲数は少ない。1話に使われる音楽は6曲から8曲くらい。これも驚くべき少なさである。
 吉俣良が書いた音楽は、映像を説明する音楽ではない。かといって、映像を離れて存在感を主張するわけでもない。映像とともに流れることで、視聴者にさまざまな感情を想起させる。音楽がドラマや映像の行間を想像させる。そんな音楽だ。
 本作のサウンドトラック・アルバムは、2018年4月発売のBlu-ray BOX上巻の特典CDとしてリリースされた。その後、2019年2月にAmazon Recordsから単体CDが発売された。単体CDの収録曲は特典CDよりも7曲増えている。収録内容は以下のとおり。

  1. アフターザレイン 〜メインテーマ〜
  2. 古い栞 〜おくれツバメの飛ぶ空〜
  3. いつか見る夢 〜忘れ得ぬ空の下で〜
  4. 恋のシークレットキャラ
  5. アフタヌーンホール
  6. ひまわり
  7. にわか雨 〜窓たたく雨〜
  8. 古い栞 〜雫のゆくえ〜
  9. 約束の雨
  10. アフターザレイン 〜君の雨〜
  11. 坂を行くバス
  12. トラックの逃げ水
  13. 遠い雨の足音
  14. こごえる紫陽花
  15. 風見沢高校
  16. アフターザレイン 〜雨の向こうに〜
  17. 青い雷雲
  18. にわか雨 〜雨待ち〜
  19. 走れ!風のように
  20. 古い栞 〜それから〜
  21. 滲んだ夢
  22. 月に願いを 〜スーパームーン〜
  23. わくわくガーデン
  24. Ref:rain (Instrumental Version)
  25. いつか見る夢
  26. アフターザレイン 〜雲間の光り〜

 主題歌の収録はなく、BGMのみ26曲収録。劇中で流れる音楽は、ファミレスの店内BGMなどの現実音楽をのぞいて、すべて収録されている。
 音楽の中心となるのは、「アフターザレイン」と名づけられたメインテーマのメロディと「古い栞」と名づけられたサブテーマと呼ぶべきメロディ。このふたつのメロディがさまざまに変奏されて、劇中に散りばめられている。
 トラック1「アフターザレイン 〜メインテーマ〜」は、あきらの恋心を表現する曲。静かなストリングスの前奏から始まり、ピアノと弦楽器がユニゾンでメロディを奏でだす。切なく、やさしく、ノスタルジックにも聞こえる、味わい深い旋律だ。本作の音楽を象徴する1曲である。この曲は第9話であきらと店長がスーパームーンを見上げて語らうシーンなどに流れていた。
 トラック10「アフターザレイン 〜君の雨〜」は同じメロディのしっとりとした変奏曲。ピアノソロから始まり、後半はバイオリンやチェロが加わり、しみじみとした情感をかもしだす。こちらは第1話の冒頭のほか、第10話であきらが店長に「いつか店長の言葉を読んでみたいです」と伝える場面などに使われている。
 トラック2「古い栞 〜おくれツバメの飛ぶ空〜」は、ピアノソロから始まるサブテーマ。チェロがそっと寄り添い、中間部からはストリングスが旋律を引き継いで、やさしい旋律を聴かせる。第2話でペディキュアを知らない店長にあきらが笑顔を見せる場面など、あきらと店長の気持ちが触れ合う場面にしばしば使われた。
 同じメロディをアコースティックギターとピアノをメインに演奏した曲がトラック8の「にわか雨 〜窓たたく雨〜」。こちらもあきらと店長の場面によく流れている。
 が、必ずしも「あきらと店長のテーマ」というわけではなく、ピアノとストリングスが演奏するトラック20「古い栞 〜それから〜」は、もっぱら、あきらと幼なじみのはるかとの友情を描くシーンに使われていた。曲の意味や役割を限定しないのは、本作の音楽演出の特徴のひとつだ。
 トラック3「いつか見る夢 〜忘れ得ぬ空の下で〜」は、本作のもうひとつのテーマでもある「夢」を表現する曲。あきらや店長が忘れかけていた夢を思い出す場面や、もう一度夢を見てみようと思う場面に流れる重要な曲だ。第10話で店長があきらに飛び立てなかったツバメのの話をする場面などに使用。最終回となる第12話のラストシーンにも使われた。Blu-ray BOXの特典CDには収録されず、単独盤で待望の収録がかなった曲である。
 本作には明るい学園ドラマ的な曲も用意されている。トラック4からの3曲「恋のシークレットキャラ」「アフタヌーンホール」「ひまわり」は、あきらのバイト先での日常や学園生活に流れる曲。軽快なリズムとさわやかなメロディで映像を華やかに彩る。本作の音楽の中では脇役的な位置づけだが、映像に変化をつける大事な役割を担っている。トラック11「坂を行くバス」、トラック15「風見沢高校」、トラック23「わくわくガーデン」なども同様である。
 トラック7「にわか雨 〜窓たたく雨〜」やトラック9「約束の雨」などは、沈む心や迷う気持ちを表現する曲。本作の音楽の中では心情をストレートに表現する劇伴音楽らしい曲と言える。「約束の雨」は深い残響をつけたピアノの音が雨に濡れた風景を連想させて印象に残る。メインテーマの変奏であるトラック16「アフターザレイン 〜雨の向こうに〜」も同じだ。
 トラック22「月に願いを 〜スーパームーン〜」は、弦のピチカートをバックにバイオリンが優雅なメロディを奏でるワルツの曲。スーパームーンといえば第9話のラストシーンが思い浮かぶが、その場面にはこの曲は流れていない。しかし、曲のムードをうまくとらえたタイトルだ。第2話で思わず店長に告白してしまったあとのあきらや、第6話で願いがかなうキーホルダーを手に入れようとカプセルトイ自販機を回し続けるあきらなど、あきらの乙女心を描くほほえましい場面によく流れていた。
 トラック24の「Ref:rain(Instrumental Version)」は本作のオープニング主題歌「Ref:rain」のピアノとストリングスによるアレンジ曲。本編で流れたのは1回だけ。しかし、それが必殺の名場面。第7話で風邪をひいた店長を見舞いに部屋を訪れたあきらを店長が思わず抱きしめてしまうシーンである。実写ドラマだと歌入りで主題歌が流れるような場面だ。が、落ち着いた曲調のインストルメンタルで控えめに演出するのが本作の流儀。あきらの気持ちになってドキドキしてしまうか、店長の気持ちになって切なくなってしまうか、とにかく本編を観てしまったあとでは平静な気持ちでは聴けない。
 全12話の中では中盤で一度だけ流れた曲なのだが、アルバムの終盤に収録されていることに違和感はない。その第7話の場面が全編を通してのクライマックスとも言えるからである。『恋雨』の世界を再現するアルバムとして、みごとな構成だ。
 トラック25「いつか見る夢」はトラック3のメロディをアコースティックギターとピアノ、ストリングスを中心に演奏した曲。後半はトランペット、フルートなどが加わり、メロディを歌い継いでいく。第3話であきらが陸上部の練習を見学する場面や第12話で店長の息子に走り方を教えていたあきらが自分ももう一度走ってみたいと思い始める場面に流れていた。
 本作の物語の後半は、あきらと店長の恋のゆくえよりも、2人がそれぞれの「あきらめていた夢」を取り戻す展開がメインになっていく。そのドラマを支えた曲である。
 そして、最後の曲は「アフターザレイン 〜雲間の光り〜」。メインテーマの変奏の中でも、ストリングスとピアノにホルン、フルートなどが加わったスケール感のあるアレンジで、「大団円」のイメージがある曲だ。第12話のラスト近く、青空の下を走るあきらのイメージシーンに流れ、あきらの心の中で「雨が上がった」ことを印象付けた。「雲間の光り」とは希望を感じさせるいいタイトルだ。

 本作は吉俣良の持ち味と実写作品での経験が生かされたアニメの代表作と言える。切なさをたたえたメロディや本人が弾く繊細なピアノの音色など、音楽単体での聴きどころも多い。ゆったりと流れる音楽にひたると、『恋雨』に刺激されたさまざまな心情が浮かんでくる。26曲だけで、これだけ豊かな世界が描けていることに驚く。
 アルバムも充実している。サウンドトラック・アルバムを聴いて「あの曲が入ってない」と不満が残ることがあるが、本アルバムにはその心配はない。必要な曲はすべて収録されているし、通して聴いても満足できる。ファンも納得の名盤である。
 なお、本CDはAmazon Recordsのオンデマンド商品。通常のCDではないので一般流通には乗らないし、中古市場にも出にくい。そして、オンデマンドだからいつでも買えると安心していると突然入手できなくなったりする。気になる方は早めに手に入れることをお奨めする。

アニメ「恋は雨上がりのように」オリジナル・サウンドトラック
Amazon

新文芸坐×アニメスタイル スクリーンで観たいアニメ映画vol. 1 『プロメア』

 新文芸坐とアニメスタイルの共同企画の新しいプログラムがスタートします。タイトルは「スクリーンで観たいアニメ映画」。オールナイトではなく、レイトショーを中心にしたプログラムとなります。

 その第1回となるのが今石洋之監督とトリガーによる痛快アクション大作『プロメア』です。スクリーン映えする作品ですよ。是非とも劇場でご覧になってください。

 開催日は5月29日(土)。開演時間は19時です。チケットは上映の3日前からオンラインと新文芸坐窓口で発売になります。詳しくは新文芸坐のサイトをご覧になってください。

 今回の上映はスタッフによるトークはありません。代わりにというわけではありませんが、アニメスタイルの小黒編集長による前説トーク(20分程)を予定しています。また、当時は会場で「今石洋之アニメ画集 スペシャルセット(通常版)」を販売します。

新文芸坐×アニメスタイル スクリーンで観たいアニメ映画vol. 1
『プロメア』

開催日

2021年5月29日(土)

開場

開場:18時40分/開演:19時00分 終了:21時10分(予定)

会場

新文芸坐

料金

一般1500円、友学生・友の会・シニア1300円(招待券不可)

上映タイトル

『プロメア』(2019/111分/DCP)

●関連サイト
新文芸坐オフィシャルサイト
http://www.shin-bungeiza.com/

●関連記事
【アニメスタイルの書籍】「今石洋之アニメ画集」と「同・スペシャルセット(通常版)」
http://animestyle.jp/news/2020/07/29/17866/

第707回 オサムさんを怒らせた

 前回・前々回と、コバヤシオサムさんの話をしてきましたが、仲良く楽しくな思い出話ばかりではありません。

自分がオサムさんを激怒させた!

こともあったんです。あれは俺が『GAD GUARD』(2003年/制作・GONZO)の第15話のコンテまで上げて(演出をやらずに)現場を離れる時でした。もちろん自分で上げたコンテです。処理(演出)までやりたかったし、現場を去るのだって不本意でした。ただ、スタッフ内にどうしても許せないことを我々(当時の若手ら)に言った人がいて、俺を中心に口論となり、出て行かなければならなくなったわけ。その際、自分が放った一言に、口論の傍らで黙々と仕事中だったオサムさんが「うるせえ!」と大激怒! 以降、口もきいてくれず、スタッフルームを後にした自分。
 その後、返りの電車の中で、

確かに俺も怒るだけの言い分はあるにせよ、単純にオサムさんの仕事中にテンションを下げてしまったことは謝らなければ! いや、やっぱりちゃんと謝りたい!

と思い、自宅に着いて即電話したものの出てくれず、仕方なくメールで

先程は失礼しました。言い訳はしません。いくらこちらにも言い分はあるにせよ、現場の他のスタッフにとっても聞きたくない暴言を吐いてしまったのは事実です。本当に申し訳ありませんでした。今回自分はここまでとなりますが、『GAD GUARD』でいちばん嬉しかったのはオサムさんと知り合えたことでした! ありがとうございました!!

と送ったところ、以下の返信をいただきました。

「謝ってくれてありがとう! 板垣君のこと、嫌いになりたくなかったんだよぉ〜」

 そしてその流れで、数分後オサムさんから電話をいただき、こちらも正式に謝罪し、オサムさんは俺の言い分を全部聞いてくださったのでした。

そんなことがあってからは、もっと仲良くさせていただき、『天元突破グレンラガン』や『はなまる幼稚園』『Panty & Stocking with Garterbelt』『ダンタリアンの書架』と、一緒にコンテ・演出で参加して各話で競い合うかたちで楽しく仕事させていただいたし、飲みにもよく誘っていただきました!

 改めて、ご冥福をお祈りいたします(早過ぎますよ……)。