EVENT

第198回アニメスタイルイベント
作画を語る上で重要なこと

 12月19日(月)にトークイベント「第198回アニメスタイルイベント 作画を語る上で重要なこと」を開催します。出演はアニメーター、演出として活躍し、さらに作画研究家でもある沓名健一さん、『Sonny Boy』『四畳半タイムマシンブルース』等で監督を務めた夏目真悟さん、アニメスタイル編集長の小黒祐一郎です。

 今回のイベントでは「作画を語る」をキーワードにして、いくつかの話をする予定です。 小黒は「マニア目線の作画史で、1980年代前半のアクション作画は空白になっているのではないか」といった話をするつもりだそうです。
 会場は阿佐ヶ谷ロフトA。お客さんが会場で観覧するかたちでの開催です。配信もあり、トークのメイン部分を配信します。配信はリアルタイムでLOFT CHANNELでツイキャス配信を行い、ツイキャスのアーカイブ配信の後、アニメスタイルチャンネルで配信します。アニメスタイルチャンネルの配信はチャンネルの会員の方が視聴できます。

 チケットは11月25日(金)19時から発売。購入方法については、以下のリンクをご覧になってください。

■関連リンク
阿佐ヶ谷ロフトA
https://www.loft-prj.co.jp/schedule/lofta/235674

第198回アニメスタイルイベント
作画を語る上で重要なこと

開催日

2022年12月19日(月)
開場18時30分/開場19時 終演22時頃予定

会場

阿佐ヶ谷ロフトA

出演

沓名健一、夏目真悟、小黒祐一郎

チケット

会場での観覧+ツイキャス配信/前売 1,500円、当日 1,800円(税込・飲食代別)
ツイキャス配信チケット/1,300円

■アニメスタイルのトークイベントについて
 アニメスタイル編集部が開催する一連のトークイベントは、イベンターによるショーアップされたものとは異なり、クリエイターのお話、あるいはファントークをメインとする、非常にシンプルなものです。出演者のほとんどは人前で喋ることに慣れていませんし、進行や構成についても至らないところがあるかもしれません。その点は、あらかじめお断りしておきます。